Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Do you feel that this new coronavirus is attacking the opponent who licks themselves(この新型コロナウィルスは、自分たちを舐める相手に襲いかかっている気がしないか?

■東仙坊が提唱する、「With Corona(ウィズ・コロナ)」時代の「ASL(Active Smart Life : 積極的スマート生活)」

●真のwin-win、共存共栄を新型コロナウィルスとの間で構築するには、相手をとことん知ることが一番大切!!!

◆新型コロナウィルスの比類なき今までにない独自の特徴
◇この新型コロナウィルスの、とことん我々ヒトを悩ます狡猾さと不可解さ
我々人類が、この「世紀のミステリアスな新型コロナウィルス」との共存共栄を考えるなら、そのデメリットとメリットを冷静に斟酌することから始めなければならないはず。
まず、デメリットは、明々白々。
誰が何と言っても、一番のデメリットは、ヒトにその姿を見せないままソッと近づき、ヒトが喜ぼうがイヤがろうが感染し、その命に関わるほどの病状を作ることは間違いない。
それは、いくら普段から、巨大地震に襲われるかもしれないとか、大洪水に見舞われるかもしれないとか、火山の大爆発に巻き込まれるかもしれないとか、交通事故に遭うかもしれないとか、気の狂った殺人者に襲われるかもしれないとか、突然大病に冒されるかもしれないなどとなんとなく意識しつつも、そんなことは考えたくないと日々適当に生きているヒトたちにとって、耐えがたい不条理でしかないはず。
いくら自分で納得できなくても、「自分の死とまともに直面させられる受け入れざるをえない現実」のはず。
その意味で、ヒトは、この間違いなく見えざる敵となった新型コロナウィルスによって、頭に銃を突きつけられ、ロシアンルーレットで遊ばれるようなものである。
それは、致死率などとは関係なく、感染してしまったヒトにとっては、冗談にならない「デッドorアライブ」
次に、この新型コロナウィルスが、今まで出現してきた他のコロナウィルスとは、明らかに違う動きをするということ。
今までのコロナウィルスたちは、ウィルス界の掟(?)や人類との協定(?)を守り、人種差別や男女差別やLGBT差別も決してせず、国境に縛られず、貧富の格差にも触れず、感染拡大をしていたはず。
そ、そ、それなのに、すぐそばにいるのに、どうやら感染するヒトと感染しないヒトを選別している動きをしているようなのである。
それだけじゃない。
一般的に肺疾患を引き起こすコロナウィルスは、今まで、ヒトの上気道や下気道で増殖していたのに、この新型コロナウィルス、直接、肺胞や唾液腺の周りで増殖するというのである。
そして、ヒトの「サイトカイン」が「サイトカインストーム」を起こしやすいヒト、東仙坊、そのヒトの持つ「HLA(Human Leukocyte Antigen: ヒト白血球型抗原)」のハプロタイプ、そう「さすまた」のカタチで感染するヒトを選別しているのでは?と勝手に思っているのだが、どうだろう?
ともあれ、そのいろいろな血管の中で血栓を作る「サイトカインストーム」なる過剰免疫を抑えれば、重症化しないはず。
そのことを、我々ヒトが、しっかりと頭に入れ、この限りなく恐ろしい新型コロナウィルス感染から自力で身を守ればいいだけ。
そう、呼吸が大きくなる食事を一緒に取ったり、一緒に歌い合ったり、泳ぎ合ったり、汗をかき合って、話をしなければいいだけ。
凄く簡単だと思うが…。
では、数少ない新型コロナウィルスのパンデミックがもたせてくれるメリットとは、何か?
それは、同じコロナウィルスの季節性インフルエンザの感染率を過去最低にまで抑止したこと。
実際、毎年、季節性インフルエンザによる直接、間接の死者数は、年間約1万人、2018~19年の感染者数も、約1200万人超。
それが、7月31日、中国国家衛生健康委員会が毎月報告しているインフル感染者数によると、他国に先立ち広範な行動制限を導入したせいか、月平均約29万人から9割強急減、2万3000人となったとか。
それだけじゃない。
「おたふくカゼ」、「麻疹」、「一部の性感染症(???)」の新規感染者が大きく減少したとか。
また、カナダのインフル監視システムもまた、最新の報告書でインフル感染者数が「異例の低水準」と報告。
UKやオーストラリアなどが週ごとに公表しているインフル関連データでも、同様だったとか。
さらに、サプアでも、季節性インフルエンザ感染者数は前年比83%の大幅減だとも。
ちなみに、おバカWHOも、季節性インフルエンザに関連する重篤な症例は、年間300万~500万人、最大50万人が死亡すると推計しているのでは?
どちらにしても、いまだに流行遅れのようなAIDS梅毒も蔓延させているおバカ日本人ヤングどもには、イイ警告なのでは?

It must be ironic that the countermeasures against the infection of the new coronavirus of young Japanese assholes are the preventive measures against sexually transmitted diseases(日本のヤングの新型コロナウィルスへの感染対策が、そのまま性感染症への予防対策になるところが、実に皮肉)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード