Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-34 「日和見主義者(?)」と「ヒアリ見主義者」に自らなるべきとき!?

I think it's better to be dead if it's going to be an “opportunist”. But...(日和見主義者」になるくらいなら、死んだ方がマシと思っているけど…)!

「ポピュリズム」が蔓延する市場原理主義全盛の現代、我が日本人ですら生来のその美しい心の芯を溶かしてしまっているのでは?とメチャクチャ憂慮しているのは、東仙坊だけではあるまい。
いくら哀愁の秋でも、それではあまりに哀し過ぎる。
日本人からその美しい心が消えてしまったら、この狭い日本はすぐに真っ暗闇になってしまうと思うが、どうだろう?
えっ、何でそんなにネガティブなことを言うのか?って?
我々は民主主義自由国家に暮らしているのでは?
それゆえ、自己責任でどこにどのように住もうとカラスの勝手のはず。
そして、これだけ天災、いわゆる自然災害が頻発するようになったのだから、有能な(?)気象庁が明言するように、自分の命を自分で守る行動を取ることが、我々日本人一人一人の人間の義務。
日本人らしく聡明かつデリケイトに大自然と共生するためにも、冷静沈着かつスピーディーに避難行動を取るべき。
河川の流域に住む人、裏山があるような場所に住む人、円滑な退避行動が取れない人などが、天気図を食い入るように見つめ、気象情報に耳を大きく傾け、そして、自らハザードマップを過信せずそれなりチェックし、想定外を想定し、そそくさと近くの自分で探し抜いておいた安全な(?)避難所に避難するのも、これまた国民としての義務。
に、に、にもかかわらず、またまた、不幸な自然災害被害者たちが出てしまったのは、なぜ?
確かに、前回の台風19号、前々回の台風15号による被害の復旧が遅れていたこともあったかもしれないが、問題は、相変わらずの平和ボケ国民の理由なき自分の家だけは大丈夫、自分だけは大丈夫という慢心がかなり影響していると思うのだが、どうだろう?
そう、致命的な本当のリアリティの欠如。
どうせ誰も言わないだろうから、東仙坊、あえて言及せざるをえない。
そもそも、自然災害を動画で撮ろうとする発想自体メチャクチャ尊大で横柄なのでは?
そんなヒマがあったら、助けてもらおうではなく、なんとか助かる手段を講じるのが、人間なのでは?
まさか、一生に一度は救命へりに乗ってみたかったというのではあるまいな?
ともあれ、あれだけ無能な我が国のマスメディアまで警告しているのに、なぜ土砂崩れに巻き込まれたり、冠水や越水や流水に車でハマったり流されしまったりするヒトがいっぱいいるの?
それで、やはり、どうしてもメチャクチャ気になることが、1つ。
なぜ、車で洪水に巻き込まれるヒトに、超高齢者が多いの?
そろそろ、いろいろな意味で、超高齢者のドライビングを本気で規制するときなのでは?
しかも、産経新聞とFNNの合同世論調査で、高齢男性の約6割が自動車運転に法律で年齢制限を設けることに反対しているからできないなんて、甘やかし過ぎなのでは?
どうだろう?
これもそれも、本当の意味での「ヒヨリ見主義者」が減ったことが問題なのでは?
えっ、今の日本、モラルを喪失した自我のない「コウモリのようなヒト」、「風見鶏のようなヒト」、「八方美人」、確固たる自分の意見持たず形勢の有利な方につこうとする情けなくてみっともない、どちらにもイイ顔をし結果的どちらからも嫌われてしまう、事なかれ的ご都合主義者、そう、「日和見主義者」、「opportunist(オポチュニスト)」がいっぱいじゃないか?って?
その通り、確かに、政界や経済界や教育界や法曹界などを中心に、そんヤツらが跳梁跋扈しているのは、事実。
でも、これだけの異常気候が続けば、スマートな人間なら、日和、つまり「天気」をじっくり観て行動しなければ、かなりリスキーなのでは?
そう、想定外の自然災害から、自分自身はもちろん、自分の大切な人を守るには、国民一人一人が自己責任と覚悟で本来の「日和見主義者」になるべきときなのでは?
無論、日常的に使われている恥知らずの意味ではなく、自分で「天気」を賢明に読み取る能力を身につけて…。
とにもかくにも、これだ自分で自分の安全は確保すべきと言われているのだから、最後まで人に迷惑をかけることにならないようにすべきなのでは?
なぜなら、我が国には憲法上存在しないことになっている自衛隊の方々をはじめ、警察や消防署の救助隊や捜索隊の方々は、自分の危険を顧みず、このハイテク技術の時代に、連日、素手での土砂除去、人海戦術などでクタクタになっているのでは?
それで、東仙坊、どうしても言いたいことが、1つ。
我が日本人は、彼らへの心からの感謝の念を絶対に忘れてはいけないということ。

Now, if you can't observe the weather accurately and quickly on your own, you couldn't protect your life and the lives of loved ones(今や、自分自身で天気を的確かつ迅速に観察できなければ、自分の命も愛する人の命も守れない)!

To be continued...







profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード