Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-31 日本は世界最悪のマフィア国家の「ボスの糟糠の妻」!?


Do Japanese people know that your savings support black society in China(日本人は、自分たちの貯金が黒社会中国を支えているということを知っているのか)?

中国の「債務の罠」に引っかからない秘訣は、1つ。
その国の為政者が、いくらオイシイ話だとしても、自分のポケットにジャスミンティーの香りがいっぱいの分け前を入れる気持ちにならなければいいだけ。
その代表格が、1981年から22年間マレーシア首相を務め、今度また15年ぶりに93歳で首相の座に返り咲いたマハティール・ビン・モハマド。
2016年の対外債務のGNI(国民総所得)比が世界26番目の高さの69.6%だというマレーシアの膨らみ切った債務の削減に向け、前政権のナジブ・ラザク首相が中国政府と進めた、鉄道建設、都市開発、パイプライン敷設などインフラ計画を見直す!!!と正々堂々と発表する勇気には、正直、感服。
どこかの脆弱な政府は、その垢でも煎じて飲むべき。
そう言えば、昨年、太平洋の島国ナウルで開催された、オセアニア地域協力機構「PIF(太平洋諸島フォーラム)」の年次総会。
太平洋諸国は、中国からの巨大経済圏構想「一帯一路」などを通じた巨額の援助で「債務の罠」に陥る危険性を指摘し、首脳会合で債務免除要請を議題にしたとか。
ちなみに、台湾と外交関係にある国の3分の1がこの地域に集中しているとか。
オーストラリアのローウィ国際政策研究所によると、2011年以降、中国が太平洋諸国に援助した総額は低利融資を含め約12億6千万ドル(約1400億円)、オーストラリアに次ぐ2位で、ニュージーランドを上回るとも。
また、公約ベースでは59億ドル(約6500億円)で、地域全体への援助公約額の3分の1だとか。
ロイター通信によれば、トンガでは対外債務の約60%、バヌアツでは約半分が中国へのものとか。
8月14日、トンガのアキリシ・ポヒバ首相、ロイター通信の取材に対し、「PIFの首脳会合で、太平洋諸国が一致して中国に債務免除を求める計画がある」と言ったものの、数日後には、「債務問題は各政府が個別に解決策を模索すべきだ(?)」と発言を翻したというから、893国家の脅かしの凄まじさが垣間見えてこないか?
そ、そ、そうしたら、8月30日、中国外務省の華春瑩報道官、「『中国による債務の罠』の指摘は、西側マスメディアの誇張だ。中国の融資は被援助国政府と人民の熱烈な歓迎を受けている」と反論。
どちらにしても、中国のこの横暴を創っているのが、日本の金。
それはそうだと思わないか?
東仙坊、すでに指摘しているが、リーマンショック後、中国政府は投資によって経済を成長させようと画策。
なかでも、2008年、リーマンショックの直後に総額4兆元(57兆円程度)のインフラ投資などを軸とする景気刺激策を発動した威力は大きく、2009年下期~2011年上期まで、GDP成長率は毎期10%(???)の程度の水準を維持させることに成功。
実際、2007年、固定資産投資額は約12兆元(180兆円)だったのに、2018年、その投資額は63兆元(1000兆円)超にまで膨張。
けれども、リーマンマンショック後、個人消費の伸び率は低下し続け、GDPに占める個人消費の割合はせいぜい30%台なかばから後半だった、中国の1人当たり名目GDPは、2018年でも、まだ9600ドル程度。
そのせいで、実質GDP成長率が6.6%まで低下。
そう、ブラック国家が、世界にブラックな「債務の罠」を仕かけている間に、自分たちが、「中進国(中所得国)の罠」に陥ってしまったのである。
えっ、「中進国の罠」って何?って?
明確な定義はないが、途上国の経済成長が進み、1人当たり所得が1万ドル(110万円程度)に達したあたりから、成長が鈍化・低迷し始めるというもの。
ともあれ、そのせいで、チャイナマネーは、行き場を失い、一部は海外の不動産市場へまっしぐら。
おかげで、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、我が日本の不動産や住宅などの価格がどんどん上昇。
どうだろう?
オモシロいと思わないか?
結局、平和ボケの我が国は、黒社会国家中国を通じて、再びバブルを満喫しようとしているのでは?
もっとも、その過程で、893国家の汚職官僚どもは、どんどん減少するのでは?

Now, the most important thing in the heart of the Communist Party dictatorship China must be the presence of Japan as the world's most creditor state(今、共産党一党独裁の中国が心の中で一番大事に思ってくれているのが、世界一の債権国家としての我が日本の存在)!

To be continued...















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード