Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

I wanna believe that a genuine Japanese person who is tough, disciplined , and has a calm mind wouldn't wanna be infected with this new coronavirus even if he died(心身ともタフで修養があって心穏やかな本物の日本人なら、死んでもこんな新型コロナウィルスに感染したくないはず)!

■東仙坊が提唱する、「With Corona(ウィズ・コロナ)」時代の「ASL(Active Smart Life : 積極的スマート生活)」

●これだけはしっこくて狡猾な新型コロナウィルスに対し、簡単に「ワクチン」が創れると思うのは、ただの人類の傲慢!!!

そもそも、東仙坊、どこかでも触れたが、今回のテーマでの書き込みを始めた一番の動機は、世界一のお人好し国家である我が国が、性悪説しか信じない生き馬の目を抜く経済戦争真っ盛りの現実世界で、ノホホンと国際協調とか、クソの役にも立たないおバカ集団の国際機関をこのまま過信続けていていいのか?と警鐘するためである。
それは、今回の新型コロナウィルスでの「ワクチン」開発に関しても、全く同じ。
世界が経済活動を停滞させてしまえば、自分たちがラクして喰えなくなると憂慮した世界の大バカマスメディアどもが、その経済活動救済のために考えたのが、「『ワクチン』幻想」の拡大、そう「ワクチン」さえできれば、再び好き勝手に人類が動き回るようになり、経済活動が再活性化するようになるという錯覚。
そのために、世界のほとんどのメインストリームメディアが、日々、バラ撒いているのが、「フェイクニュース」の雨嵐。
とりわけ、それが顕著なのが、今や世界の嫌われ者国家でしかない黒社会国家中国。
今やEUを離散させようとしている傲岸不遜な自惚れ国家UK。
その両国に共通するのは、昔は「世界最強の覇権国家」だったという錯覚。
それと、裏舞台で巧妙に暗躍させているスパイどもの並外れたインテリジェンス能力。
中国が、日欧米など27ヵ国からの批判などに目を向けず、ジャスミン・マネーで53ヵ国もッ買収してあるからと、臆することなく「香港国家安全維持法」施行を強行。
これもそれも、経済発展さえすれば中国共産党政権も成熟し、国際社会と共同歩調を取るようになって民主化に向かうとマジに思い込んでしまった、日欧米の不作為と不見識。
なかでも、総額4兆円近いODAを供与し、「世界の工場」に育て上げ、2001年WTO加盟に尽力し、2010年GDPで世界第2位の経済大国にした日本の責任は甚大。
そのうえ、世界のクソの役にも立たない国際機関、WHOをはじめ、4つも自分たちの手先。
そして、傍若無人に南シナ海だろうと東シナ海だろうと、893根性剥き出しに、「オラー、何か文句あるのかよ」と恫喝しつつ、やりたい放題し放題。
それをそっと諫めようとしてくれているのは、大自然だけ。
40日間以上も雨を降らせ続け、約3800万人に被害をもたらせ、すでに約150人を死亡・行方不明にさせ、約224万人を避難させ、もしかしたら世界最大の「三峡ダム」まで決壊させ、北京まで水浸しにさせそう。
それなのに、いまだにそんな中国におもねり、デカップリングもできないのが、優柔不断で脆弱な我が日本。
その中国の大豪雨が、変則蛇行するジェットストリームに乗って、我が国に襲来することなど自明の理だったのに、対岸の火事にしか思っていなかったのか、事前対策を何も取らないテイタラク。
一体、我が国は、我が国の国民は、どこまで伸び切ったゴムになってしまったのか?
ともあれ、そんな中国よりも、昔からアクドイといえるのが、UK。
その阿漕な天才型スパイ活動は、他の国々を巧妙に罠にかけるばかり。
今なお、あれだけ自分たちの思う通りにEUをいじり回しておいて、一緒にやってたら儲けが少なくなると離脱を決めておいて、一向に手切れ金を払おうとしない傲慢さ。
それは、USAにウソの情報与えイラク戦争に踏み切らせたり、第二次世界大戦でも同盟を結んでいた我が日本を裏切りUSAに攻撃させたり、中近東グチャグチャにしたことでも明白なように、ほんとうに強かなヤツら。
もっとも、東仙坊、そんな中国やUKを避難しようというのでは、一切ない。
少しは、その強かさから学べ!と言っているだけ。
さて、「ワクチン」開発についてに、話を戻したい。
まず、そんなUKでのマスメディアどもの「ワクチン」報道。
◎4月25日、ガーディアン
「『ワクチン』が利用可能になった瞬間から世界全体の人々に『ワクチン』を接種するには、少なくとも1年かかる。世界に供給するには、多くの国から複数の『ワクチン』提供が必要になり、国際協力は必要不可欠」
◎5月6日、フィナンシャル・タイムズ、
「『ワクチン・ナショナリズム(国家主義)』の兆候がある。USAなどが自国民に優先的に『ワクチン』を提供するために国内の研究者、企業、生産者を支援している。1つ以上の効果的な『ワクチン』の発見と新型コロナウィルスの根絶は、世界的な協力によってのみ可能になる。EUはUSAに『ワクチン』を独り占めさせることを防ぐために、国際協力を急いでいる」
どうだろう?
中国やUKのウソっぽい臭い言葉には、やはり、どこか引っかかるところがあるのでは?

Our Japanese government must be vulnerable! Please stop saying sweet words such as international cooperation(脆弱な我が日本政府よ! そろそろ国際協調などという甘言を平気で言うのを止めなさい)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード