Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

心のブラックホール-63 三流の「俳優」のたった一度の計算尽くしの「名演」!?

Isn't there such a naive girl who isn't as suitable as an “ actor” like this broken junky woman(この破れかぶれのジャンキー女性ほど、「俳優」に不向きな人もいないのでは)?

◆MDMA
主成分が、「メチレンジオキシメタンフェタミン」、「メタンフェタミン」のベンゼンの一部を置換したものと同一で、まあ、「シャブ」の錠剤のようなもの。
俗に、「エクスタシー(Ecstacy)」、「sexドラッグ」、「クラブドラッグ」、「レイブパーティー(rave party:自分にウソをついてムリヤリ盛り上がる会合)」、「E」、「X」、「EXC」、「モリー(Molly)」、「玉(たま)」、「バツ」、「ペケ」、「愛の薬」などと呼ばれる、共感作用のある明確な幻覚剤。
厳密には、中枢神経系で精神機能の病態・生理のほとんどに影響を与える重要成分である「セロトニン」への作用が大きく、神経細胞毒作用によってセロトニン作動性ニューロンの退行性変化を引起こし、多幸感、他者との共感、他者への親近感などを生じるとか。
また、やたら多弁になり、セルフコントロールできなくなり、最終的に神経破壊・精神異常にいたるとも。
事実、休みなく踊ることが原因で高熱や脱水によって死亡したり、逆に、それに対処しようと水を摂り過ぎて低ナトリウム血症で死亡したりしているとか。
東仙坊、このドラッグが、限りなくデリンジャラスと捉える一番の原因は、金が儲かるために中国製のマガイ物が出回っているということ。
そう、合成薬のために、どんなヤバい物質が混入されているかわからないということ。
どうだろう?
それでも、ウツセミの愛が欲しいですか?と言われるのも、ムリはないのでは?
さて、さて、東仙坊、書き込んできた2つのキーワード、「俳優」が違法ドラッグ「MDMA」所持で逮捕される事件が発生し、またまたお茶の間を賑わしている。
そんな猫も鳴かないほど(?)バカバカしい話に、日本のエセ「俳優」などに全く興味がないうえ、「触尻ナンチャラ」という「女優(?)」を全く知らなかったので、ウンザリするほどのそのニュースの洪水を高い場所で避けながら、右左と聞き流していた。
と、と、ところが、偶然、そのジャンキー・アクトレスのあるコメントでのフレーズとイントネーションに妙に引っかかって、即座に検証を始めた。
「……スムーズに行くとは決して思っていません。1つ1つ、ミゾを埋めて、信頼を回復させていき、チャンスをいただけたら、誠心誠意ガンバりたい所存です」。
そ、そ、そうしたら、本気に検証したくなる話を発見し、急遽、一心不乱。
えっ、それは何か?って?
実は、東仙坊、10年くらい前に、「日本の女性タレント」と「違法ドラッグ」で、書き込みをしている。
Sounds insane! 許されざるヒト-9 「魔役」を演じる「芸NO人」? Sounds insane! 許されざるヒト-15  人間でも男でもない卑怯者!!、 オーそれみろ-6  卑怯者がサバサバ、シャバに???──
そのダーティー・ヒロインだった酒井法子が、コヤツと同じ「スターダストプロモーション」に所属していたために、そのプロダクションが当時の所属タレントの薬物検査を実施したとか。
その際、コヤツが大麻常習者だということが判明。
そこで、即刻、その使用を止めるようにと命令したところ、なんとコヤツ、「止めることはできない」と回答したというから、ワケワカメ。
そのために、プロダクションは、2009年9月29日付で、コヤツに契約解除を通告。
そして、なぜかその契約解除の公式文書が流出され、なぜか今や日本社会を陰でコントロールする「週刊文春」が手にしているというのである。
その内容が、これ。
1 当社は、本人との2003年8月1日付のマネージメントに関する専属契約(以下「専属契約」といいます)を、本日をもって解除いたします。
2 本解除は、2009年9月10日に本人の同意のもと薬物検査を実施したところ大麻について陽性反応が示され、本人は大麻使用の事実を認めたうえで、今後大麻の使用を止めることはできない旨を表明したことなどが、専属契約の第9条(1)に該当することによるものです。
どうだろう?
コヤツも、そのプロダクションも、そして、その文書を週刊誌に渡したヤツも、本当にイイ「タマ(?)」だと思わないか?

Behind this illegal drug incident, you could see the odor and sludge overflowing like a sewage ditch like the Korean entertainment world(この違法薬物事件の背後に、サプアの芸能界同様の下水溝のような溢れるばかりの悪臭とヘドロが見えてくる)!

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード