Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

心のブラックホール-63 三流の「俳優」のたった一度の計算尽くしの「名演」!?

Even if it is an actor who plays the character of another person, is it necessary to become a junky himself to play a junky(他人のキャラクターを演ずるのが俳優だとしたも、ジャンキーを演じるのに自らジャンキーになる必然があるのか)?

東仙坊、「俳優」の仕事も、それなりにメチャクチャ大変に違いないと同情しているところがある。
それはそうである。
自分の確固たるアイデンティティである唯一無二の「パーソナリティー」を必死に「セルフ・コントロール」して、別の「パーソナリティー」、スクリプトの「キャラクター」をリアルに演じなければならないのだから、当然と言えば当然。
それゆえ、「俳優」は、「名優」と、「○優」との差は、歴然…と書こうとして、しばし呆然。
な、な、なんと、「名優」の対極にある「名優じゃない俳優」の呼び名が見つからないのである。
「迷優」? 「珍優」? 「凡優」? 「劣優」? 「愚優」? どれ1つピンとこないのである。
それで、「俳優」と同じ、「役を演ずる者」としての意味で、平安時代より、「田楽、能、狂言、歌舞伎など伝統芸能のなかで舞台に立つ者」と認知されている「役者」で考えてみた。
すると、「立役者」、「千両役者」、「大立者」、「花形」に対し、「大根役者」、「三文役者」と明確にあるから、なおさら困惑。
ちなみに、「役者」の「役」は、「厄払い」の「厄」で、「特別な『役』について神事に奉仕し『厄』を祓う人」を意味するとか。
ともあれ、「俳優」になった以上、今まで以上に「セルフ・コントロール」で、自分のロールをプレイしなければならないはず。
ところが、平和ボケのタガの緩み切ったぬるま湯社会の我が国では、満足な俳優鍛錬もない「にわか俳優」が跋扈するかなりレベルの低い世界。
それなのに、気分だけは、世界を代表するような「俳優」気取りで、ますます最悪。
まあ、必要以上に感情移入し、通常では考えられないような大声での「オーバー・プレイ」を迫真の演技と思い込んでいるようだから、そんなレベルなのも当たり前か。
えっ、どんな「俳優」が「名優」なのか?って?
東仙坊、思いっきり簡潔に言うと、「笑いながら哀しみを表現できるのが、名優」。
えっ、どんな「名優」のどんな「シーン」か?って?
パッと思い浮かべられるのが、「あの愛をふたたび(Un homme qui me plaît/1970)」で、約束の空港で約束したジャン=ポール・ベルモンドが現れないのを待ち続けるアニー・ジラルドの自嘲しまくる表情の変化…。
「別離(LA CHAMADE/1968)」で、愛した男のところへ行こうとするカトリー・ヌドヌーヴに「必ずボクのところに戻ってくる」と同棲していた年上のミシェル・ピッコリが言うときの目いっぱいの男の見栄を張る表情…。
正直、自分自身、ビックリ仰天。
なぜか青春時代に観た映画ばかり…。
ところで、世に、「ドラッグ(:drug:薬物)」なるものがある。
我が国では、すべての「ドラッグ」は、違法。
それ以外の何モノでもない。
我が国が法治国家である以上、「病気」として許容されるものでもないし、「被害者のいない犯罪」でもナシ。
それどころか、その異常なテンションの高揚で、さらなる犯罪を起こすことも、たびたび。
そこで、特に今回話題の「ドラッグ」を簡潔に検証。
◆マリファナ(乾燥大麻)
「ゲートウェイ・ドラッグ」と呼ばれるアサの花冠や葉を乾燥させたものが、これ。
まさしく、そのスペイン語で「安い煙草」という意味の通り。
そして、大麻樹脂を「ハシシ」、液体大麻を「ハシシオイル」、アサの花から製造されたものを「ガンジャ」、アサの葉と茎が原料のものを「バング」。
陶酔作用がある成分、「THC(テトラヒドロカンナビノール)」を含んでいることが、ポイント。
◆コカイン
コカノキ科コカ属常緑低木樹の葉を細かく破砕し、溶媒となる石油類に浸し撹拌し、麻薬成分を溶出。
それに希硫酸を混ぜ中和し沈殿物を集めて乾燥させコカ・ペーストを製造。
それを酸で処理し、過マンガン酸カリウムで不純物を取り除き、濾過して精製したもの。
また、吸入する「クラック」は、重曹と混ぜたもの。
中枢神経に作用して、精神を高揚させる働きを持つところが、ポイント。
ただし、被害妄想、「coke bugs(コーク・バク:昆虫や虫がカラダを這っているという妄想)に陥りやすく、過剰摂取すると、心疾患や脳卒中を引き起こすとも。

Why could an asshole who can't control himself with a strong will become an actor(強い意志でセルフコントロールできない人が、どうして俳優になれるのか)?

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード