Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-12 消えゆくサプアへのファイナル弔辞!?

Where did you get the true intention of Hideyoshi Toyotomi who said that he wanted Nobunaga Oda at the end of the last period, receiving nothing even when taking a war medal(武勲を立てても何も受け取らないでいて、最期の最期に、織田信長にサプアが欲しいと言った豊臣秀吉の本心はどこにあったのか)?

東仙坊、結果的に、頑迷固陋なサプア人をその本性のままに異常かつ執拗な反日狂いの民族にすることなった、豊臣秀吉のサプア出兵の動機は、一体何だったのか?ということの考察に重きを置きたい。
というのも、いくら戦功を挙げても褒美をご主人様である織田信長に還元し、人間をモノとしかみなさないオトコを逆手玉に取り、「大気者(タイキモノ)」と呼ばすことに成功していたくらいなのだから。
もっとも、すでに数多くの我が国のお偉い(?)歴史学者(?)たちが彼についてはかなり厳密に批評しているので、東仙坊、あくまでブログ探偵らしく、サプア人の「恨」を叩き起こすことになったメチャクチャ気になる点についてのみ言及することにする。
①豊臣秀吉が、どこまでも「目ざとい男」で、「喰える男」で、「人たらし」で、「抜け目なき策略家」で、「太鼓持ち」だったこと。
言い換えると、メチャクチャ感受性が強く繊細で、人をよく洞察し、人と同じに振る舞うことを嫌う目立ちたが屋で、なかなか本心を明かさずウソをつくのがウマい男だったということ。
そして、有能な戦士として武勲を立てても、その褒美はすべてボスである織田信長に還元し点数を稼ぎまくっていたということ。
そうしてゆくなかで、豊臣秀吉は、なぜかたびたびサプアを征服したときはサプアをいただきたいと言っていたということ。
そう、唯物主義者のボスに初めてほしがったモノが、サプアだというのである。
これって、凄く注視すべき重要なポイントの1つなのでは?
②豊臣秀吉の出自は、いまだ定かではないとか。
尾張国愛知郡中村郷中中村の下層民の家に生まれたことは確かだが、両親はこれまた定かではないとか。
一応、足軽だった木下弥右衛門・なかの子という説が有力だが、継父の織田信長の同朋衆だった竹阿弥が実父という説、私生児という説も色濃く残っているとか。
ともあれ、父親が、足軽、農民、同朋衆、その下の階層ぐらいのレベルのオトコであったことだけは、間違いない。
そして、豊臣秀吉がどこかで学んだり、誰かに教えたりされる環境でなかったことも、間違いない。
すると、父親がどんな出自の人なのか?
母親がどんな出自の人なのか?
そもそも、尾張国愛知郡中村郷中中村なるエリア、今、これだけ再開発が進んでいるのに、特に名古屋駅周辺の西側は再開発が進んでいないのか?
豊臣秀吉がなぜか積極的にサポートした名古屋なのに、名古屋有数の風俗街である中村遊郭が栄えたり、長い間「ドヤ街」が存在していたのか?
どうだろう?
普通の日本人にはアンタッチャブルなアブノーマルな集落の世界、今でも残る部落ナンチャラカンチャラの世界、そう、日本に命懸けでやってきた経済難民、あるいは、海外から捕虜として連れてこられた民族などの不可思議な世界があったのでは?
となると、泥にまみれて生きていた豊臣秀吉が、私生児、もしくは、ファザーレスチャイルド、もしくは、シングルマザーの子ども(?)の可能性がゼロではなかったということ、父親が部落の人だったということ、母親が娼婦だったということもあったのでは?
③豊臣秀吉の名前一つとっても、実は諸説紛々。
木下藤吉郎、羽柴秀吉、藤原秀吉、豊臣秀吉。
そもそも、木下だって、木下家出身のねねとの婚姻で名乗ったのでは?と言われている程度のモノ。
東仙坊、そんななかで、着目する点が、2つ。
1つは、織田信長の腹心だった丹羽長秀と柴田勝家から、「羽」+「柴」で、羽柴秀吉と名乗ったという根っからのいい加減さ。
まあ、そして、近衛家の猶子となって「藤原秀吉」、正親町天皇から豊臣氏を賜姓されて「豊臣秀吉」になったとか。
2つ目は、木下という姓。
実は、この姓、サプア人の中の「朴」という方々が、「朴」を「木」+「下」に分けただけで、我が国で2番目に多く使う姓だというのである。
④当初、今川家直臣飯尾氏配下で、遠江国長上郡頭陀寺荘にあった引馬城支城の頭陀寺城主、松下之綱に仕え、今川家の陪々臣だったとか。
それを、織田信長に仕官し直したとか。
さて、織田信長は、豊臣秀吉の経理や補給での才、すなわち、係数と土木能力をメチャクチャ買ったとか。
ということは、彼は、サプア出兵をプランしたとき、ちゃんとそのコストパフォーマンスをきちんと考えられたはず。
イイ悪いは別にして、彼は、平安京大内裏跡に豊臣氏の本邸「聚楽第(聚楽亭?)」を建立し、運搬可能な組み立て式の「黄金の茶室」を造っているのである。
つまり、サプア出兵によって流す血と汗と涙の代償をどう手にしようとしていたのか?
なぜなら、彼は、ことさら世評を気にしていた面があったのでは?
だからこそ、「聚楽第」に自分を非難する落書が書かれことがわかったとき、マジ切れし、ホシ探しに奔走し、7人を鼻削ぎ・耳切りにし倒磔に処したうえ、老若男女63人を磔にし、最終的には130人に刑罰を下したというのでは?

I am convinced that Hideyoshi Toyotomi's ancestor must be an economic refugee who came to Japan long ago(豊臣秀吉の先祖は、遠い昔にサプアから日本にきた経済難民に違いない)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード