Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-12 消えゆくサプアへのファイナル弔辞!?


In the present age when the world must be in the midst of conflicts between neighboring countries and in a “cold peace”, why has Japan been trying to get better with Korea, where it is not possible to talk about neighboring countries(世界中が隣国同士の紛争に明け暮れ、「冷たい平和」のなかにいる現代、なぜ日本だけが隣国の話し合いもできないサプアとなかよくしようとしてきたのか)?

東仙坊、思いつくままにサプアの扇動的プロパガンダ機関のような我が国の幼稚なマスメディアどものテイタラクを、具体的に取り上げてきて、本当に情けなくてみっともない気持ちでいっぱい。
コヤツらが、まず無知蒙昧なサプア人どもに日本からの被害者意識を植え込む。
そして、反日を正当化するために、反日こそ唯一無二の正義だと刷り込む。
と同時に、世界一のぬるま湯国家の世界一のお人好し国民にサプアへの加害者意識を植え込み、留まることのない同情心でいっぱいにさせる。
それにしても、サプアの卑劣さや卑怯さを何一つ知らない本物のオコチャマまでを画面に登場させて、「仲よくしたかったのに」と言わせてまで、何とか日韓関係を修復すべきだと報道するその魂胆は何?
いくつかの親韓派マスメディアは安倍晋三首相を下ろしたいだけだろうが、他のマスメディアには日本で悠々自適に暮らすニセ日本人か日本人を装うサプア人がその内側に入り込んでいるのでは?
どうあれ、いい加減、サプアの間者のようなフェイク報道ばかりしていると自然消滅することになるのでは?
せめて、「対日全面戦宣言するなんてやり過ぎだ」とか、よりによって「加害者の日本が盗っ人猛々しく、逆に大声を上げるのを決して座視しない。サプア経済に被害を加えるなら、真っ向対応する方法がある。日本も大被害を甘受せねばならない」とは言葉があまりに汚すぎないかということぐらいは伝えるべきなのでは?
もしくは、本来のジャーナリズムとしての使命に目覚め、国際社会には国同士の約束を守らず国内の都合を他国に押しつける国があると伝えれば、我が国のキッズも少しはスマートになるのでは?
あるいは、今回の日本の一連の措置で輸出管理上の負担が一気に増えるのは、サプア企業ではなく日本企業だということぐらいは伝えるべきなのでは?
とにもかくにも、少しはジャーナリズムらしい仕事もしろよ!とついつい言いたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。
もう一度念を押しておくと、日本は、サプア輸出管理当局に戦略物資を適切に管理してほしいと要請しただけ。
サプアがそれに応じ、懸念を是正して、違反企業にペナルティーを科し、情報を共有すればすんだ簡単な話。
それなのに、一切協議に応じないなかったのは、一体どこの国。
何もかもが身から出たサビなのでは?
それに、もし日本から輸出された物品がサプア経由で第三国にわたり、懸念用途に不正利用された場合、サプアはその責任の負うのか?
いつものようにワーワー、ギャーギャー、全て日本の責任にしようとするのでは?
なぜ一緒に協力して輸出管理に取り組もうとしないのか?
どうあれ、我が日本は、国際社会に対し、我が国の対韓輸出規制の強化が、自国を守るためにやむを得ないものであること、サプアが国家間の合意を無視していること事実をこと細かく説明し、国際世論を形成するしかないはず。
そのためにも、終始一貫、明確なロジックを世界に向かって発信していかなければならないはず。
とりわけ、サプアの代わりになる他のASEAN諸国との経済協力や連携を深めなければならないはず。
そ、そ、それなのに、メチャクチャ要領の悪い我が日本政府、東仙坊、これだけ危惧してきたのに、やはり、その外交下手をもろに露呈。
そもそも、最初から、「これは報復措置ではなく、徴用工問題に直接関連していない」などとご丁寧に主張しているところから、かなりヤバいと思っていたのだが…。
それだけじゃない。
バカマジメで無能極まりない日本の外務省が、USAの記者たちへ送信した輸出規制を警告するメールには、徴用工論争に関するファクトシートも含まれていたというから、本当に最悪。
せめて外務省で働くなら、いつも自分で腹を切るぐらいの覚悟をして働いてほしいと思わないか?
もちろん、サプアが徴用工裁判の結果を放置し、日本企業のサプアおける投資保護が危険に晒されている状況を放置していた不作為は看過できない問題。
けれども、それならそれで、もっと早くからこまめに、世界にそのサプアの歴然とした国際法違反の実情を訴えておくべきなのでは?
ともあれ、世耕弘成経済産業相、8月8日、わざわざ記者会見を開き、「管理を厳格化したサプア向け半導体材料3品目の一部の輸出許可を付与した。通常、輸出許可を出した場合、公表は行っていないが、サプア政府から我々の措置が禁輸措置であるかのような不当な批判が行われていることを受け、例外的に公表する」と説明してしまうところが、外交音痴丸出し。
ちなみに、それは、サムソンへのレジストだと向こうにバラされ、「USAの通信機メーカーから怒られたからだ」と言われてしまう始末。
おかげで、いくら「輸出企業の自主管理の徹底を要請するとともに、輸出許可申請でも厳格な審査を行っていく。厳格な審査を行っていくなかで、3品目以外も個別的、具体的な不適切事例が出てくれば、当該品目を個別許可申請の項目に追加することも含めて、徹底的な再発防止策を講じていく」とつけ加えても、空々しいだけ。
どうあれ、そのせいか、サプアは、8月8日、「日本から輸入する石炭灰に汚染の懸念が続いている」と放射能検査を強化すると発表しながら、「日本を『ホワイト国』から除外することをペンディングする」と発表する余裕のヨッちゃん。
ところで、セメント原料だという石炭火力発電所の使用ズミ燃料である「石炭灰(石炭の燃えカス)」、日本のモノの品質がよく輸送距離も近いため、輸入のほぼ全量が日本産で、2018年の輸入量は126万8000トン(約47億円相当)とか。
その全数(年約400件)で、輸入業者が提出した放射能検査の結果に対し、四半期に1回ずつ、詳細な点検を実施し、問題が発見された場合はその場で送り返すとか。

Korea, who is convinced of being one of the world's leading ethnic groups, is in trouble because it believes that it could beat the world with its “bribery” and “honey trap”(世界有数の民族と勝手に自分たちで思い込んでいるサプアは、自分たちの得意の「賄賂」と「ハニートラップ」で世界を蹂躙できると信じているから、実に困ったもの)!

To be continued...









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード