Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-12 消えゆくサプアへのファイナル弔辞!?

The lazy brother was interested only in the money of the hard work brother, so when we Japan was a little poor he Korea came to say what he wanted to say in dirty words(怠け者の兄は、働き者の弟の金にしか興味がなかったから、弟が少し貧しくなっただけで汚い言葉で言いたいことを言うようになったのである)!

東仙坊、サプアと国交断絶すべきと声高に提唱し続ける理由は、明確。
この気の狂った茶髪大統領のレイムダック状態が、どこまでもサプア国内の経済問題であるということ。
事実、2月に行われた世論調査によると、茶髪大統領政権の経済政策について否定的な評価61%、肯定的評価23%。
労働雇用政策についても、否定的評価59%、肯定的評価26%。
つまり、対北問題への過度な注力や従北性向を挙げたのが、たったの24%で2位。
それでいて、あまりにも常軌を逸した反日にあると懸念するヒトたちが全くいないということ。
どうだろう?
これは自由主義や民主主義の対極にある国と言わざるをえないのでは?
どちらにしても、昨年、サプアで売上高の上位30社のうち20社が赤字、廃業した自営業者は100万人規模というのだから、確かにかなり深刻。
それにしても、サプアの急激な経済低迷は、無間地獄。
昨年の「年間産業活動動向」や「設備投資」など主要な指標も、何もかもが下落。
サプア政府が発表する景気指標は、毎月のように歴代最悪を更新。
現在と今後の景気を示す「一致・先行指数循環変動値」の下落も、歴代最長。
それなのに、左向きのキチガイ茶髪の基本路線は、民心に媚びた所得拡大主導。
最低賃金を昨年16.4%上昇、今年さらに10.9%上昇さたというから、こちらも錯乱対応。
ともあれ、その結果、時給8350ウォン(7.44ドル、約820円)は現在の全USA最低賃金よりも高いというから、ビックリしないか?
引き上げ前でさえ、サプアの最低賃金は、2017年賃金中央値の53%に相当し、ほぼUKに匹敵し、日本を上回っていたのに、さらに引き上げれたのだから、これまた日本には負けたくないという個人的な感情を優先させたのかも。
もっとも、それでいて、1人当たりGDPでみるとUSAのほぼ半分というのが、また現実。
いくらサプアの政府支出の拡充で景気の悪化を抑えてみせても、実体経済の減速に歯止めがかからないのだから、どうしようもナシ。
それはそうである。
中小零細企業のほとんどが最低賃金の上昇を賄いきれずに雇用を縮小したり、倒産したりで、失業率が、昨年12月の3.8%から1月は4.4%に上昇し、9年ぶりの大幅な伸び。
それだけじゃない。
MSCI新興国市場指数のうち約14%と中国株に次いで2番目にあるというサプア株、ウォン安が進行し土俵際。
サプア総合株価指数(KOSPI)が、昨年10月末に7年ぶり安値をつけ、この時点で予想株価収益率(PER)は7.9倍。
その後、利益予想が落ち込み、世界的な株高が進行した結果、予想PERは10.7倍まで上昇。
2016年半ば以降で最も割高な水準。
そのために、サプア中央銀行、昨年11月、ついに金利を1.75%に引き上げたほど。
何しろ、頼みの綱のサムスンが、昨年10~12月期営業利益29%減、HYUNDAIに至っては、第1次下請けのいくつかが廃業に追い込まれたというのだから、すでに風前の灯火。
それを象徴するのが、平壌五輪のボブスレー・リュージュ会場「アルペンシア・スライディングセンター」、「江陵スピードスケート競技場」、「江陵ホッケーセンター」の3つの競技場。
大会から1年が経ったいまも有効な活用方法が見出せず、ほとんど放置状態だというのでは?
なかでも、 約114億円で建設された「アルペンシア・スライディングセンター」は、五輪終了後から一度も使われずに閉鎖。
そ、そ、それなのに、そんな3つの競技場の維持費が年間8億円もかかって、真っ青とか。
また、貴重な植物がある原生林を伐採し造られた約190億円で建設されたアルペンスキー競技「旌善アルペン競技場」、もともと五輪終了後原状回復するとの前提で競技場としての使用を承認していたのに、地元自治体と住民らが反発したために、いまだ大好きな係争中とか。
それなのに、クソッタレ茶髪大統領、平壌五輪開幕からちょうど1年の日に、自身のfacebookを更新し、「これまで私たちが一緒に転がした小さな雪だるまが平和の雪だるまになった。アイスホッケー南北合同チームはカヌー、ハンドボール、卓球など多様な種目で南北を一つにしている。南北間で3回の首脳会談があり、歴史的な北とUSAのハノイでの2回目の会談に続いている」とヌケヌケほざいていたというから、豆腐の角に頭をぶつけるべし。

Do you choose the ruler of the guy, because it must be a citizen of the guy, or does it make the ruler into a guy(キチガイの国民だから、キチガイの統治者を選ぶのか? それとも、キチガイの国民が、統治者をキチガイにさせるのか)?

To be continued...








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード