Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

The fragile Japanese government, which doesn't wanna make waves, might be threatening the Japanese people as if China were waging war more than necessary to protect China(波風立てたくない主義の脆弱な我が国の政府は、中国を守るために必要以上に中国が戦争を仕かけてくるかのように日本国民を脅かしているのかも)!

「中共ウィルス」の猛威は一向に衰える気配がないばかりか、ますます激化しているご様子。
これだけ世界中が劣化しているのだから、そうなるもの必然。
それにしても、その火をつけた確信的放火犯国家の中国には、恥という概念が微塵もないご様子。
東仙坊、「世界にゴメンナサイ」と一言も謝らずに、とぼけて世界中で消防士気取りで救援活動もどきをしていることには多少シニカルするだけでいられたけど、「自分たちのせいじゃない、自分たちは何も知らない、自分たちも被害者だ」と恫喝経済活動と軍拡に邁進し始めたことには、ついつい声高に、「いい加減にしろ! 恥を知れ!」と怒鳴りつけるだけ。
なかでも、中国共産党中央軍事委員会傘下の「中国海警局」が、機銃を装備した公船数隻で、「中共ウィルス」のパンデミックに必死になっていることを見て、連日のように領海侵入を続け、それを常態化し、「尖閣支配」を既成事実化し、実効支配に繋げようという「悪だくみ」を企てるなんて、言語道断のクソ国家。
そして、ときどき付近で操業していた日本漁船を追尾したりするなんて、我が日本の主権を踏みにじる最低の行為。
そ、そ、それなのに、実効支配していると豪語しているくせに、脆弱な我が日本政府は、「力による一方的な現状変更の試みに反対する」と小さな声で抗議するだけ。
そんな情けない対応だから、893国家はどこまでも893らしく、中国海警局は、ブログで「中国海警局艦隊が、中国の釣魚島(?)の領海内を巡視している(?)」と相変わらずイケシャアシャア。
中国外務省報道官も、「日本の海上保安庁の巡視船が違法な妨害を行った(???)。中国公船が違法操業の日本漁船(???)を法に基づいて追尾・監視した」と非難する傲慢さ。
どうやら、我が国のおバカ政府、今やこのグローバル化した世界では、軍事を「外交の道具」としか考えず、外交自体を「悪だくみ」と認識している現実をまだ理解できていないご様子。
どうだろう?
日本人なら日本人らしく、ノホホンと「世界協調」なんてのたまわっていないで、「世界は奸計だらけ」とイヤというほど肝に銘じるときなのでは?
えっ、「奸計」なんていう言葉は、自分に「関係」ないし、そんな言葉知らないって?
「奸計」とは、「姦計」とも呼ぶ「悪だくみ」のこと。
モラル減少化傾向が顕著な我が日本でも、docomo口座じゃないが、日常茶飯事なのでは?
どちらにしても、正真正銘の893国家の中国が、口先で1億回以上抗議したところで、行動を改めるような生やさしい相手ではないことぐらい、いつわかるのと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
そもそも、長年、尖閣諸島を賃借したままにして、国民の上陸を禁止し、島々を放置し、言葉だけの実効支配しかしてこなかったことが、中国につけ入るスキを与えたのでは?
それを、2012年、せっかく血税まで使って尖閣諸島を国有化したのだから、「平穏かつ安定的な維持」のためと世界に向かって正々堂々と掲げ、日本国領有の実態を世界に示すためにも、船だまりや灯台ぐらいは即刻整備すべきなのでは?
もしくは、自国を防衛するという強い覚悟や国家意思を持って、日本国民をどんどん送り込み、すべてを日本人らしい島々に活性化させてしまうべきなのでは?
あるいは、893国家の手法をちょっとお借りして、高さ約360mの尖閣一の高い山に高性能レーダーを設置して、排他的経済水域のはるか彼方まで中国船の動きを監視できるようにすれば、対中監視網が一気に充実するのでは?
えっ、そんなことをしたら、中国と戦争になるって?
中国はそこまで本当にバカなのだろうか?
893は、簡単に自分たちも損をする戦争などしないのでは?
東仙坊、中国が戦争をする気がないのを確信したのが、
2012年7月9日の中国共産党機関紙、人民日報系国際情報紙「環球時報」の次の記事。
「日本が尖閣諸島問題で中国と争っても、全く勝ち目はない。互いに報復し合おうではないか?」
そして、「1)巡航による主権行為を日本より多く実施 2)日本が1歩進めたら、中国は2歩 3)両岸4地(本土、台湾、香港、マカオ)による保釣(尖閣諸島を守る)活動を強化 4)経済関係に悪影響と脅かしつつ、海洋警察力を駆使し、ガマン比べの消耗戦に持ち込もう。また、威嚇発言を続け日本国民の動揺を誘う心理戦を展開しよう」
これを受け、2012年9月12日、USA海軍大学トシ・ヨシハラ教授が、USA下院外交委員会で、「中国が海洋警察力を動員して挑発するのは、小規模すぎてUSA海軍に手出しできない状況を作るためで、数で日本に戦略的疲労をさせるためだ。そして、『日清戦争末期に中国から盗んだ』というウソを繰り返して国際社会に信じ込ませる世論戦を展開するためだ」と証言。
どうだろう?
どこまでも基本的に893的ハッタリなのでは?
それに、我が日本は、世界最強の軍隊を保持する世界一の経済大国USAと唯一同盟を結んでいるのでは?
それだけじゃない。
我が日本も、世界3位の経済大国で、それなりの軍事力を保持しているのでは?
つまり、南シナ海におけるフィリピンとは大きく違うのでは?
実際、宗主国であるUSAが、「尖閣諸島に『日米安全保証条約』条約を適用する」と明言してくれているのでは?
どうだろう?
離島防衛の切り札と言えるUSA軍の垂直離着陸輸送機「オスプレイ」で空から尖閣諸島監視を常態化させることぐらいすべきなのでは??
東仙坊、いざとなればロシアだってそこそこ後ろ盾になってくれると思っているのが…。

If we Japanese could keep up with the most important morals and virtues as Japanese, why not give the Senkaku Islands and Okinawa to China(我々日本人が、日本人として最も大切な矜恃と美徳を棄てずにいられるなら、尖閣諸島だって沖縄だって中国にくれてやればいいのでは)?

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード