Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

I sympathize with the USA people who have no choice but to choose between a man who wasn't bought by China even if he was an amateur, or a sneaky man who is held down by Chinese money(ド素人でも中国に買収されなかったオトコと中国の金に首根っこまで抑えられている卑劣なオトコのどちらかを大統領に選ぶしかなくなっているUSA人たちに、同情している)!

将来、おバカな世間知らずで無知蒙昧な習近平の政敵に間違いなくなったはずの薄熙来の運命のプロセスは、次の通り。
①2012年3月15日、王立軍の責任を取らされ重慶市共産党委員会書記を解任、事実上の軟禁状態。
②2012年4月10日、重大な党規律違反があるとして共産党中央政治局委員・中央委員の職務停止。
③2012年9月28日、中国共産党党籍を剥奪。
④2012年10月26日、全国人民代表会議代表資格の取り消し。
⑤2013年7月、遼寧省時代の職務に絡んだ約2000万元(約3億2000万円)の収賄罪と約500万元(約8000万円)の横領罪、重慶市共産党委員会書記時代のUK人実業家殺害事件に絡む職権乱用罪で起訴される、そう、なぜか時間がかかって?
⑥2013年8月22日、山東省済南市の裁判所(?)で、裁判開始。
⑦2013年9月21日、無期懲役の判決。
⑧2013年10月25日、刑が確定。
どうやら、胡錦濤や温家宝と敵対していたものの、毛沢東型を目指していた点で同じ太子党の習近平とも懇意だったことが、逮捕が遅れた原因になったご様子。
ともあれ、コヤツが、不正蓄財した資産は60億ドル(4800億円)。
その資金源の1人が、「大連実徳集団」会長の徐明。
そのため、その徐明も懲役4年の判決を受け服役していたが、2015年12月、獄中でなぞの病死(?)。
また、薄熙来の兄は、2012年4月5日、大企業幹部を辞任せざるをえなかったとか。
ちなみに、谷開来の姉も大企業幹部。
さらに言えば、コキュでもあったコヤツ、妻と「臓器ビジネス」でボロ儲けしてて、それが表に出ることを中国当局が恐れたために、逮捕までに時間がかかったという話も?
まだある。
この薄熙来とメチャクチャ親密だった中央政治局常務委員&中央政法委員会書記の周永康も巻き込まれた。
コヤツ、胡錦濤や温家宝と対立していただけでなく、2010年薄熙来との習近平批判の録音が習近平にバレたり、自分の再婚で前妻の後ろ盾だった江沢民の不興を買っていたというから、当然なのかも。
2012年11月、薄熙来の処分に消極的だったと、中央政治局常務委員と中央政法委員会書記を解任されてしまったとか。
そして、トップを務めていた「CNPC(中国石油天然ガス集団)」幹部4人が取り調べられ、2014年3月末までに、周永康本人のほか親族や部下の持つ900億元(145億ドル)相当以上の資産を差し押さえられ、総額370億元の銀行預金を凍結され、総額510億元の国内外の債券や株式を差し押さえされ、約300軒のアパート、別荘、骨董品や現代絵画、自動車60台、現金などを押収されたとか。
それから、周永康の息子の周濱と協力関係にあった「四川漢龍集団」の劉漢が殺人罪などで逮捕・起訴されたとか。
また、2014年4月29日、周永康の側近、李春城元四川省党委員会副書記が党籍剥奪、公職追放。
2014年5月23日、「四川漢龍集団」主席の劉漢に死刑宣告。
2014年7月29日、中国共産党中央規律検査委員会が、周永康の「重大な規律違反」について立件、周永康の失脚が確定。
2014年12月5日、周永康の党籍を剥奪し、身柄を司法機関に移されたとか。
すると、土地開発で職務上の地位を利用リベートを受取り、事業計画に便乗し別件で起訴ズミの曲松枝(李春城夫人)など4人は合計3979万7597元相当(約7億9千万円)を不正会計などから利益供与された収賄、職権乱用で訴追されたとか。
2015年4月、周永康は、収賄、職権乱用、国家機密の漏洩の3つの罪で刑事訴追されたとか。
何でも、コヤツ、石油政策で直接蒋潔敏から73万1100元(約1千458万円)の金品を受け取り、呉兵、丁雪峰、温青山、周灝とそれぞれの関係と立場で便宜を図り、こちらからの謝礼は夫人の賈暁曄と子息の周濱が4人から別々に計約1億2904万元(約25億7千万円)相当を受け取ったとか。
そして、職権乱用は、党幹部の蒋潔敏、李春城と共謀し、周濱、周鋒、周元青、何燕、曹永正らが行った土地開発や事業計画に支援協力する見返りに21億3600万元(約425億円)の収益を家族で受取ったとか。
2015年6月11日、無期懲役の判決を受け、同時に、政治的権利の終身剥奪に個人財産没収をされたとか。
コヤツの国家機密漏洩罪の凄さは、2012年8月、北京での胡錦涛国家主席と北朝鮮の張成沢国防委員会副委員長の会談を部下を使って盗聴し、「張成沢が胡錦涛に金正男を後継者に就けようと思っている」と発言したことを掴み、2013年初頭にこの情報を金正恩に密告し金を受け取ったというから、ビックリ仰天。
これが、金ボンボンが張成沢処刑と金正男暗殺に繋がったというのである。
そ、そ、そんなことよりも、正義や人権を無視し、恥知らずにも、金のために魂を売った卑怯なクソッタレ、「チャイナゲート」モンスターと化したジョー・バイデン。
実は、この王立軍なるオトコが持っていた機密文書に、USA政権の名誉を棄てた神をも恐れぬ悪行と習近平政権をただただ助けるものがあったというのである。
しかも、それには、2010年から、中国共産党政権が、正確無比に中国国内のUSAの中国人スパイを摘発し、少なくとも30人以上を処刑し、CIAの中国における情報網を系統的に破壊したことの詳細なリポートがあり、そこにそれらの中国人情報提供者60人あまりの名簿を、ジョー・バイデンが金で習近平に売ったと書かれていたというのである。
だからこそ、その代金が、中国政府から、ジョー・バイデンのバカ息子ハンター・バイデンに払われていたというのである。
そう、このこそが、この10月19日、元ペンタゴンの不正規戦専門家でこの7月までUSAのNSC戦略計画部長だったリッチ・ヒギンスが、「反逆罪? ハンター・バイデンが、2010年から、中国共産党から現金を受け取っていた」とtwitterした理由。
どうだろう?
ジョー・バイデンなるトンデモナイのアンポンタンを大統領にするかもしれない我々の唯一の同盟国USAの腐り方も、ハンパじゃないでは?
その意味では、もしかしたら893国家中国よりも劣悪なただのマフィア国家なのかも?

The greatest anomaly of the USA is that the anomalous mass media of the USA never pursue the big scandal that Hillary Clinton was funding the world's most crazy “ISIS”(USAのこのうえない異常さは、ヒラリー・クリントンが世界一気の狂った「ISIS」に資金提供していたという大スキャンダルをUSAの異常なマスメディアどもが一切追及しないこと)!

To be continued...




profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード