Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-12 消えゆくサプアへのファイナル弔辞!?


In the ranks, Korea is always lower than Ryukyu, and even if it is an equal country to Japan, the insistence of Korea would continue to be vain(ランクでは琉球よりも下だったくせに、日本と対等な国だったと虚勢を張り続けるサプアの品性のなさは昔も今も同じ)!

⑪元の高麗侵攻以来、元の属領となっていた「高麗」は、当然のごとく、王統もモンゴル貴族化。
恭愍王の代になって、「紅巾の乱」で元の力が弱まり、自立を目指そうとして始めたのが、元の皇后を出した奇氏(奇皇后)の勢力を粛清することというのだからから、どうだろう?
今と何も変わらない根深さでは?
そんな内向き志向だから、当然のように、倭寇と紅巾軍に悩まされ国内外が大混乱になったはず。
そして、明の「冊封」を受けようとしたという理由で、恭愍王が親モンゴル派に暗殺されたということも、今とほとんど同じなのでは?
「高麗」は、一時的に北モンゴルとの関係を復活させるも、この内乱を制した武人の李成桂が、1392年、禅譲を受け、主君恭譲王から王位を継ぎ、明の洪武帝から「朝鮮」の国号と「権知高麗国事」の号を賜って、「李氏朝鮮」を創始。
2年後には、旧主を含む「高麗(KOREA)」の王統は皆殺しにされたというから、???
ともあれ、サプアでも日本と同様に、1401年に明の建文帝から第3代の太宗が誥命と金印を下賜。
中国で「靖難の変」。
1403年、永楽帝が改めて、太宗を「サプア国王」として封じて、正式に「冊封」体制を確立。
ここにも、重要なポイントがある。
サプアは、日本よりも明との交流が密で、年に3回朝貢使節を送るという1年3貢。
そして、元旦、冬至、聖節(中国皇帝誕生日)、千秋節(中国皇太子誕生日)には、「望闕礼(ボウケツレイ:皇帝や国王と離れた場所にいて直接に拝謁できないときに宮闕のある方を向いて礼を行う儀式) 」を執り行い、サプア王と王世子は明制の官服である冕服を着て、王城漢城より明の皇帝に向けて遥拝儀礼を行って、百官と共に万歳三唱したというから、かなり卑屈では?
しかしながら、その「虎の威を借る狐」の本性丸出しに、1419年、サプアの太宗上王と世宗が、「応永の外寇(己亥東征)」。
な、な、なんと227隻1万7千余の大軍勢で、「倭寇討伐」は口実に壱岐と対馬を侵攻したというから、明らかに戦争をサプアから仕かけてきたということ。
もっとも、サプアは宗貞盛の600人というわずかな手勢によって撃退され撤退したというから、どこまでもサプアらしいと思わないか?
ともあれ、その卑屈な盗人猛々しいやり方こそが、サプアの本性、「賊反荷杖(悪事を働いた賊が、開き直って武器を振り上げ抵抗する)」のあり方。
では、何で我々がそんなヤツらに、「倭」と呼ばれなければならないのか?
そもそも、「倭」とは、「魏志倭人伝」にあるほどの中国発祥の日本の蔑称。
それなのに、この「応永の外寇」当時、サプアの官僚は、日本人を「倭奴(わど)」と表記していたとか。
また、「倭寇」とは、13世紀~16世紀、倭人、主に日本人が行なった朝鮮半島沿岸での海賊行為。
もっとも、実際は、日本人だけでなく、高麗人も混ざっていたし、中国人海賊も多かったとか。
それはそうだと思わないか?
当時の東アジアには国籍の概念は存在するはずもないから、日本列島の人であろうが、大陸や半島に住む人であろうが、明確に区別されるはずもナシ。
⑫1501年~1525年、明、日本、サプア、琉球、東南アジア諸国の環シナ海地域においては、それまでの勘合貿易などの朝貢形式の明王朝主導の貿易ではなく、海禁政策に反する非合法な中国人や倭寇商人、堺や博多の豪商などを中心にした貿易ネットワークが構築されていたとか。
⑬1544年、サプアで、「蛇梁倭変」。
つまり、サプアで倭船20余隻が慶尚道蛇梁鎮に攻め入りサプア水軍を殺傷、それに怒ったサプアが「歳遣船」を止め、今後、日本国王と大内氏と弐氏の使節以外の日朝通交は禁止すると通告してきたとか。
これに対馬の宗氏が偽使を用い、サプアと締結した来航者取締規則が、1547年の「丁未約条」。
そうしながら、宗氏は、内心、「かつては綿布などを輸入していたが、今ではサプアから入るのは虎の毛皮や陶磁器などの嗜好品や仏像など必要のないものばかり。我が先祖はサプアからの輸入で稼ごうと一字の姓が多いサプアのマネをして一字に改名までしたが、我々を属国か何かと勘違いしている節がある。この際、サプアから手を引いた方がいい」と結論していたから、サプアに駿馬を求め、それにサプアが応えたので、サプアは日本に服属していると明に伝えたとか。
それに、サプアの司憲府大司憲林百齢が、激怒。
もっとも、それ以前から、日朝貿易に従事する大内義隆が明の北京へ派遣した湖心碩鼎ら遣明使が、「日本はサプアを服事させているから、席次はサプアより上にすべし」と要請していたというが…。
王直などの中国人大頭目が率いる倭寇が、五島列島などを根城に跋扈。
1554年6月、済州島で、唐人と倭人の同乗する船が、サプア水軍と衝突。
1555年、「乙卯の倭変」、倭冦が、明の南京やサプアの全羅道を侵略。
1555年、「達梁倭変」、王直らがサプアの全羅道で起こした事件。
1557年、「丁巳約条」が締結。
1588年、1586年、日本の天下統一を実現した豊臣秀吉の「海賊停止令」発布によって、終息。

Japan's worst mistake must be that it has adopted lion science from Korea(我が国の最大の過ちは、サプアから朱子学を取り入れてしまったこと)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード