Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

元旦に、東仙坊が夢中になっているSNOW JAPANのサムライ「小林陵侑」賛歌!?

If Young Girls become aware of the real beauty, there would surely be more real men in Japan as well as Ryoyu Kobayashi(ヤングガールズが本物の美しさのあり方に気づくと、我が国にも、小林陵侑のような本物の男が増えるに違いない)!

東仙坊、この元旦、何にワクワクしているかというと、今夜開催予定のドイツでのスキージャンプ週間の第2戦。
何を期待しているかというと、それは、この小林陵侑なるヤングマンが続けているスキージャンプ週間連勝記録を伸ばすかどうかではなく、彼が見せ続けている淡々としたサムライの所作を観たいから。
まるで、市川雷蔵が扮する机竜之助の「音なしの構え」、眠狂四郎の「円月殺法」を思い起こさせるから、なおさら。
それにしても、白人社会では、ウィンタースポーツが隆盛。
12月29日、そのドイツでのスキージャンプ週間初戦でも、観客数が26000人というから、ビックリ仰天。
そもそも、そのノルディックスキーのワールドカップジャンプ男子の視聴率が、ポーランドで90何パーセント以上というのだから、ただただ絶句。
実は、12月22日、スイスでのそのワールドカップジャンプ男子個人第7戦で、1回目132.5mで7位。
そこから、2回目134mの合計272.0点でトップに立ったために、東仙坊、得意の念力殺法。
それが功を奏したのか(?)、ライバルのシュテファン・クラフトにいたっては、抜群のテクニシャンなのに着地で転ぶほど。
その結果、な、な、なんと奇跡の今シーズンの2勝目。
東仙坊、アルプスに木霊する「君が代」に、ひたすら真夜中に独り感涙。
それがあったせいか、このオーベルストドルフの夜は、見慣れたイエロービブで1回目から138mで7.7点差のトップにつけ、2回目で134mを淡々と飛んで、合計305.1点で9.2ポイントの差をつけ完全優勝。
それも、直前を飛んだ地元ドイツのカイル・ガイガーが、トップに躍り出ると、会場は優勝したかのような大興奮の渦。
しかも、前回の同じスキージャンプ週間初戦のドイツ・オーベルストドルフで、わずか0.4点で逆転され優勝を奪われた同じく地元ドイツのマルクス・アイゼンビヒラーがあの大声で抱きついてあたかも優勝したかのよう。
そう、会場と一緒になって小林陵侑にザ・ドイツでメチャクチャプレッシャーをかける
そんなことに、微塵も動揺させられないのが、このSNOW JAPANサムライのヤングマン。
そう、今の多くのヤングマンにない内面を鍛えた男の美学をふんだんに垣間見せてくれる大和男子。
今回の優勝の瞬間だって、さりげなく歓びを表現しただけで、優勝インタビューのときも、言葉少なでソフト。
それより何より、そのサムライが大ジャンプした瞬間の時間が止まったような静寂が、限りなく痛快で、東仙坊、大感激…。
そ、そ、そして、その表彰式で再び聴かせてもらった「君が代」と美しい音色、それから、この本物の大和男子の取っていた行動に、またまた、ひたすら感涙…。
おそらくこの大和男子、表彰台でカップやフラワーブーケなどを渡してくれるプレゼンターの方々や係員の女性たちが、素手であることに気づいていたに違いない。
それゆえ、握手をする相手へのマナーとしていつしか自分も最初から素手でいようと決めたに違いない。
事実、今回の表彰式で、残りの2人は、いちいち握手するときだけグラブを外し、すぐにまた嵌めていた。
それに反し、この大和男子は、持ち続けなければならない大切なスキーも、ずっと素手で抱えていた。
どうだろう?
日本人の一人として、どこか誇らしい気持ちになる話だと思わないか?
それで、新年早々、言ってもムダと百も承知でも、どうしても触れたくなるのが、今や落ち目も落ち目のノルディックスキーのワールドカップジャンプ女子アスリートのこと。
そう、恒久不変な日本砂漠-11 フェイク「平壌五輪」が撒き散らす世界へのゴミの山!? でも書き込んだ、ピンボケカントリーガールチビのこと。
厳密に言うと、親韓派のNHKとどこかの漬け物会社と化粧品会社などが手を組んで、やたらスポットライトを浴びせてすっかり増長させてしまった勘違い甚だしいド不気味化粧おバカオンナのこと。
何でも、サプア人たちから「美女鳥」と呼ばれているというから、どこか納得。
それにしても、大学生の分際で不似合いな高級車、インターナショナル・スクールを卒業しているのに幼稚園児のような英語、そして、何よりも肝心のジャンプへのメンタリティー。
化粧に明け暮れている場合じゃないのでは?と、ついついお節介を言いたくなるのは、東仙坊だけではないと思うが…。
どちらにしても、ヤングガールズがチャーミングでなければ、ヤングメンが成長しないのは、世の常。
ド・メイクが不似合いなヤングガールズが、ナチュラルでプレーンでも、十分ビューティフルな自分に気づいて、ヤングメンをどんどん小林陵侑のようなサムライにしてほしいと思うだけ。
その意味で、ピンボケカントリーガールチビには真摯に猛省してもらいたいと思うが、どうだろう?
それで、凄く心配なことが、1つ。
12月24日、サプア文化体育観光部とサプア観光公社が、今年、訪韓外国人観光客が過去最多の1750万人に上る見通しを発表。
中国、日本、台湾に次いで、今年、USAからの観光客が初めて100万人を突破したというから、複雑。
しかも、訪韓日本人が昨年同期比19.5%増の約250万人で、過去最高値である2012年約277万人に迫る勢いだとか。
ともあれ、訪韓日本人観光客数、前年同期比20~30%増を続けているというから、極めて複雑。
しかも、何も考えないノータリンの10代~20代のヤングガールズが増えているというから、本当に心配。
ついつい、新年早々、何とかしなさい! 本物の大和男子たち!と大声を上げたくならないか?

My biggest fun tonight must be watching the second leg of the Nordic Ski World Cup Jump Men's Jump Week(私の今夜の一番の楽しみは、ノルデックスキーのジャンプ男子のジャンプ週間第2戦観戦)!












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード