Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Hell's story depends on money. Countermeasures against the unidentified new coronavirus also depend on the amount of black money diverted to the Ministry of Health, Labor and Welfare. That must be the truth about Japanese infectious diseases(地獄の沙汰も金次第。正体不明の新型コロナウィルス対策も、厚生労働省に迂回されるブラックマネーの額次第。それこそが、日本の感染症に関する真実)!

■東仙坊が提唱する、「With Corona(ウィズ・コロナ)」時代の「ASL(Active Smart Life : 積極的スマート生活)」

●これだけはしっこくて狡猾な新型コロナウィルスに対し、簡単に「ワクチン」が創れると思うのは、ただの人類の傲慢!!!

この新型コロナウィルスに対しての「ワクチン」で、本来なら、世界で最も期待できるはずなのが、我が日本。
それはそうだと思わないか?
かつて我が日本は、「ワクチン」開発のトップランナー。
「日本近代医学の父」北里柴三郎は、「破傷風菌」の培養に成功し、血清療法を確立。
その研究から、いろいろな「ワクチン」を開発。
1934年、大阪大学の敷地内に「日本国民を感染症から守る」という細菌学者の熱い思いと篤志家の寄付によって設置された、一般財団法人「阪大微生物病研究会(BIKEN財団)」が、「大阪大学微生物病研究所」の前身の研究所が行う微生物病の基礎研究を応用し、「ワクチン」の製造・検査業務を行い、パイオニア的な大学ベンチャーのビジネスモデルにより、数々の日本初のワクチンを産出、供給してきていて、世界で初めて「水痘ワクチン」開発に成功したというのでは?
そ、そ、それなのに、そんな輝かしい栄光と業績も、瞬く間に、凋落の一途。
それもこれも、「ワクチン」開発には巨額の投資が必要だから、失敗したら、巨額の赤字。
それゆえ、メガフォーマは目先の利益ばかりを追うようになり、敬遠がち。
さらに、平和ボケ日本が多産し続けるエセ人道派弁護士どもやカルト的市民団体などが、21世紀になると、やたら、「ワクチンの副反応問題(ワクチン接種による発熱や発疹などの生体反応、ごくまれに重篤化する場合も)」を取り上げるようになったので、ますます縮小。
気がつけば、我が国で、「ワクチン」開発に手を染めているのは、中小ワクチンメーカーや社団法人や財団法人ばかり。
そこで、先見の明もビジョンも皆無のおバカ厚生労働省、2006年、「ワクチン産業ビジョン」を策定し、ワクチンメーカーが発展していくための方向性を提示。
しかも、それは、中小ワクチンメーカーに、メガフォーマの「一部」として、もしくは、メガフォーマと「連携」して、事業展開することを要求するだけの虫のいい丸投げプラン。
「感染症防御は国家の果たすべき役割」と標榜して「ワクチン産業ビジョン」なるものを策定し、「危機管理の観点からも日本でワクチンを開発・生産する重要性」を説いていながら、このテイタラクなのだから、今回の新型コロナウィルス対策がまともにできないのも当たり前。
つまり、ドケチ厚生労働省が、その巨額資金を自分たちが出したくないから、メガフォーマにおっ被せただけ。
そんなことだから、せっかくの実現した「連携」も、最終的にその「提携」を解消してしまったとか。
例えば、「北里研究所」が「第一三共」と、国内ベンチャー「UMNファーマ」が「アステラス製薬」と、「日本ビーシージー製造」が「大日本住友製薬」と…。
象徴的なのが、「北里研究所」が「第一三共」のケース。
「第一三共」は、「ワクチン」の受託販売をしていたが、本格的に参入するために「北里研究所」と2011年合弁会社「北里第一三共ワクチン」を設立。
さらに、2012年、「ワクチン」大手のUKの「GSK」とも合弁会社「ジャパンワクチン」も設立。
その結果、2017年度には「ワクチン」事業の売上高が、420億円に上昇。
ところが、「北里第一三共ワクチン」が、2015年、国の承認規格に見合わない(???)「麻疹風疹混合生ワクチン」と「麻疹生ワクチン」を製造したことから、自主回収の憂き目。
そのために、219億円の減損を計上するハメになって、400億円の増資で立て直しを図ったもののウマくいかず、2019年、「北里第一三共ワクチン」は解散。
それによって、懲りた「ワクチン」研究の歴史が長い「北里大学」は、「ワクチン」よりも治療薬の開発を優先するようになったとか。
北里生命科学研究所感染制御研究センター花木秀明センター長は言っている。
「『ワクチン』開発には時間がかかる。北里は『ワクチン』のことを知っているからこその判断。まずは治療薬を開発し、時間的余裕ができたうえで、第2段階が『ワクチン』になる」。
その精確ではない副反応問題で解散したのは、「ジャパンワクチン」も同じ。
何でも、例のいまだに謎の多い「子宮頸ガンワクチン」の「サーバリックス」の定期接種を中止され、2019年解散するしかなくなったとか。
どうだろう?
こうなると、金の亡者の厚生労働省のアンポンタンどもに、「第一三共」、金を渡さず怒らせたのでは?とついつい穿ってみたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。

The reason why the world is rushing to develop a new coronavirus vaccine for each country must be not to save humanity and its own people, but to make up for their own economic losses at once(世界中がそれぞれの国ごとに、新型コロナウィルスのワクチン開発に躍起になっているのは、人類や自国民を救うためでなく、それによって一気に自国の経済的損失を補填しようとしているため)!

To be continued...

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード