Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

What do you think that 17% of the USA people between the ages of 20 and 44 are infected(USAの20歳~44歳までの国民の17%が感染者であることをどう思うのか)?

東仙坊、これ以上、新型コロナウィルスのパンデミックについて書き込むことを止めようと決心している。
完全にグローバル化し、我が国の人間が持っていた世界に誇るべき矜恃をかなぐりすて、単なるおバカに劣化してしまっている国民がこれだけ増えてしまっているのだから、もはやこの戦争に勝つことなど絶対ムリと判断せざるをえないに他ならない。
ここまで見えてきても、明確に全面入国禁止を通告できない優柔不断(やっと対象国???を限定し実施しそうだが…)。
それどころか、出国に関しては、おバカ国民を相変わらず野放し状態。
まあ、我が国では、「リスク・コントロール」や「リスク・マネージメント」などは、とっくに死語のご様子。
それもこれも、指摘してきた通り、「戦争中なのに政争を続けている」アンポンタン政治屋どものテイタラクが原因。
「この期に及んでも、省庁利権争いをしている」大バカ官僚どもの作為が原因。
棚ボタ的金の儲けのチャンスと連日ウソ八百をTVカメラの前で並べている詐欺師同然のニセ医者どもの犯罪行為が原因。
その根本的思慮のなさを恥じ入ることなく、数字だけでわかったフリをして、このはるかに賢明な新型コロナウィルスを甘く捉え、フェイク情報を垂れ流し続けている幼稚な我が国のマスメディアどもの不謹慎が原因。
とりわけ、今や、東仙坊、毎日、イチロー代わりとして注目している、アンドリュー・クオモNY州知事、そして、アンソニー・ファウチ「NIH」が、「いつ終息する?」との記者たちからの執拗な質問を受け、「我々がそれを決めるのではない。そのタイムライン、タイムテーブルを決めるのは、敵である新型コロナウィルスの方だ」、「人間でそれをわかる人など誰もいない。それは我々のいつも一歩前にいる新型コロナウィルスに訊きなさい」と一喝するのを観ていて、マスメディアどもの劣化は、まさに世界共通、グローバルだな…とシミジミ。
ともあれ、平気でマスクなしで囲み取材をする大バカマスメディアのリポーター、そして、マスクもしないSPに囲まれ自己アピールのためにすぐ応じる大バカ為政者を観るたび、この国がガラガラと崩れ落ちる音が聞こえてくるようで、メチャクチャ憤懣やるかたない思い。
3月31日、日本全国で241人の感染者を確認したとか。
そして、東京で78人と、大阪で28人の最高記録を記録したとか。
それから、東京の78人のうち、10代以下が4人、20代が15人、30代が21人と、半分を超え、感染ルートが不明なのが、49人とも。
まあ、この最近5日間で、30代以下が164人と63%、40代以上の98人を大きく上回っているというから、それも、ある意味当然。
ちなみに、大阪でも、28人のうち、30代以下が、13人とか。
それにしても、そうでなくても何も考えなくなってしまっている我が国のおバカヤングどもを、ここまで理由なく自分たちはこの気持ちの悪い新型コロナウィルスに大丈夫と思い込ませた、おバカマスメディアどもとニセ医者どもの責任は、本当に晒し首、打ち首ものなのでは?
さらに、4月になると、東京都も大阪府も、連日のように、最多記録を更新続け、4月10日、あっという間の感染者数6190人、死者120人、退院者もたったの714人、そう、ほとんどが入院者で、5356人。
誇っていた1000人当たりの死者率も、0.8まで落ちる始末。
どちらにしても、今や、このデリンジャラスですばっしっこい不気味なコロナウィルスのアッシーくんやメッシーくんでしかない、我が国のおバカヤングども、次の正真正銘の医師たちの話に、命が惜しかったら、耳を傾けなさい。
◇国立国際医療研究センター忽那賢志医師
「世界で比較的ヤング世代で重症化するケースがあるということは聞いていたが、自分がこれまで治療に当たった30人以上のうち、40代前半で重い持病はなかったのに重症化した男性が確かにいた。その男性は最初の数日は発熱や咳の症状だけでしたが、1週間ほど経つと重症の肺炎で呼吸状態が急速に悪化し、人工呼吸器が必要になった。今、その男性は回復しているが、若いから自分は大丈夫ということではなく、重症化することはある。周りの人に感染させないために発熱や咳などの症状があれば必ず自宅で安静にして、カラオケやライブハウスなど、密閉した空間で人が密集し、密接な距離で会話などをする『3密』の環境を今の時期は避けてほしい。私たちは、あくまで、発症者のピークを後ろにずらし、医療のキャパシティを超えないように、カーブをなだらかにしていく必要があります。ピークは夏過ぎになるかも」
◇東京都立多摩総合医療センター清水敬樹救命救急センター長
この病気の恐ろしいところは、突然、重症化すると、気道切開、人工呼吸器、『ECMO』と一気に悪化すること。それこそ、半日の勝負になってしまうこと」。
ちなみに、この方も、「ECMO」治療、計約40人のうち約半分を救った医者の一人とか(?)。
◇ノーベル医学生理学賞受賞の京都大学iPS細胞研究所所長山中伸弥のHP
新型コロナウィルスとの闘いは短距離走ではありません。1年は続く可能性のある長いマラソンです。ウィルスとの闘いは、有効なワクチンや治療薬が開発されるまで手を抜くことなく続ける必要があります」
◇九州大学理学研究院教授矢原徹一
「新型コロナウィルスの流行はおそらく来年まで続きますが、欧米のような爆発的感染拡大を起こさないことが重要です。東京では今すぐ強力な行動抑制策を取る必要があります。そうすれば、約2週間は感染確認者が増え続けますが、そのあと減少すると予想されます」
◇東京都医師会長尾崎治夫の「東京都医師会長から都民の方にお願い」というfacebook。
「皆さんへのお願いです。いろいろな自粛活動で、経済がダメになるじゃないか? もう、家にいるのも飽きてしまった…。よくわかります。でも、今の状態を放っておいて、例えばイタリアのようになったら、経済はもっともっとヒドくになるのではないでしょうか? 皆さんの生活ももっと大変な状態になるのでは…。感染者の数が急増し始めた、今が踏ん張りどころなのです。なぜ感染者が増えているのか? 特に、大学生から40歳代の人、コロナに感染しても無症状か、軽いカゼだと思っている人が、アクティブに行動することが、その大きな原因と言われています。若くて元気な方、もう飽きちゃった。どこでも行っちゃうぞ…。もう少しガマンして下さい。これから少なくとも3週間、生きていることだけでも幸せと思い、欧米みたいになったら大変だと思い、密集、密閉、密接のところには絶対行かないよう、約束して下さい。お願いします。私たちも、患者さんを救うためにガンバります」

Japanese youth ! How do you plan to take responsibility if something happens to your parents and grandparents in your own selfishness(日本の若者よ!自分のワガママで親や祖父母にまさかのことが起きたら、どう責任を取るつもりなの)?

To be continued...








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード