Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-12 消えゆくサプアへのファイナル弔辞!?

Historically, a country with a colony has been compensated for being recaptured or taken away from the colony(植民地を持った国が、その植民地に国を奪い返されることや植民地から脱せられることがあっても、補償したことなど歴史的に一度もない)!

●徴用工問題

○日韓基本条約&日韓請求権協定

東仙坊、一心不乱に、植民地化した帝国主義者がその後、自分たちの植民地に損害賠償を払ったケースがあるのか検証してみたが、そんなことは皆無。
そう、ゼロ。
つまり、帝国主義者は、他国を植民地化し傍若無人に収奪と蹂躙をしたの場合、植民地にされた側は自国の独立を命懸けで戦って奪い返せたらラッキーなだけ。
それなのに、もし今までの精神的苦痛や肉体的苦痛を報償しろなんて要求したら、再び本格的な戦争になるだけ。
そう、帝国主義者が、自分たちの植民地を手放すのは、そこまでして確保してもメリットがあまりないと結論したときだけ。
もし歴然としたメリットがあれば、その圧倒的な軍事力で、冗談でも放棄するはずもナシ。
その見地からすると、なぜ我が国は、サプアに残していた資産の補償を求める請求権の主張を撤回し、日本で罪を犯して強制退去処分を受けたサプア人を送還せずに日本に残ることを認めるなどをしたのだから、それ以上に補償をする話になぜなったのか?
凄く変だと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうだと思わないか?
そもそも、補償とは、精神的苦痛や肉体的苦痛に対するもの。
そうだとすると、日本人になることを厭わず、30倍以上もの競争率で志願兵になり世界と戦い、12倍もの競争率で「官斡旋」の徴用に応募し日本企業で働いたサプア人たちのどこに精神的苦痛や肉体的苦痛があったのか?
これもそれも、サプアという国をグジャグジャにしてしまった李氏朝鮮のテイタラクのせいなのでは?
ともあれ、日本側で領土問題をなぜか棚上げにしたままサプアとの交渉にあたったのは、大野伴睦自民党副総裁。
そして、1960年、吉田茂の愛弟子の池田勇人が首相に就任したのに、日韓交渉は合意に向かって加速。
それを後押ししたのが、超親韓派の船田中衆議院議長。
というのも、このご仁、「日韓協力委員会」のメンバーで、「日韓議員連盟」初代会長。
ちなみに、1961年5月10日、サプア側は、提示した「対日請求要綱」第5項の要求を、「一般労務者の他に軍人軍属、全部を含めて、生存している者、負傷、死亡した者に対してそれぞれ補償してもらいたいという意味だ。強制的に動員し、精神的、肉体的苦痛を与えたことに対し、相当の補償を要求するのは当然だと思う」と拡大して言い出したとか。
それに対し、「個人に対して支払ってほしいということか?」と尋ねると、「国内での支払いは国内措置として必要な範囲でとる。国民感情をなだめるためには、個人ベースで支払うのがよいと思う。我々は、我々の国内問題として措置する考えであり、人数や金額の問題があるが、どうかして、その支払いは我々の政府の手でする」と答えたとか。
実際、交渉過程で、日本が、サプアに徴用者名簿などの資料提出を条件に、「個人への補償」を複数回提案したという事実はサプアで公開された外交文書で明らかになっているというから、呆れないか?
しかも、個人への補償支払いを拒否し、サプア政府への一括支払いを要求したのはサプア側だとも。
ともあれ、1964年、大野伴睦が急逝すると、建設大臣だった河野一郎、そう、防衛大臣河野太郎の祖父が交渉を引き継ぎ、最大の懸念であった竹島問題を、「竹島は解決せざるをもって解決したと見なす(???)」とサプアの丁一権首相との間で密約文書を交換。
それも、河野派宇野宗佑を密使として訪韓させ、サイン入り文書を丁首相に直接手渡したというから、かなりキナ臭い。
すると、朴正煕大統領も承認し、日韓基本条約では竹島に触れないことで合意したとか。
そして、1965年、「日韓基本条約」&「日韓請求権協定」の締結となったのだが、岸信介首相の実弟で安倍晋三首相の大叔父である佐藤栄作首相との間で調印されたということは、後々、重要な意味を持ってくる。
もっとも、このときが、竹島を我が国が取り戻すビッグチャンスだったことも確か。
また、調印に先立って訪韓した岸派椎名悦三郎外相が、金浦国際空港に到着するや、「日韓両国間の歴史に不幸な期間があったことは遺憾であり、深く反省している」と日本政府要人として初めて謝罪声明を発表したことも、これまた、後々、重要な意味を持ってくる。
どちらにしても、「日韓基本条約」&「日韓請求権協定」が締結されたことで、「日韓両国とその国民の財産、権利ならびに請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決されたこと」をお互いに確認し合って、合意。
そして、それを明記。
ただし、お互いの主張や事情を理解し譲歩し合い、>無償で3億ドル(約1080億円)、有償で2億ドル(約720億円)、計5億ドル(約1800億円:当時のサプアの国家予算の1.45倍)、それから、民間借款で3億ドル、さらにサプア内に持っていた日本と日本人の財産、それらの資金の位置づけを「経済支援金」とすることでも合意。
そして、サプア政府側の要望通り、「元徴用工への個人への補償金」を含め(?)サプア政府にまとめて支払ったとか。
また、これらの締結に関する合意議事録で、解決された請求権問題にサプア側が提示した「対日請求要綱」の8項目がすべて含まれ、この要綱に関するいかなる主張も以後はできないことが明確に確認されているとも。
どうだろう?
いくつか問題があろうと、蒸し返したり蒸し返されてはいけない国家間の約束ゴトであることだけは確かなのでは?
少なくとも、1910年の日韓併合が不当なものだったというような寝惚けたコトを言わせても行けないのでは?

If you see the colony as a humiliation and regret that your pride is hurt, you couldn't clear the misery of the gates unless you try to make the sovereign power devoured(植民地にされたことを屈辱と捉えプライドが傷ついたと恨みを抱くなら、力尽くでその宗主国を跪かせない限り、そのお門違いの恨みを晴らすことはできない)!

To be continued...
























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード