Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

心のブラックホール-64 深宇宙のメカニズムを知ることこそ、「魂の安息」かも!?

In this period, what I am a Comet dust must be more interested in deep space than death(コメットダストの一人として、この期に及んで、死よりも深宇宙に興味を抱いている)!

東仙坊、ただただ摩訶不思議な宇宙の藻屑に消えることを覚悟したせいか、大っ嫌いだっだ宇宙に、今、夢中。
おかげで、夜空の満天の星を見上げては、微笑むばかりの毎日。
そして、ときおり、自分もいつか星の一つになりたいとなどと願うことはないが、いつか彗星を構成するチリの一つぐらいにはなりたいな…と独り苦笑するだけ。
そう、「Stardust(スターダスト)」というよりも、「Cometdust(コメットダスト)」。
さて、国際的な宇宙科学者のチームが、「天文学ジャーナル」に、「この70年の間に、深宇宙にある約100個の天体が消滅したことを特定した。そのうちのいくつかは、消滅する前に数千倍の明るさに急速に成長した」と発表したとか。
何でも、これらの消滅した宇宙空間の物体の発見を、「VASCO(:Vanishing and Appearing Sources during a Century of Observations:観測の世紀における消滅と出現)」と呼び、「VASCOプロジェクト」なるものを立ち上げているとか。
そして、宇宙の過去の写真と宇宙の現在の写真を比較し、時間の経過とともに現れたり消えたりした宇宙空間の物体の位置を特定することを目指しているとも。
そのために、1950年以降の軍事記録公文書に基づき、まず消失したかもしれない約15万個の候補を特定。
これまでにそれらの15%を精査してきたプロセスのなかで、実際に消えてしまったように見える約100個の宇宙空間の物体を特定したというから、アメージング。
「VASCOプロジェクト」リーダーのビートリズ・ビジャロエルは、「消えていく星、あるいはどこからともなく現れてくる星を見つけることは、貴重な発見であり、そこには我々が現在知っている天体物理学を超えた新しい理論が含まれることは間違いない」と述べているとか。
ともあれ、通常、超新星爆発というものは、少なくとも太陽の8倍の質量をもつ重い星が水素を使い果たした後に発生するのだとか。
重い元素が融合し始めると、星はその形状とサイズを維持するのに十分な内部圧力を維持できなくなり、それ自体の重力に屈っしてしまうのだとか。
そのうえ、その外層は崩壊して爆発し、重金属を宇宙に噴き出す。
そして、残った核は、ブラックホール、または中性子星へと崩壊してしまうのだとか。
ところが、理論上、超新星爆発に失敗した場合、死を迎えた星は爆発をスキップし、即座にブラックホールになってしまうので、消えるか、消えたようになってしまうのだとも。
東仙坊、あまり考えたくないせいか、よく理解できないが、どこかウキウキさせられたのが、ここから。
これらの消える赤いオブジェクトのうち、1つの画像に一度だけ現れるものは、エイリアンが星間空間を越えて通信するために使用したレーザー光かもしれないというのである。
あるいは、エイリアンの文明が、「ダイソン球」と呼ばれる恒星のエネルギーをすべて利用するための巨大構造物を星の周囲に構築したために消滅した可能性もあるというのである。
ちなみに、「Dyson sphere(ダイソン球)」とは、USA宇宙物理学者フリーマン・ダイソンが提唱した「恒星を卵の殻のように覆ってしまう仮説上の人工構造物」のことで、恒星の発生するエネルギーすべての利用を可能とする宇宙コロニーの究極の姿なのだとか。
どちらにしても、この宇宙から天体が消滅したとき、それが、「失敗した超新星」か? 「エイリアンの建造物」のどちらかか? なんて、メチャクチャロマンティックでは?
もっとも、この研究論文執筆者マーティン・ロペス・コレドイラは、「これらはいずれも地球外の知能の存在の直接的なサインではない。我々は、それらが天体物理学による現象だと信じている」と述べているとか。
どうあれ、この「VASCOプロジェクト」の研究者たち、「100個の消失した宇宙空間の物体をさらに調査する必要があると考えている。そして、さらに消滅したかもしれない12万5000個以上の宇宙物体を調べる予定だ」と言っているから、生きている間にもっと何かが奇跡的にわかるかも?

Looking up at the night sky, I can hear the voice of “Wanna go home”from a living entity outside the solar system(夜空を見上げていると、太陽系外の生命体からの「Wanna go home」という声が聞こえてくる気がする)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード