Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Barbara Gine, Senior Marketing Director at Nike Japan, listen very carefully. The overwhelming majority of Koreans living in Japan wanna easily earn money, gain fame, and make the opposite sex the way they want in Japan's sports, and in that sense, it must be already the majority(ナイキジャパンのシニアマーケティングディレクターのバーバラ・ギネよ、耳をかっぽじってよくお聞きなさい。我が国のスポーツでラクして稼ぎ、名声を得て、異性を思いどおりにモノにしたいというヒトたちは、圧倒的に在日サプア人が多く、その意味で、とっくに多数派ですよ)!

■中国での人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造と内部抗争でのその使用、そして、世界滅亡をもたらすその大パンデミック

●東仙坊がプロファイリングする人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造へのプロセス

○中国の武漢で、「中共ウィルス」なる生物兵器テロが発生した背景─893国家ならではの容赦なき内部抗争

◇「鄧小平チルドレン」である「上海閥」江沢民派が考案した絶滅計画「難破船計画」にある「南普陀計画」は、本当に衝撃的なモノである。
東仙坊、いくら考えても、モラル皆無の金がすべての黒社会中国以外に、こんなことを本気で計画する悪いヤツらいないと思うのだが…。
利権を奪取するためには政敵を貶めたり殺害することなど当たり前であるだけでなく、自国民さえ道連れにさせることなど、朝飯前。
やはり、「天安門事件」こそ、中国の正体。
ともあれ、「倒胡計画」、「西山会殲滅」、「裏切り者虐殺」、「必殺27人リスト」を第一に掲げたうえで、「USAに対する生物兵器攻撃」、「国内の人口淘汰戦略」、「手間のかかる高齢者撲滅」、「ジャマな民族浄化」、「一帯一路拡大のための相手政府を骨抜き戦術」を本気で考えたようだから、あな恐ろしや。
ともあれ、それを考案したのが、フェニックスになった江沢民、その長男の[情報・通信閥]江綿恒、孫の江志成、[航空閥]王岐山、[教育閥]孟建柱、[公安閥]孫力軍、[電力閥]李鵬、[葬儀関係・保険閥]曽慶紅汪洋朱鎔基、そして、[エネルギー閥]習近平の面々。
では、その戦慄の「南普陀計画」がどう具体的に実行されたのか?
①王岐山が、朱鎔基の子分たちの協力を得て、国の財布を掌握。
②「太子党」の中でも、無知蒙昧で目立たない習近平を、「主席」に立て、自分たちの傀儡政権を樹立。
そして、念のために、江沢民派のゲシュタポの孟建柱と孫立軍が、習近平とその家族を24時間監視・追跡。
それゆえ、孟建柱は、「孟監国」と内部で呼ばれていたとか。
ともあれ、東仙坊、すでにかなり詳細に書き込んだが、胡錦濤派と「西山会」への攻撃は、メチャクチャセンセーショナル。
③2012年、令計劃の二男である23歳令谷が、半裸でフェラーリ458スパイダーで不可解な自損事故(?)を起こし、同乗させていた2人の半裸女性の1人とともに、事故死。
すると、令計劃は、中国共産党中央政法委員会書記の周永康の腹心を利用し、中南海警備担当の中国共産党中央弁公庁警衛局に現場を封鎖させ、隠蔽しようとしたとか。
それがバレ、2015年、政治協商会議副主席職務の停止&政協委員資格の剥奪、党籍・公職を剥奪。
2016年、無期懲役の判決。
それで判明したのが、一族郎党で、日本の三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行の口座とシンガポールの口座に、370億元(7000億円)以上の貯金がったこと。
特に、妻の谷麗萍名義で、京都市東山区に2軒の約600億円の土地と邸宅を所有していたこと。
CCTVテレビキャスター芮成鋼と愛人関係にあり、その愛人を通じ、中国の政治・経済に関する機密情報を海外に漏らしていたということ。
当然、妻の谷麗萍も山東省の青島で逮捕。
2014年、山東省の石炭利権を掌握していた山西省政治協商会議副主席の次兄の令政策も、法律と規律違反で逮捕。
2016年、ゴルフ界商人の末弟の令完成は、国外逃亡に成功し、USAのカリフォルニア州で亡命申請。
何でも、兄の令計劃から横流しされた中国の最重要機密資料約2700件も所持しているというから、興味津々。
ちなみに、コヤツの妻もCCTVのキャスター。
ところで、なぜ京都で、日本の銀行だったのか?
「西山会」に、元駐日中国大使館参事官で、発展改革委員会副主任&国家エネルギー源局局長の劉鉄男なるオトコがいたとか。
コヤツ、妻である郭静華が、多くの引退した国家指導者級党幹部の健康管理係だったことから、入会。
そこで、知り合ったのが、北京大学の産学連携企業の一つ「方正科技集団」CEO李友
コヤツ、胡錦濤主席のバックである「西山会」メンバーを取り込むために、贈賄三昧。
自社グループの情報部門子会社「方正信息公司」浦発銀行杭州武林支店口座から、それも、令計劃の息子の令谷名義の口座から、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行の令谷名義の口座に、100億元(約2000億円)をマネーロンダリングのために送金していたというから、我が国の大手銀行もメチャクチャいい加減。
ちなみに、逃げようとした谷麗萍に、日本へのパスポートや身分証に関する便宜を図ったのも、コヤツ。
また、コヤツ、中国の八大民主党派の中の1つで、「中国医薬衛生界エリート集団」の1930年に誕生した「中国農工民主党」党員。
もちろん、コヤツも、粛清されているが、それは後。
ところで、エネルギー事業を統括する国家エネルギー源局トップの劉鉄男も、2013年、「財経」羅昌平副編集長に「微博」で、「学歴詐称(日本の大学)、巨額資金詐欺、愛人脅迫(?)」で告発されアウト、2014年、10年間で3558万元(約6億3000万円)の賄賂を「トヨタ(!)」と「広州汽車」の合弁会社「広汽トヨタ」などを含む大企業から受け取っていたとして、無期懲役。
こうして、江沢民派が支配するエネルギー利権の管財人と思われていたオトコは、その裏切りから抹殺され、その利権をおバカ習近平にご褒美としてプレゼント。
そう、これこそが、「虎もハエも全て駆除する」とほざき、「腐敗一掃、汚職撲滅」を提唱する中国共産党の実態。
金、金、金がすべての893国家。

Ordinary Japanese are familiar with the fact that not only the sports world but also the music and movie worlds of Japan are full of Koreans living in Japan, just like the executives of the Chinese Communist Party(スポーツ界だけでなく、我が国の音楽界や映画界にも、まるで中国共産党幹部のような在日サプア人の方々がいっぱいなことぐらい、普通の日本人なら熟知している)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード