Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-12 消えゆくサプアへのファイナル弔辞!?


Just this atrocious criminal suspects that it might be a “special permanent resident” and “a welfare recipient”(ついついこの残虐なホシが、「特別永住者」で「生活保護受給者」では?と疑ってしまう、自分の方がオカシイのか)?

7月18日午前11時半ごろ、ソウル市内の産経新聞ソウル支局に、サプアマスメディア代表兼記者を名乗る(?)オトコとビデオカメラを持った(?)オトコが許可なく侵入、「産経新聞はインタビューに応じろ!」と要求。
ソウル支局員は編集業務中で、2人は、「ここが産経新聞ソウル支局です」などと支局内で実況中継し、その様子を無断でビデオカメラで撮影。支局員が制止し、退去を求めたが拒み、その様子も撮影し続けたというから、これもある種のテロ。
室内への無断侵入や業務妨害を受けた産経新聞ソウル支局が、警察に通報。
すると、2人は最近の日韓関係や産経新聞の報道を批判する抗議文を支局内や支局前の廊下で読み上げたとか。
そ、そ、そうしたら、傑出した法治国家らしく約30分間後(???)に駆けつけた警察に連行されたとか。
何でも、2人は、産経新聞ソウル支局がある建物1階で警備員から入館を拒否されたがそれを振り切り、上階の支局に突然現れたとか。
また、2人は連行され警察内にいる様子を動画サイトで配信していたとか。
7月19日午前3時20分ごろ、ソウル所在の日本大使館入居ビルの玄関の前の舗道に、制止を振り切って78歳のオトコが自分が運転してきたワゴン車をつけた後、車の中で火をつけたとか。
火は約10分で消えたが、オトコは全身に火傷で死亡。
ちなみに、オトコの車の中には、ガソリンやブタンガスなどの引火性物質が多数発見されているとか。
そ、そ、そんなとき、携帯電話などの絵文字が日本で創作され発展させられたという世界からのニュースに接し、改めて卓越した日本人のクリエイティビティとイマジネーションに感動していた。
と同時に、日本のアニメーション文化が世界で大絶賛されているという世界にニュースにも接し、日本のアニメ万歳!と完全に有頂天にさせられていた。
そ、そ、そうしたら、まさか、ハッシュタグ、#prayforkyoaniのつく、世界を震撼させる凄惨な事件が、また、京都で発生するとは?
7月18日午前10時半ごろ、前日ぐらいから京都府京都市伏見区にある公園で野宿し、ガソリン20リットル携行缶2つ、チャッカーマン、手押し車、ガソリン40リットル、バケツなどを購入し、複数のハンマーや刃物まで用意し、来客のために防犯システムを解除していたアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオに、「オレの小説(?)をパクりやがって(??)、死ね!」とそのガソリンで火をつけ、そこにいた74人もの無辜の普通の人々を殺害しようとした、上半身にタトーのある41歳のクソッタレオトコが現れたというから、ただただワナワナ…。
しかも、このクソッタレ、京都府警に確保されているも、同じく重度の火傷を負っていて、優秀な我が国のベストの医術によって、麻酔をかけられ、いまだ生きながらえているというから、メチャクチャ複雑。
コヤツ、幼いころ、3人兄弟(?姉弟?)の真ん中として、両親と埼玉県西地域の住宅に住むも、両親の離婚したともに母親を残し転居。
ただし、母親は再婚し別姓を名乗っているとか。
そして、コヤツ、埼玉県内の公立中学校卒業後、埼玉県内の高校夜間部に通いながら、埼玉県非常勤職員として勤務。
それから、人材派遣会社に登録し、2009年、茨城県内の郵便局に勤務し、茨城県常総市鴻野山の3DK雇用促進住宅(?)で一人暮らし。
何でも、ハローワークの紹介で1階に入居したものの、近隣住民との間でたびたび騒音トラブル。
また、3万9千円の家賃を払うことは、ほとんどなかったとか。
そして、いつも元栓を閉められ、開栓のためにいつも自転車で支払いにガス会社を訪れていたとも。
そんなことだから、2012年6月20日午前0時ごろ、茨城県坂東市弓田のコンビニエンスストアに包丁を持って押し入り、男性店員に「金を出せ」と脅し現金2万1千円(?)を奪って逃走。
ところが、2012年6月20日午前11時ごろ、自ら茨城県警境署に出頭したために、強盗と銃刀法違反で逮捕されたとか。
何でも、事件の5日前に、地下鉄サリン事件で17年間逃走していたオウム真理教元信者、高橋克也が逮捕されたことを引き合いに、「ヤツのように自分は逃げられないと思った」とほざいていたとか。
ともあれ、服役後、さいたま市の保護観察施設に入寮。
そして、2016年7月ごろには退寮し、その後は、現在の埼玉県さいたま市見沼区のアパート暮らし。
それから、またいつものように近隣住民と騒音トラブル。
何しろ、アニメ音楽のようなものを大音量で流し、壁を何度も叩き、1人で大騒ぎしていたというから、ただただデリンジャラス。
実際、トラブってクソッタレの室内を確認した近隣住民によると、部屋の壁が2ヵ所ハンマーで壊され、ベランダ側のガラスも割られ、ノートpcは破壊されていたとか。
とにもかくにも、このクソッタレ、34人を残忍非道に焼死させ、34人も病院送りにしているのに、しかも免許証を所持しているというのに、我が国のマスメディアはなかなか氏名の公開ナシ。
こ、こ、この手のパターンは、たった1つ。
その多くが、「特別永住者」。
実のところ、7月10日、和歌山市内で警察官から職務質問を受けたオトコが車を急発進し逃走し、制止に入った警察官6人に軽いケガをさせ、7月17日、神戸市内の親戚の家にいたところを逮捕された、兵庫県神戸市長田区に住む、無職、土井原悠也の本名は、朴悠也。
となると、今回のクソッタレも、彼らの定番の生活保護受給者ということなのでは?
そう、日本の税金でジャンジャンバリバリ悪行三昧。
そ、そ、そう言えば、全国順位 5510位で、全国人数およそ1900人、 静岡県、埼玉県、東京都、茨城県、岡山県などに100人以上いるというこんな名字のヒトを、ほぼ一生を終えようとしている、東仙坊、身近に一人もいなかったのは、なぜ?
さて、本題に戻る。

To hate people should mean to give up their successes and fame thoroughly, sometimes even by exhaustiveness(人を恨むとは、ときには力尽くでまで人の成功や名声を徹底的に貶めるということなのか)?

To be continued...







































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード