Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

In a government that could only take measures against infectious diseases that couldn't be boiled down for money, it is as if the lives of the people, especially the elderly, would be lost more than in China, and the stupid young people would suffer from sequelae. This must be a natural result(金のために煮え切らない感染症対策しか取れない政府では、まるで中国以上に国民の命が、特に高齢者たちの命が失われ、おバカなヤングたちが後遺症に苦しむことになるのは、当然の結果)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国の企み通り、「中共ウィルス」を「世界の警察」を辞めてしまったUSAへの神からの無残な天罰にしてしまっていいのか?

○東仙坊がプロファイリングする、USAが本当にリバイタラズするためのか細く曲がりくねった小道

東仙坊、宗主国USAをもう一度「正義の味方のローンレジャー」として蘇らすためには、まず我が日本が、その日本人としての矜恃を取り戻し、中国のニセ「和をもって貴しとなす」と違って本物の「和をもって貴しとなす」を実践し、優柔不断や曖昧模糊になることなく、威風堂々と我が日本の信念を世界に伝えることだと信じている。
そのためにも、我が国の政治屋どもや官僚ども、ひいてはメインストリームメディアどもが、しっかりとそう肝に銘じるべきだと考えている。
しかるに、我が国のソヤツらの現状は、あまりにも卑屈で脆弱で打算的で、ただただ目を覆いたくなるばかりで、落胆させられるばかり。
893国家中国が横暴な行為を続けても、面と向かえず顔を背けて、小声で遺憾と口先で言うのが精一杯。
それは、そのたかが外相風情が、我が日本での外相会談後の共同記者発表で、「一部の正体不明の日本漁船が頻繁に尖閣諸島の周辺の敏感な海域に入っている」などとほざいたのに、その場で何も反論できないテイタラク。
同じく虫唾が走るほどのイヤなサプアのアンポンタンが、国際的外交慣例になっているウィーン条約の規定に沿って派遣先の接受国からの「アグレマン(外交同意)」を得ないまま駐日大使に任命されたのに、それをそのまま受け入れてしまう情けなさ。
何しろ、この世紀のサプアのアンポンタン、折り紙付きの反日活動家。
日本の北方領土の国後島を訪れ「ロシアの実効支配を確認した」、慰安婦問題に関し「いつか日王や首相がきて、跪いて謝罪するだろう」、GSOMIAについて「敵対的関係なのにどうして我々がこの協定を結べるだろうか」、「親日派破墓法」を推進し「国立墓地にも仇敵がいるため愛国烈士たちはあの世でも落ち着くことができない」などと公言してきた正真正銘のクソッタレ。
何で、こんなアンポンタンを受け入れるのか?と開いた口が塞がらないだけ。
どうしたんだ、日本?とショックを受けているのは、東仙坊だけではあるまい。
その怠慢と不作為は、今、世界中で猛威を振るい続ける「中共ウィルス」の大パンダミックに関しても、同じ。
海外からの感染症アウトブレイク抑止と言えば、第一にすべきことが、「水際阻止作戦」であることぐらいは、それこそ、子どもでも知っていることのはず(?)。
そ、そ、それなのに、主席の国賓招待を意識していたのか、金を運んできてくれるインバウンドの格好のカモたちを棄てられなかったのか、入国停止措置を執ったのは、後手、後手、後手。
シンガポール国立大学東南アジア研究所ルパック・ボラ客員研究員が、「日本のインバウンド市場が抱えるリスクは、中国人観光客への依存度の高さだ。それが、中国への忖度を招くだけでなく、政治的友好ムードが崩れたらときには中国政府にとって日本に経済的ダメージを与えるための武器になる。両刃の剣だ」と警告してくれていたのに、何のその。
それはそうである。
2019年、訪日外国人観光客の30%の延べ959万人が中国人。
ちなみに、2位のキチガイ型反日国家サプアが18%、3位の親日国家台湾が15%。
それだけじゃない。
中国人訪日観光客の日本における旅行消費額は、2018年、全体の34%の1.5兆円。
金のことしか頭にない感染症のことになど全く無知なおバカ政治屋どもや官僚どもやメインストリームメディアどもが、なかなか厳格な水際阻止戦略に舵を取れないことで、すべてはときすべてに遅し。
◇2019年12月以降、中国湖北省武漢市で原因不明の肺炎が複数報告され、昨年1月10日、日本で武漢から戻った中国人の初めての感染が確認されたのに、初めて2週間以内に中国湖北省に滞在した外国人(?)&湖北省で発行された中国のパスポートを持つ外国人(?)の入国拒否措置を実施したのは、昨年2月1日。
◇中国や香港やマカオやサプアからの入国者に対し、宿泊施設や医療施設など検疫所長の指定する場所で2週間待機し、公共交通機関を利用しないことを要請したのは、昨年3月9日。
◇中国とサプアの全土、USA、台湾、UKなどEU以外のヨーロッパのほぼ全域、インドネシアやタイなど東南アジア7ヵ国、南米やアフリカや中東の一部を含めた49の国と地域を加え、入国拒否対象国を合計で73各国・地域にしたのも、昨年4月1日。
東仙坊、一応、これで水際阻止はなんとかなると安堵していたのに、それからも空港検疫で感染者が何人という報告が続けられることに訝しげに思っていた。
なぜ、完璧にそうできないのか?
そ、そ、そうしたら、昨年12月、全世界からの外国人の新規入国を停止すると発表したから、唖然呆然。
一体、どういうこと???
だから、世界中から、変異ウィルスまで入ってきているんだと、ようやく合点し、絶句…。
ところが、呆れ果てることは、それで終らなかった!!!

If you experience the Great Kobe Earthquake, the Great East Japan Earthquake, the great pandemic of the “Chinese Communist virus”, and the war with China, your life would surely be more special than ever in history(神戸大震災と東日本大震災と「中共ウィルス」の大パンデミック、そのうえ中国との戦争を経験したら、人生は歴史的にもかつてないほどの特別なものになる)!

To be continued...




profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード