Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Why could we Japanese believe in a race that is willing to steal or deceive for money(金のためなら盗むことも欺すことも厭わない人種を、なぜ我が日本人は信じることができるのか)?

世界一のリアリティの欠如したお人好し国家日本では、安穏と日々を暮らしことに慣れ切ってしまっていて、ついにはたった20日間で10万人以上も死者が増加しているのに、新型コロナウィルス渦はまもなく収まると言い出しているから、本当に開いた口が塞がらない。
そんなピンボケぶりだから、この新型コロナウィルスなる「ニューモンスター」が、世界の覇権、イヤイヤ、世界征服を夢見る中国が創り上げた「人造ウィルス」などとは、これっぽっちも疑ってはいない。
そんな自国民を犠牲にしてまでそんなものを創ったりはしないとか、中国は「BWC(生物兵器禁止条約)」に批准しているからそんなことはしないとか、中国人は我々日本人を同じ東アジアの大切な隣国と思って大事にしてくれているなどとか、甘い思いばかり。
自国の一般大衆を戦車で平気で轢き殺せる尋常じゃない国だということをなぜすぐ忘れてしまうのか?
それは、台湾に対しても同じ、ほんの少しでも歴史を学べば誰もが知ることだが、中国の大陸国家が台湾の属国であったことはあっても、台湾が共産党一党独裁国家の属国だったことは一度もないはず。
それは、我が日本に対しても同じ。
マイク・ポンペイオが指摘したように、新型コロナウィルスのパンデミックの火を点けておいて「マスク外交」なる消防活動を手伝うようなことを言いながら、連日、我が国の尖閣諸島への領海侵犯を繰り返しているのでは?
さらに、それは、世界一の経済大国USAに対しても、同じ。
我が国のおバカマスメディアどもだけは、米中5G争奪戦とか、米中経済戦争とか、トンチンカンな報道に終始しているが、実のところは、「BC(生物化学)兵器戦争」、そして、それにともなう「Stealth War(ステルス戦争: 見えない戦争」、いわゆる「情報戦争」が勃発しているようなもの。
そのUSAのことに触れなくても、中国の陰険な「ステルス戦争」のやり口は、オーストラリアへの攻撃を見ていれば、明確。
やっと中国による独特の陰険極まりない人海戦術、留学生、就職マン、投資移民などによる国土乗っ取り計画に気づいたオーストラリア、中国のWHOの政治的操縦を敢然と非難。
5月18日、WHO年次総会で、EUと共同で、「公平で、独立的で、包括的であること。それらに応える新型コロナウィルスに関する『独立した調査』」を緊急動議を提出。
すると、それにEU、UK、カナダ、日本だけでなく、なんとロシアを含むアジア・アフリカ諸国など122ヵ国が支持。
それを受け、オーストラリアのマリーズ・ペイン外相が「国際社会の勝利」と宣言。
すると、中国は卑怯にもオーストラリアに即刻報復。
な、な、なんと「オーストラリアからの大麦に80.5%もの関税を課す」と表明。
どうだろう?
本当に小汚い戦法だと思わないか?
それで、東仙坊、脆弱な我が国の政府の対応に大憤慨…。
この「情報戦争」真っ盛りの中、せっかく世界一のインテリジェンス機関と言っても過言ではない「MI-6」を持つUKが、我が国に彼らが構成する情報機関「ファイブアイズ」、USA、UK、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの情報ネットワークに参加を要請してくれたのに、中国におもねってそれを躊躇したというのだから、何をかいわんや。
この国の救い難いボケぶりは、国が滅亡しても直らないのかも?
ここで、平和ボケの丸出しのおバカ日本人に、現在、ナノテクノロジー全盛のこの世界にどれだけの「BC兵器」があるかをちょっとだけご案内。
簡単に分類すると、「化学兵器」、「生物兵器」、「毒素兵器」の3種類。
その積極的な製造や開発に励んでいるのが、非人道的でも何でもありのロシア、中国、イラン、隣のキチガイの国など。
毒性が高く、効果がスピーディーで、防御が難しく、検出がされにくく、簡単に廉価で作成できるのだから、喜んで使う国があるのが、この世の中。
直近でも、8月20日、Puサンの政敵の44歳野党指導者が、朝に飲んだ紅茶の中に何者かが毒が入れていたために、モスクワ行きの民間飛行機のトイレ内で倒れ重体になっているというのでは?
1月20日、台湾訪問を計画していたチェコの上院議長が、謎の突然死。
すると、1月10日、在チェコ中国大使館が、チェコの大統領に、「中国に経済的利益を持つチェコ企業は、上院議長の台湾訪問の代償を払わなければならない」と脅迫状を送付していたというのでは?
もちろん、隣のキチガイの国は、2017年、金ボンボンの義理の兄をマレーシアの空港でVXガスで殺害しているのでは?
我が国だって、狂信カルト教団がアマチュアなのに独自に創ったサリンで残酷なテロを地下鉄で起こしているのでは?
えっ、いくらアクドイ中国でも、そこまではしないって?
そうだろうか?
増え続ける国民、環境汚染と自然災害で深刻化し続ける穀物不足、世界の工場化で減少し続ける農民、一人っ子政策のために減少する労働力、そして、ただただ何も生産しないのにメシを食い続ける長寿化した高齢者たち…。
どうだろう?
人口の人工的淘汰を企てたとしても何の不思議はないのでは?
何でもありの中国では?

Why do Japanese people remain silent about realistic “bio-chemical weapons” while crying for the eradication of empty nuclear weapons(我が日本人は、空虚な核兵器根絶を叫ぶ割に、なぜリアルな「生物化学兵器」には沈黙するのか)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード