Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

心のブラックホール-63 三流の「俳優」のたった一度の計算尽くしの「名演」!?

Why is this junky exposed New Dirty Heroine's substantive office silent(なぜこのジャンキー丸出しのニュー・ダーティー・ヒロインの実質的所属事務所は、沈黙しているのか)?

●東仙坊がプロファイリングする、この事件のメチャクチャ不可解な点

⑤このニュー・ダーティー・ヒロイン沢尻エリカ(33歳)が、11月16日、MDMA粉末0.09gのカプセル(結果的に2錠)を所持していたとして、麻薬取締法違反で逮捕された事件の一番の不可解さは、自分のところの「女優」にもかかわらず、いくら業務提携だとしてもその大手所属事務所のエイベックス・マネジメントが記者会見を開かないばかりか、何の正式なコメントも出さないことだと思っているのは、東仙坊だけではあるまい。
実は、いくら探しても、2012年のケースでも、それは全く何もない。
まさしく、プロの犯罪集団の対応と言えるのでは?
しかも、東証一部上場会社だというのだから、開いた口が塞がらない。
ただし、2011年ごろ、沢尻エリカの夫がいろいろエイベックスの契約について言い出したことに、エイベックスのボス、どこかの大統領のごとくマメにtwitterしていたことがわかった。
「契約が離婚前提なんて、そんなことを言った覚えは全くない。離婚したがってたのは彼女でそれは契約の話しが出る前から。プライベートなことなので黙っていたけど、また報道され出したので言っときますが、これが事実です!」
「今話題の方が言ってることは呆れかえって反論もしないよ。レベルが違いすぎて、逆に可哀相に思う。自分の立場を守りたくて必死なんだね」
「ウソはいつか必ずバレるものさ」
「虚業と実業の差さ。説明しなければ理解してもらえない人が、いくら言い訳じみたことを話しても、理解されないものさ。それが自分でわからないから、その手の人はそうするのだろうがそんな愚かなことはない。それをボクは、哀れだと思うし、ぶっちゃけ、そういうタイプの人たちをボクは相手にしたくないね」
どうだろう?
どこかの政党じゃないが、ブーメランになりそうなところもあるのでは?
⑥東仙坊、自分がすでに書き込んだことがある酒井法子、そのダーティー・ヒロインが、自ら2009年7月下旬、親子で訪れていた奄美大島のホテルでの覚醒剤使用を自供していたということ、そして、そのとき、2009年7月16~24日開催された「奄美皆既日食音楽祭」のDJとして出演していた夫と一緒にこのニュー・ダーティー・ヒロインも奄美大島にいたということに着目している。
というのも、その酒井法子の夫の高相祐一の初公判で、弁護人が、「週刊誌では沢尻エリカとの繋がりも報じられましたが、沢尻エリカをご存じですか?」、「いえ。まったく知りません。会ったこともない。顔と名前を知っている程度」とやりとりしたというのである。
どうだろう?
我が国の麻薬世界の強い繋がりの、イヤ、互助の実態が垣間見れるのでは?
もっとも、2017年3月3日、ソヤツは懲役1年の実刑判(求刑懲役1年6月)になってしまったが…。
こうなると、どうしても触れざるをえないのが、2009年8月2日、六本木ヒルズの高層マンションの一室で(?)、愛人の銀座ホステスとMDMAを服用し、容態が急変したホステスを放置し、証拠隠滅を図り、保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕された、2007年「女優」矢田亜希子と結婚したばかりのエイベックスの「俳優」押尾学なるメチャクチャ卑劣なオトコ。
しかも、なぜかヤクの常習者どもの組織、イヤ、ヤクの売人がメインジョブのような集団、エイベックスから、なぜか事件発表直前にマネジメント契約を解除された、ミステリアスなオトコ。
それでいて、徹底的に誰かに守られていたのか? 最後の最後の雪隠詰めになるまで司法と醜悪に戦ったとことんみっともないオトコ。
2009年11月2日、東京地裁で、麻薬取締法違反(自己使用)について、懲役1年6月、執行猶予5年の有罪判決。
2010年9月、保護責任者遺棄致死罪ではなく、保護責任者遺棄罪で、懲役2年6ヵ月の実刑判決。
す、す、すると、東京高裁に即日控訴。
2009年10月4日、誰が用意してくれたのか? 保釈保証金1000万円を納付し、たちまち保釈。
2011年4月18日、東京高裁は、1審判決を支持し、控訴を棄却。
す、す、すると、これまた最高裁に即日上告。
2012年2月13日、最高裁第一小法廷が、上告を棄却。これにより、懲役2年6ヵ月の1審・2審の実刑判決が確定。
と、と、ところが、それでもなお、異議申し立て。
2012年2月28日、最高裁第一小法廷が、上告棄却決定に対する異議申し立てを棄却。
これで、ようやく塀の中…。
ちなみに、2014年12月、このクソッタレ、仮釈放になり出所しているとか。

Why are fragile mass media, excluding Japan's weekly Bunshun, unable to say anything to black music enterprises so far(我が国の週刊文春を除いた脆弱なマスメディアどもは、ここまでブラックな音楽事業エンタープライズになぜ満足にモノが言えないのか)?

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード