Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Isn't it absolutely necessary for the people who handle things that destroy humankind to have the highest morals(人類を滅亡させるようなモノを扱うには、その扱う人々に最上級のモラルが絶対的に必要とされるのでは)?

◎USA生物遺伝学専門家・エボラウイルス研究家ライオンズ・ウェイラー
2月15日、彼は、断言している。
この『pShuttle』はウィルスに見られるが、生物には存在しない。この配列は、一般的に遺伝子組み換えを行うときに使われる。これは人の指紋のようなもので、人の指紋がそれぞれ異なっているのと同じように、生物の遺伝子の一部の配列も特徴的。特徴的な配列はそれぞれ違う。だから、『pShuttle』を挿入したことは、まるで絶対に消すことができない人工的な痕跡を残したということでしかない。そう、だからこそ、この『中共ウィルス』について、90~95%の確率で『ラボ・イベント(lab event : 人為的にウイルスを改造する実験室)』によって引き起こされたと結論できる」と董宇紅の結論に同調したのである。
それを受け、USA政府の「OSTP(科学技術政策局)」は、科学者や医療研究者宛てに公開書簡を送って、「『中共ウィルス』の源を迅速に解明するよう」要求。
それはそうである。
「中共ウィルス」の大パンデミックはメチャクチャ深刻で、人類の目の前に突如に現れた災いでしかないのだから。
とにかく、この「中共ウィルス」の生物学的特徴、感染ルート、遺伝子断片、毒性の強さなどはまだほとんど未解明。
それどころか、この「中共ウィルス」による動物実験や臨床研究においても、データが混在していて不明な部分が多すぎるのだから…。
ともあれ、ここで、遺伝子操作や遺伝子組み換えテクノロジー、バイオテクノロジーにおいて少々触れておきたい。
過去数十年来、科学者たちは、さまざまな遺伝子組み替え技術を通じて、ウィルスを改造したり、ウィルスを再集合させたり、いろいろ弄くり回して、新しいウィルスや新しいワクチンを生成してきた。
そして、その治療のために、有益と思われる(?)タンパク質をヒトの体内に勝手に入れてきた。
その代表格が、バイオテクノロジーによって作られた「キメラウィルス」。
研究者は、野生由来のウィルスにある毒性の高いタンパク質を、すでに知られたウィルスの中に結合させてから、その後、遺伝子組み換えによって生じたタンパク質や新ウィルスの毒性を調べるもの。
そのとき、もし新しく作られたウィルスの毒性が想像より強かった場合、何を考えるのか?
もちろん、その新しいウィルス自体、人類の圧倒的脅威に他ならないはず。
実際、2015年、USA分子生物学者リチャード・エブライト博士は、「ウィルスの遺伝子組み換えによって新しいウィルスを生成したことは、実験室で新しい非自然のリスクを作り出した」と警告する論文を「ネイチャー」に発表しているのでは?
では、なりふり構わず世界制覇を夢見る黒社会国家の中国がそんな恐ろしいウィルスを生成したら、どうなるのか?
そもそも、遺伝子組み換えのバイオテクノロジーでSARSワクチンを生成しようとしていたのだから、それにエボラやHIVのウィルスを加えたりしていたら、何か恐ろしいウィルスができるのもこれまた当たり前なのでは?
ただし、問題はそんなモノを開発する以前に、人間として絶対不可欠なモラルを保持した人間たちにの手によって完全管理された中で扱うべきなのでは?
無論、その開発の目的が人類の未来のために有益なものであることも絶対必要条件。
どうだろう?
今の中国にそんなモラルがスプーン一杯でもあると思う?
そう考えると、異常なほどのヒトからヒトへの強い感染力、高い致死率、今回の正体不明の新型コロナウィルス、誰が考えても中国製と思うのがごく自然なのでは?
そうでなくても、飛沫感染、接触感染、エアロゾル感染となんでもありのうえ、遠距離伝播するエアロゾル感染なんて、今までのウィルスの途轍もない長い歴史の中にもなかったのでは?
しかも、マスクを着けていないと、数10秒の接触で感染するとか、無症状感染、母子感染まであるなんて、超スーパー・コロナウィルスであることは間違いないのでは?
それより何より、今までのありとあらゆるウィルスは、症状が現われてから、他のヒトに移していたのでは?
そう、症状が現れるということは体内にあるウィルスの毒性がピークになっているということだから、それが当然。
そ、そ、それなのに、潜伏期間内に他人に移すウィルスなんて本当にありなの?って言いたくならないか?
つまり、どこに感染者がいるのか、お互いに知るヨシもないなんてあんまりなのでは?
しかも、感染者に「サイトカインストーム」まで起こさせるなんて、ウィルスの風上にも置けない「気の狂ったコロナウィルス」なのでは?
逆説的に言えば、「中共ウィルス」ならばこそなのでは?

Isn't it extremely natural to think that something that works unnaturally is not natural but artificial(あまりぬも不自然な働きをするものは、自然なものではなく人為的なものだと考えるのが、極めて自然では)?

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード