Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

The coexistence of modern humans and the new coronavirus couldn't be established simply by listening to their complexion and contacting China(我々現代人と新型コロナウィルスとの共生など、中国に接するように顔色を伺ってひたすらおもねっているだけでは、絶対に成立できない)!

■東仙坊が提唱する、「With Corona(ウィズ・コロナ)」時代の「ASL(Active Smart Life : 積極的スマート生活)」

●これだけはしっこくて狡猾な新型コロナウィルスに対し、簡単に「ワクチン」が創れると思うのは、ただの人類の傲慢!!!

◇抗体持続こそ、ワクチン製造の鍵
東仙坊、人類は万物の霊長だから、その身につけている約2兆個の「免疫細胞」が、40以上の「免疫システム」が、いかなる病原体にも対処してくれるに違いない、ましてや、脆弱なコロナウィルスなんか目じゃないと考える傲慢さこそが、人類の最大の問題なのでは?と危惧している。
それはそうだと思わないか?
40億年前の単細胞生命体の時代から、とりわけ、5.5億年前の「カンブリア大爆発」によって多細胞生命体の時代になってからも、その100分の1㎜とか1万分の1㎜の大きさぐらいなのに、堂々と繁栄し続けてきたバクテリアやコロナウィルスやウィルスが、たかが20万年ぐらい前に誕生した人類に、頭が高い!と思っていることは、自明の理。
それこそ、中国的な傲岸不遜な言い方をマネすれば、「キサマらはオレたちのモノだ」と言うに決まっていると思わないか?
実際、我々の人類のDNAの8%にウィルスの遺伝子が絡んでいて、人類のベーシックな生存マターである受精胎盤脳の記憶細胞がウィルスのおかげであるというのでは??
ということは、我々人類は、頭を垂れて、ウィルスに共存共栄をお願いするしかない立場なのでは?
そ、そ、それなのに、ワクチンさえできれば、この「世紀のスマートな新型コロナウィルスを打ち負かすことができると考えるなんて、トンデモナイ驕り、自惚れでしかないのでは??
「勝つと思うな、思えば負けよ」という先人の教えを忘れてしまったのか?
そう、今回の新型コロナウィルスに対しては、勝たなくても負けなければいいだけ。
何しろ、この「OPR3b」なる不可解な物質を持つ狡猾な新型コロナウィルス、ヒトの「インターフェロン(警報物質)」を20分の1にし、「見せかけの無症状」にし、感染力を拡大しているというから、敵うはずもないのでは?
それはそうである。
ヒトのカラダには、伝令の役目である「樹状細胞」に、直接、「キラーT細胞」に毒物質を放射させ、感染した細胞ごと殺害させたり、自爆攻撃を仕かけさせ、ドロドロのDNAを放出し、ウィルスを絡め取るとき、赤血球まで絡め取らせたり、「B細胞」に1万分の1㎜の「抗体」を乱射させたり、ニセの鍵を創らせたりもできる卓越した第二弾、第三弾の免疫システムがあるのに、コヤツら、それらを巧妙にくぐり抜けるというのでは?
まだある。
7月30日 、シカゴのアン・アンド・ロバート・H・ルリー小児病院テイラー・ヒールドサージェント医師率いる研究チームが、3月23日~4月27日にシカゴ市内の新型コロナウィルス患者145人(患者は軽症~中等症で、5歳未満46人、5~17歳51人、18~65歳48人)から、症状が出てから1週間以内に鼻の奥を綿棒でぬぐって採取した検体を調べた結果、「5歳未満の幼児の上気道には、5歳以上の子どもや大人の10~100倍の量の新型コロナウィルス遺伝物質がある」とUSA医師会発行の医学誌「JAMA小児科学」に発表したというのでは?
そう、新型コロナウイルス感染症にかかっても重症化しにくい幼い子どもたちは、他人に移すこともあまりないと今まで言っていたのに、間違いなく家庭や地域社会での感染拡大において幼児が重要な媒介者となっているということなのでは?
では、どう戦えばいいんだって?
戦う必要ななど一切ナシ。
ただ、負けずにスマートになって、自力で感染しなければいいだけ。
えっ、見えない感染者がいっぱいいるのにどうすればいいんだって?
誰も言わないから、東仙坊、明確に言わざるをえない。
まずは、外に出ないで、自宅にじっとしていて、見知らぬヒトと接しなければいいだけ。
それでも、外に出なければならないのなら、リスキーなヒトを徹底的に避ければいいだけ。
そんなことムリだって?
そうだろうか?
モラルも、マナーも、エチケットもなき、自己管理のできないヒトの顔って共通していて、傍若無人で、高慢で、ジコチュウな顔をしていると思うが、どうだろう?
とにかく、そんなヤツと、一緒に何かを食べながら話したり、一緒に汗をかいて話したり、泳いで話したり、大声で話し合ったり、歌い合ったりしなければ、ほとんど感染しないと思うが、どうだろう?

No matter how depleted the assholes around the world are, even if they are selfish, why are they trying to infect themselves even if there is a clear way of not getting so infected(世界中いくら劣化した自分勝手な国民だらけだとしても、なぜこれだけ感染しない方法が明確なのに、自ら感染しようとするのか)?

To be continued...

 












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード