Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Why can't the out-of-focus government dismiss one misunderstanding of the Deputy Director of the Health and Strategy Office, who clearly testifies that Makoto Suematsu, President of the Japan Agency for Medical Research and Development (AMED), was pressured during the crisis(なぜ我がピンボケ政府は、この国難の時に、日本医療研究開発機構(AMED)末松誠理事長が圧力をかけられたと明確に証言している、健康・戦略室次長の勘違いオンナ一人を更迭できないのか)!

●厚生労働省、「NIID(国立感染症研究所)」、「新型コロナウィルス感染症対策専門家会議」が、ここまで朽ちてしまっている理由。

東仙坊、初動対応に自分たちのピンボケの不手際から失敗した厚生労働省の仕事は、その感染者の重篤化を断固阻止すること。
そのために、最悪の大パンデミックによる感染者数を想定した病床を確保するのが、唯一の命題。
それゆえ、自分たちがただただ予算を削ることに奔走し減らし続けてきた病床を再利用することに、可能な限りの一般病院に補助金を与え感染症病床を増加することに邁進することが使命。
そして、「NIID」に対症療法の派遣を命じつつ、市中感染の状況を少し知るための検査を少しでも増やすことが、最優先事項。
さて、そこで気になるのが、すでに開発販売されている次の新型コロナウィルスに対する装置や試薬の存在。
予算を4308億円も手にしたのだから、なぜそれを使ってパイロット検査でも実施しないのか?という疑問。
感染が顕著な地域の一般病院になぜそれらを与えないのか?
とりわけ、気になるのが、検疫を実行している空港でのその体制の不備。
それはそうだと思わないか?
特に、何も考えているのか? イヤイヤ、何も考えない昨今のジコチュウの甘い日本人らしく、こんな世界的状況なのに、EUやアジアやアフリカやUSAにノコノコ出かけで新型コロナウィルスに感染して帰国し、ダダ漏れして自宅に帰っているアンポンタンどもが、なぜかワンサカワンサ。
もちろん、それらに目を瞑っている我が政府の対応こそ、一番の問題だと百も承知しているが、なぜ帰国後2週間の自宅隔離を半ば強制できないのか?
我々日本国民は、他の国と違って、新型コロナウィルスに対し、国難として闘っていないのか?
そもそも、海外で感染してきたアンポンタン日本人約70人(?)もが、何で簡単に帰国し帰宅できているの?
空港で発見できたのが、なぜ約10人(?)なの?
それは、いまだにジャブジャブ入国させている外国人に対しても同じ。
どうだろう?
空港で、テントでも用意し、簡易検査をすべきときなのでは?
実は、それらを適切かつ的確に可能にする検査装置や検査薬がすでにかなりある。
◆オランダ(ドイツで上場)の試薬大手「キアゲン」、「通常の5倍に当たる約1万人分の新型コロナウイルス陽性判定のための新型検査機器『QIAstatDx analyzer』を輸入販売」開始。
何でも、専門技師ナシでも患者の検体を採取し、専用のカートリッジに挿入すれば、1時間という速さで判定できるとか。
また、メチャクチャ便利なこの装置、新型インフルエンザやSARSなど21種のウイルスを同時に判定できるうえ、精度はPCR検査と変わらず、1度に最大4検体までを検査可能とか。
即座に、この会社を、USA分析機器大手サーモフィッシャー・サイエンティフィックが、「キアゲン(従業員数5100人、売上高15億3千万ドル)」を約115億ドル(約1兆2300億円)で買収したことでも、その優秀さは歴然。
もっとも、これを可能にしたのが、「日本遺伝子研究所」の「リアルタイム One-Step RT-PCR法に対応した新型コロナウイルス陽性コントロール(2種/1セット¥25000)」という試薬をOEMで提供しているから。
ちなみに、それは、「ロシュ」も同じというから、超優秀。
◆「PSS(プレシジョン・システム・サイエンス)」は、「遺伝子検査装置を新型コロナウイルス検出装置の自社ブランド製品として販売」開始。
検体からのDNA抽出から検出までを一貫して自動化。検体に磁性体を付着させ試薬が入ったカートリッジ間の移動などを磁石で制御する自社技術で実現。
人手を介さないため、検査員の安全を確保。人為的ミスを防ぎ、検出精度が向上。
1台で2時間に8サンプルの処理が可能なうえ、パソコン1台で装置6台を制御でき、24時間稼働したら576サンプルを一気に処理。
しかも、1台の価格は約500万円。
試薬カートリッジは-20℃で保管する必要があるが、まもなく室内での常温保管が可能になるとか。
また、共同研究者である東京農工大学大学院工学研究院生命機能科学部門養王田正文教授と東京農工大学大学院農学部附属国際家畜感染症防疫研究教育センター水谷哲也教授が、核酸抽出からリアルタイムPCRとその結果の判定まで全自動化したこの「PSS」の「geneLEADシステム」が、新型コロナウイルス診断にも利用可能であることを実証しているとも。
◆「クラボウ」、「血液1滴15分で高精度判定できる新型コロナウイルス抗体検査試薬キット」を発売。
しかも、中国の提携先企業が開発した「イムノクロマト法(血中の抗体による判定法)を採用し、血液を1滴垂らすだけで、新型コロナウィルス感染の有無が15分で判明し、その正診率は95%というスグレモノとか。
感染の初期段階用「IgM」と、感染進行後用「IgG」の2種類があり、感染初期判定可能なうえ、偽陰性が出にくいとか。
また、その2醜類を併用するとメチャクチャ高精度とも。
さらに、いずれも10検体分入りで、価格はそれぞれ2万5000円。
すでに、中国での診療ガイドラインに採用されているとか。、
どうやら、これは、重慶医科大学の研究チームと重慶市のバイオ企業がと共同開発したもので、中国国家薬品監督管理局の緊急審査と承認も得ている中国初めての化学発光法による新型コロナウィルス抗体検査キットとか。
◆江蘇省無錫市にあるハイテク技術企業の専門家らが開発し、中国国立ウィルス性疾患管理・予防研究所が承認した「新型コロナウィルスを8分から15分で検出する簡易検査の販売」を開始。
どうだろう?
厚生労働省の不作為の作為をイヤというほど感じないか?

I am so tired of Shinzo Abe's blindness to see people, especially blindness to see women, because I had expected him so much with the elimination method(消去法でそこそこ期待していたからこそ、安倍晋三の人を見る目のなさ、とりわけ、女性を見る目のなさに辟易している)!

To be continued...


































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード