Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-40 「イヌサフラン」で死ぬ人と「イヌサフラン」を殺すヒト!?

Beautiful flowers have various roses(美しい花にはいろいろな棘がある)!

■秋田県鹿角市「イヌサフラン」食中毒事故

●東仙坊の受けた「イヌサフラン」からの衝撃

思わず見とれるほどビューティフルな「イヌサフラン」の問題は、その美しさからは想像ができないほどの猛毒性。
その球根や種子に、アルカロイド系の「コルヒチン」という毒性物質が含まれているというのである。
それゆえ、痛風薬として薬事法で認可、販売、処方されているだけでなく、植物の細胞分裂に影響を与えて倍数体にする作用があるために品種改良などにも使用されているとか。
ところが、一見、球根は、「ジャガイモ」や「タマネギ」や「ミョウガ」に酷似し、葉は、「ウルイ」や「ギョウジャニンニク」に酷似しているところが、厄介。
実際、食べると、腹痛や嘔吐や下痢、皮膚の知覚減退や呼吸困難などの症状のほか、重症化すると死亡するとか。
それはそうである。
あの高名な有毒植物の代表格である「トリカブト」が、2006年~2016年の間に、死者3人なのに、「イヌサフラン」はなんと死者6人。
特に、なぜか最近は、頻繁。
◇4月中旬、群馬県で、70代夫婦が、「イヌサフラン」を「ギョウジャニンニク」と誤って食べ、夫は呼吸困難で死亡、妻は軽症(?)。
知人宅にあった「ギョウジャニンニク」を譲り受けたが、「イヌサフラン」が混じっていたとか(?)。
◇昨年7月中旬、北海道で、自宅の庭に生えていた「イヌサフラン」の球根を「ジャガイモ」と思って食べた(?)80代女性が死亡。
◇昨年4月下旬、北海道で、自宅の庭に生えていた「イヌサフラン」を「ギョウジャニンニク」と誤ってジンギスカンの具材として食べた70代と60代夫婦のうち夫が死亡、妻は食中毒の症状あるも命に別状ナシ(?)。
どうだろう?
キレイな「イヌサフラン」、ハンパじゃないほど恐ろしいのでは?
ところで、EUや北アフリカが原産だというのに、なぜ日本の家の庭にあるのか?
園芸用に品種改良し「イヌサフラン」属を意味する「コルチカム(Colchicum)」として売られていたとしても、植えなければならないのでは?
それより何より、何で「イヌサフラン」と名づけられているのか?
そ、そ、そして、その理由を知って、またまたビックリ仰天。
「サフラン」に似てはいるが、サフランほど用途がないからと、植物の世界で「役立たず(???)」を意味する「イヌ」が冠されたのだとか。
どちらにしても、「美しいモノにはトゲがある」ということだけは、至言なのでは?

ところで、ナポレオン・ボナパルトという名前をほとんどの方がご存知のはず。
フランス革命後、そのパワーでEUを制覇。
ところが、当時のUKの国民総数に当たる200万人もの死者を出した「ナポレオン戦争」の「ワーテルローの戦い」で破れ、セントヘレナ島に島流しにされると、たちまちその評判はガタ落ち。
「史上最悪の悪玉」とか、「EUの疫病神」、「血に飢えた独裁者」、「コルシカ島出身の野蛮人」などとボロクソ。
それが、フランスが「普仏戦争」でグジャグジャにされ、EUのお荷物的存在にまでなりさがると、もうフランスは脅威でなくなったとばかりに、再評価され始めたとか。
そのナポレオン・ボナパルト皇帝、「余の辞書に不可能の文字はない」、「子どもの将来の運命は、その母の努力によって定まる」、「美婦は目を楽しませ、良妻は心を楽しませる」、「フランス人は絶えず愚痴をこぼしている」などと啓示に富んだ明言を述べているが、やはり、気になるのは皇帝としての女性遍歴。
最初の妻のジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ、二番目の妻マリ・ルイーズ、愛人のポーリーヌ・フーレス、エレオノール・ドニュエル、マリア・ヴァレフスカもそれなりでしかなかったが、たった1人彼の愛人にならなかったジュリエット・レカミエなる女性が出色。
何でも、パリ社交界の華として一世を風靡し、「フランス美人の代表的存在」とか、「世界の歴史の中でも、最も美しい女性」と言われているとも。
そう、「天下無双のモテ美女」だったとか。

A narrow-minded motherfucker who banishes a woman who rejected himself couldn't truly be motivated by a woman(自分を拒絶した女性を追放する了見の狭いヤツが、本当に女性からモテるはずもない)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード