Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

The world should know more and more that China, a yakuza nation, would plan nationwide and carefully with regard to its unscrupulousness and evil(893国家中国は、どこまでもその不埒さ丸出しに、悪だくみに関しても国家を挙げて周到にプランするということを、世界はもっともっと知るべき)!

■中国での人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造と内部抗争でのその使用、そして、世界滅亡をもたらすその大パンデミック

●東仙坊がプロファイリングする人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造へのプロセス

○中国の武漢で、世紀のおバカ習近平が「中共ウィルス」なる生物兵器を使用した動機

◇習近平は、自分を傀儡としかみなさない江沢民派のゲシュタポども、王岐山・孟建柱・孫力軍の3人がジャマでジャマで仕方がなかった。
とりわけ、自分の弱味を知りすぎたうえ、自分のよりも能力がある王岐山が最大のジャマ者だった。
そこで、日々、どうやったら屈強なボディーガードどもに身を守らせている王岐山を始末できるかばかりを考えるようになっていた。
しかも、江沢民派どもにもバレないようにと。
そんなとき、自分の傍若無人な物言いですっかり怒り狂ってしまったUSAにパニックを起こさせ、それを助けることで頭を下げさせるために考案していた、「南普陀計画」に基づく生物兵器が完成したとの連絡が、中国人民解放軍「中国軍事医学研究院」と「武漢ウィルスP4研究所」から入る。
もちろん、抗ウィルス薬もワクチンも完成したとの連絡も。
そこで、おバカ習近平、おバカらしく一計を講じる。
そこまでに至るプロセスをポイントとなるデキゴトとともに、中国と世界、特にUSAの動向とともに対照しながら解析したい。
◇-①、2018年、「武漢ウィルスP4研究所」が稼働。
◇-②、その責任者に、USA微生物科学院正会員でもあるプロフェッショナル女性研究者、「バット・ウーマン」こと56歳の石正麗ではなく、陰の実父である王岐山副主席(?)と夫の威光を借りて、37歳で所長に就任したど素人女性研究者の39歳の王延軼が就任したことで、オンナ同士の言いようのない研究所内対立が自然発生。
それはそうである。
王延軼の専門は、病毒学でも微生物学でもなく、細胞生物学。
ちなみに、「武漢ウィルスP4研究所」設立の発案者が、江沢民とその長男江綿恒であっただけでなく、「中国科学院」の人事も、2人の独壇場。
また、15歳年上の王延軼の夫舒紅兵は、武漢大学副学長。
◇-3、「2013年、SARSウィルスと雲南コウモリのACE2を組み換え、人体のACE2と結合させることで呼吸器系感染症を発生できる
新たなウィルスを作成することに成功していた」石正麗たちが、2018年、SARSの宿主である浙江省舟山コウモリの「Eたんぱく」をAIDSウィルスの4つとゲノム交換し、コウモリから発見されたSARSウィルス酷似の「bat-SL-CoVZC45」&「bat-SL-VZXC21」に近い、スパイクたんぱくが「HIV-1 gp120」&「Gag」に酷似した「SHCO014-CoV」の合成に成功。
その結果、新しい4つのタンパク質の遺伝子挿入配列が、自然界ではありえない、HIV遺伝子配列の中にあるものと100%「中共ウィルス」を完成。
これらの技術開発に手を貸したのが、昨年12月10日ボストンのローガン国際空港から中国に21種類のUSAで厳重に保管されていたウィルスを密輸しようとしてFBIに逮捕された、ゲノム解析や細胞トラッキングにメチャクチャ有効なナノテクノロジーの世界的権威世界的権威でハーバード大学化学化学生物学部長チャールズ・リーバー教授。
人民解放軍中尉でボストン大学ロボット工学研究生だったイエ・ヤンチン
中国の生物兵器のプロフェッショナルである中国軍事科学院中国人民解放軍女性少将陳薇と生物兵器開発をしていて、昨年7月、
「武漢ウィルスP4研究所」に感染力が強く致死率の高いウィルスや病原体を密輸し、偶然SASコロナウィルスに酷似した「今まで見たことのないコロナウイルス」を手に入れた中国人留学生1人とともにカナダ王立警察に逮捕された、カナダのマニトバにある「国立微生物研究所」中国人研究者夫婦成克定&邱香果
2018年12月1日、ファーウェイNO.2孟晩舟副会長がカナダで逮捕されると、サンフランシスコの大学内で飛び降り自殺した、「千人計画」によって精華大学高等研究員客員教授と上海科技大学客員教授も兼任していた、スタンフォード大学物理学終身教授張首晟
実は、コヤツ、江沢民派の中国人民解放軍が経営する「ファーウェイ」とともに、USA人の遺伝子情報収集に邁進していたとか。
また、一説には、「ファーウェイ」の製品の「CPU(中央処理装置)」にすでにバグが組み込まれているとか(?)。
そして、「武漢ウィルスP4研究所」建造に尽力し、約束を破ってフランス人研究者を立ち入れなくさせた、上海科技大学学長江沢民の長男江綿恒と、中国赤十字会会長陳竺

Why does Japan deal with a false numerical economic power that even the people threaten their families and use as “human weapons”(国民さえも家族を脅迫し「人間兵器」として使うような偽りの数字上だけの経済大国と、我が日本はなぜつき合うのか)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード