Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

We must not forget that schools and hospitals would be the hub of the new coronavirus pandemic(我々は、学校と病院が、新型コロナウィルスのパンデミックのハブになるということを忘れてはいけない)!

東仙坊、子どもが新型コロナウィルスに感染しにくいという中国の報道はかなり眉唾なのでは?と書き込んだとたん、我が国で3人ものの子どもの感染者が確認され、ビックリ仰天。
そして、少なくとも、その2人はその外国人(?)に人気の観光地であることが影響していると思える。
そこで、我が国の観光業者や観光地の小売業者の方々への声高メッセージをもう少し続けておきたい。
まず、イヤというほど肝に銘じるべきことは、3つ。
1つ目は、今、一刻も早く、この新型コロナウィルスのパンデミックを全身全霊でなんとか食い止めないと、中国人観光客だけでなく、他の外国人観光客まで来日しなくなるとイヤというほど認識すべき。
実際、1月24日、トロントで開催された食イベント「GROCERY INNOVATIONS CANADA」に来場していたカナダ人男性が、「日本にはよく行くけど、今年はしばらく行かない。新型コロナウィルスがアウトブレイクしている中国から、観光客が大挙押しかけているというのでは?」と明確に答えていたことでも、明らか。
そう、本物の旅人は、情報通。
その意味でも、観光客減少を嘆いている場合ではないということ。
そもそも、すでに何度も何度も味わっているように、基本的に「反日歴史戦」を仕かけ続けてきている中韓をアテにすべきではないと覚悟できていないこと自体が、ナンセンス。
これを機に、本気で外国人観光客に頼る発想自体を改めるべきなのでは?
思慮深い大人のほとんどいない我が政府のインバウンド4000万人達成目標などいう絵に描いた餅的お題目などに惑わされては、ダメ。
昨年3188万人の過去最高を記録したから今年はそれ以上をと言い出すこと自体、ピンボケ。
今回の新型コロナウィルスのようなイレギュラーバンドが起きるのが、世の中というものなのでは?
実は、それを的確に象徴するのが、イタリアの「水の都」ベネチア(ベニス)。
何しろ、住民約5万人なのに、年間観光客3000万人超のもはやテーマパーク的世界的人気観光地。
数字的には、インバウンド集客の大成功例。
ところが、観光客が押し寄せ過ぎて、すべてにバブル。
そして、そのシワ寄せが地元住民に集中。
そのせいで、年間1000人ずつ減り続ける地元住民が、観光客はベネチアを破壊する疫病でしかない、観光事業以外の商売が成り立たない、運河や歴史的建造物への負担が多すぎる、民泊の増加で家賃が高くなった、日常生活が阻害される、などと抗議デモ。
その結果、観光客の移動規制、一部車両の市内への乗り入れや一部地域への住民や常連の訪問者以外の立ち入りやクルーズ船の入港禁止、入場者数制限を実施。
そして、地球温暖化による高潮対策のために、総工費54億ユーロ(約6500億円)、年間維持費80億ユーロ(約9600億円)の可動式堤防を建設。
そのうえ、昨年5月、ベネチア市議会は、ついに観光公害対策の一環として公序良俗を維持するための条例を可決し、特定の場所における戸外での飲食、噴水での水浴び、公共の場で上半身裸になることなどまで禁止。
と、と、ところが、好事魔多し。
昨年11月、低気圧、「シロッコ」という南風、「高い水」である「アックア・アルタ」が運悪く重なり、歴代で2位となる水位187㎝を記録する高潮被害が発生し、ベネチア市内の85%以上がビジャビジャに浸水し、ほぼ壊滅状態。
そこへ、今回の新型コロナウィルスのパンデミック。
おかげで、2月8日からのベネチアの冬の観光の目玉である「ゲーム、愛と狂気」のカーニバルは、ガラガラ。
いみじくも、地元住民たちは、口々に、「これを機に、観光にオンブにダッコは止めよう。そうしないと、せっかくの歴史的な街が閑古鳥が鳴くテーマーパークになって消滅してしまう」と言っているのだが…。
どうだろう?
対岸の火事ではないのでは?
2つ目は、何でもいいからお金を稼ぐことを選ぶか?自分や大切な家族を選ぶか?の岐路に立っているのだともっともっと自覚すべきだということ。
また、昨年の訪日観光客全体数の3割を占める959万人の中国人訪日観光客のうちに団体旅行が占める割合は36.2%で、個人旅行が63.8%であるということは、いまだにかなりの中国人観光客が来日しているが、すっかり旅慣れたそれらの人々は、いわゆる人気観光地を避けているのだとそろそろ推察すべきだということ。
ちなみに、その中国人訪日観光客の滞在日数は、4~6日間55.2%、7日間以上43.3%。
どうあれ、中国人自体に責任がすべてあるワケではないが、相当の注意が必要なことだけは確かなのでは?

It must be time for older people to fully understand that their children and grandchildren are more susceptible to asymptomatic transmission and carry the new coronavirus(高齢者たちは、子どもや孫が無症状感染者になりやすく、新型コロナウィルスを媒介するということを十分に理解すべきとき)!

To be continued...



















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード