Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-40 「イヌサフラン」で死ぬ人と「イヌサフラン」を殺すヒト!?

A motherfucker who only thinks of a woman as her own property should kill the woman with his own circumstances(女性を自分の所有物にしか思わないオトコは、自分の都合だけで女性を平気で殺す)!

■「イヌサフラン」のような24歳女性バラバラ殺人事件

●東仙坊がプロファイリングする事件の真相

①このクソッタレ、前妻との間に、3人の娘がいるとか。
そのせいか、コヤツ、「3人の連れ子にジェラシーを覚えるらしく、いつも口論になった。彼女がナイフを振りかざしてきたので、銃で撃ってしまった。この女の子は美しい理想的な人だと思っていたが、怪物に変身した」と法廷で証言している。
死人に口ナシ。
残念ながら、本当のことは、コヤツしかわからない。
ともあれ、この手のそこそこ地位と権力を持つオトコに共通する潜在意識は、ヤングレディーをモノにすることは、ハイエンドな腕時計をコレクションするようなもの。
手にしたくうちは必死に手に入れようとそれなりに努力するも、手にできたらほとんどそれで興味も終わり。
もちろん、なかには思いも寄らぬイイ腕時計を手にし、しばし自分の腕にはめて自慢し回るも、すぐに飽きること間違いナシ。
かといって、その腕時計がなくなったら、それこそ気が狂ったようになりふり構わず探し回って大変。
そう、自分が手に入れたモノだからこそ、腕時計の方からいなくなることなど、つまり、彼女の方から離れてゆくことなど絶対に許さないのである。
ともあれ、コヤツにとって、この「イヌサフラン」のようなヤングレディーをラッキーにも手にした以上、自分は他の花に手を出すことはあっても、彼女が他の男の手に渡ることだけはガマンできないはず。
実は、東仙坊、この長い人生で、そんなクソッタレどもをイヤというほど見てきている。
なかでも、家に帰らず片っ端からヤングレディーの社員たちを片っ端から手をつけておきながら、自分の妻が他の男と不倫したら殺すと本気で言っていたある社長のことが、昨日のことのように思い出される。
一方、この手のかなり年上のオトコとつき合う女性の方も、あるのは功利的な打算だけ。
今までは空想上でしかなかったいろいろな経験をできるだけでなく、金にも困らず、それなりの社会的立場を持つオトコに尽くさせている優位性を自己満足的に吹聴したがるもの。
まあ、どっちもどっちの低級な男女関係であることは、確か。
②コヤツの「イヌサフラン」殺害動機は、コヤツが法廷で行ったパフォーマンスにすべてが集約されていた。
11月11日、法廷で、コヤツ、大声で泣き喚き続け、裁判官から顰蹙を買っていたほど。
そう、それこそ、泣き死んでしまうかのように…。
そして、「起こったことに打ちのめされている、後悔している」とか、「『イヌサフラン』の遺体を処理した後、ナポレオン・ボナパルトの扮装をして公の場で自殺するつもりだった」とほざいたとか。
ともあれ、東仙坊、世のヤングレディースに、イヤというほど示唆しておきたい。
人前で、女性の前で、平気で涙を見せるオトコは、みんなウソつき。
少なくとも、相手の女性を本気で愛してなどいないことだけは、確実。
それを躊躇なくやれるジコチュウオトコは、相手の女性を自分の所有物としか捉えていない。
それゆえ、相手が自分から離れようなどとしたらブチ切れるだけだから、そそくさと頭を使って巧みに別離れるべき。
③では、この残忍非道な事件はなぜ起きたのか?
「イヌサフラン」の彼女が、クソッタレの餌食になっている同じ女子学生の仲間の存在に気づき、ブチ切れたに違いない。
決してクソッタレを心の底から愛していたワケではなかったが、自分と同じクソッタレのモノが他にいるということで、彼女のたった一つのプライドがズタズタになったはず。
それゆえ、「イヌサフラン」はクソッタレに別離るというだけでなく、その彼女とのコトを学校に、そして、彼女の親に言いつけると言い放ったに違いない。
その意味で、その彼女がかなり高い階級に属していて、バラされたら自分の立場がなくなるとクソッタレは焦ったに違いない。
まあ、結果的には、もちろん、大学を解雇されただけでなく、フランスのISSEP(社会・経済・政治科学学院)の役職を解任されただけでなく、殺人での裁判の判決が待っているのだが…。
どちらにしても、ロシアの「イヌサフラン」、二度とその美しさを誇ることはできないのは、メチャクチャ無念では?
ところで、東仙坊、この凄惨な事件で考えたのが、やたら売れていたのに月旅行に一緒に行くとか騒いでいた成金丸出しの43歳の品性のないオトコに引っかかってそのタレント生命を台ナシにした27歳の「イヌサフラン」もどきのヤングガールのこと。
そのオトコが、別離れた直後に、40代人妻を秘書に雇うと欺して手込めにしていたということも肝に銘じるべきだということ。
もう少し男を見る目を養った方がイイと思うが…。

Is it strange that the flower language of “autumn crocus” can be said to be “My best days are past”(「イヌサフラン」の花言葉が、「私の最良の日々は過ぎ去った」とは言い得て妙では)?





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード