Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-37 「IOC」や「JOC」などの金の亡者どもの「ゴリOC」!?

A motherfucker who smells as if they are making money without having to make money must be just a typical scammer(金を出す義務がないのに金を出すかのように臭わせるヤツは、単なる典型的な詐欺師)!

東仙坊、本当に銭ゲバどもは、目ざといと率直に感心している。
特に、金の亡者どもの伏魔殿「IOC」トップどもは、ある意味、凄まじいものがあると、ついつい苦笑させられてもいる。
そこで、まず簡単に「五輪憲章」をチェック。
それによると、「IOC」に強い権限が与えられていて、間違いなく「競技会場はIOC理事会の承認事項」
実際、今回も4者会議の席の冒頭、わざわざ「競技会場変更の権限は『IOC』にある」という1枚のペーパーを配布しているとか。
また、「『IOC』は、五輪開催都市契約が定める拠出金のほかは、それと異なる内容の合意が書面でなされていない限り、大会の組織運営と財政、開催について財政的な責任を負うことはない」とも。
つまり、金の亡者どもの陰険な組織「IOC」が、いくら払うようなことを仄めかしても、根本的に払うワケがないということ。
さらに、東京都などが「IOC」と締結した「開催都市契約」には、「『IOC』の指示で結果として財政上の義務について重大な悪影響を及ぼすと考える場合…相互に満足がいく方法で対処することを目的に関係当事者と協議する」とあるだけ。
それゆえ、協議はいくらでもするけど、一切金を出すはずがないということ。
このことをしっかりと念頭に入れて、今回の問題を見ないとダメ。
ところで、次期会長候補である政敵コー男爵セバスチャン・コーにドバイの件で責め立てられた「IOC」会長トーマス・バッハは、相棒のジョン・コーツ副会長と一計を案じる。
何しろ、ICAS(スポーツ仲裁裁判所)の運営組織であるスポーツ仲裁国際理事会会長でもあるジョン・コーツ副会長、トラブル処理の天才。
事実、すでに複数都市での開催もできるよう五輪憲章を変えたほどの遣り手。
そこで、2人は、五輪にバカみたいに金をかける金の亡者仲間のブラック死霊こと森喜朗に、「キサマたちが東京の8月はスポーツに快適なシーズンだと大ウソをついたのに、オレたちが後押しして東京開催を漕ぎつかせてやったのだろうが、今だって、競技会場の選定に権限を持つ『IF(国際競技連盟)』関係者から、陸上以外の競技についても、暑さ対策への疑問の声が出ているのをオレたちが抑え込んでやっているんじゃないか。何とかしてもっと金を引っ張ることを考えろ(???)」と圧力。
すると、かねてから同じようなことを企んでいたブラック死霊から、メチャクチャ興味深いオイシイ話。
「まずそちらで、9月に行われたドーハでのマラソンや競歩で多くの棄権者が出たことを理由にして、選手たちの健康を守るためにマラソンや競歩の会場を札幌に変更すると発表してくれ」
「そんなことをして金は大丈夫なのか? 『金をかけない五輪』を標榜したのに、もう東京大会開催コストが1兆3500億円を超えていて、さすがの世界のキャッシュディスペンサーの日本政府も8000億円以上支出しているのだから、これ以上出さないと言うのでは?」
「心配ない。都合のイイコトに、日本政府を代表している橋本聖子五輪相は、オレの完璧な子飼いであるだけでなく、北海道出身だから北海道と札幌に強い」
「肝心の金はどうするんだ? それに、東京都も黙っていないのでは?」
「金は全く心配ない。開催コストとは別に、天災やテロなど予期せぬ事態が生じた場合に備えると予備費としての1000~3000億円がある。東京都だって、本来なら大会開催都市である東京都が負担するのがルールだが、東京都は負担しなくてイイと約束すれ場大丈夫だ。でも、念のために、東京都に対し、マラソンと競歩以外の競技についても、暑さ対策に課題が残るとクレームがあるのをこちらで抑えてやっているんだと脅かしておいてくれ」
「わかった。うまくやってくれ」
「任せておけ」
どうだろう?
ほぼこんなはずだったに違いないと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
実際、ブラック死霊こと森喜朗のリアクションは、メチャクチャ迅速だった。
10月8日、その日のうちに、観戦チケットの二次抽選販売のスケジュール延期を発表。
10月9日、安倍晋三首相と会談。
10月10日、橋本聖子五輪相や秋元克広札幌市長と会談。
そして、なぜか10月11日、IOC側からの電話で札幌への今回の重大な競技会場変更を初めて知ったとうそぶいているのである。

Why is the motherfucker who does anything for money the president of the organizing committee(金のためなら何でもするようなヤツが、なぜ大会組織委員会の会長なのか)?

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード