Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

I can't stop my anger, so I'd like to ask Nike. “What about a country where there are 13 people who have been able to lie to the Paralympic judo competition for the blind, lie about the victory, and get a bounty? Do you think? ”(怒りが収まらないから、ナイキにお尋ねしたい。「目の見えない人のためのパラリンピックの柔道競技に、目の見える健常者を大ウソをついて出場させ、優勝をかっさらって、報奨金を手にしたヤツらが13人もいる国をどう思うのか?」と)!

■中国での人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造と内部抗争でのその使用、そして、世界滅亡をもたらすその大パンデミック

●東仙坊がプロファイリングする人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造へのプロセス

○中国の武漢で、「中共ウィルス」なる生物兵器テロが発生した背景─893国家ならではの容赦なき内部抗争

◇政府・軍・諜報・経済・金融を牛耳る[上海閥]、[通信閥]の江沢民派による「南普陀計画」に基づく、「倒胡計画」、「『西山会』殲滅作戦」、「裏切り者抹殺計画」は、驚くほど徹底的。
そして、すでに100兆円以上の海外蓄財に加え、世界中に「チャイナゲート」を完成させているのだから、極めて簡単。
「西山会」の劉志軍を陥れた「高速鉄道の妹」なる山西省女商人、丁書苗、2014年、1788億元の違法取引で、懲役20年。
「西山会」の申維辰、1992年~2014年、山西省スポーツ委員会委員長、中国共産党中央委員会書記、中国共産党山西省委員会常務委員、宣伝部長、中国共産党太原市委員会書記、中国共産党中央宣伝部副部長、中国科学技術協会党委員会書記、副主席などの職務上の利便性を利用し、9541万元相当の収賄を受けたうえ、姦通をしたとして、2016年終身刑。
このように、「西山会」はズタズタ、胡錦濤派はほとんど雲散霧消。
象徴的だったのが、胡錦濤派の現役首相だった温家宝を、ほとんど手下と言っても過言ではない「ニューヨークタイムズ」を使って、貶めることに成功したこと。
2012年、「2人の子息名義で海外口座に27億ドルもの不正蓄財を行っている」と大々的に報道され、2013年、「ダイヤモンドの女王」と呼ばれていた妻、大手保険会社の大株主で天津市の土地開発に関与する資産家だった長男の温雲松など一族郎党とともに、オーストラリアに亡命。
おかげで、2018年、第1書記に賀軍科常務書記が選出されたが、党中央から、「貴族化や娯楽化(???)」の現象があると批判され、出世コースから外されるほど、現在、落ち目の一途。
それは、共青団トップの第1書記秦宜智が、食品の安全検査などを行う政府機関の副局長という降格人事をされたことでも、明白。
裏切ったヤツらへの報復も、まさしく893方式。
「重慶独立王国」の王様だった薄熙来──。
2012年、重慶市副市長兼重慶市公安局長として薄熙来が唱えた「マフィア撲滅運動」を主導していた薄熙来側近の王立軍が、USA駐四川省成都総領事館に駆け込み、USAへの亡命を要請。
そして、2012年の中国共産党第18回全国代表大会で中国共産党中央政治局常務委員会入りが既成事実化していた中国共産党中央政治局委員&重慶市共産党委員会書記の薄熙来の妻の谷開来が青酸カリで、2011年、数十億ドルの不正蓄財を海外送金を依頼していた愛人UK人実業家ニール・ヘイウッドを殺害(?)したことを中央政府に報告したために身の危険を感じたと暴露。
そのために、中国共産党は、コヤツを、重慶市共産党委員会書記から解任。
2013年、遼寧省時代の職務に絡んだ約2000万元(約3億2000万円)の収賄罪と約500万元(約8000万円)の横領罪、重慶市共産党委員会書記時代の職権乱用罪で、無期懲役の判決。
この話には、まだ不可解な点がある。
USAのゲイリー・フェイ・ロック駐中国大使は、王立軍の亡命要求をなぜか拒否。
そのために、2012年、王立軍も、収賄や職権乱用などの罪で、懲役15年になっているとか。
どうだろう?
この大使も、「マネートラップ」か、「ハニートラップ」にかかっていたか、本国のチャイナゲートからの命令があったのでは?
「中国の石油王」、「天文学的不正蓄財のキング」周永康──。
2012年、中国共産党は、「CNPC(中国石油天然ガス集団)」トップ周永康を、「薄熙来事件」において緊密だった薄熙来の処分に消極的だったと、中央政治局常務委員と中央政法委員会書記から解任。
2014年3月末までに、5つの省にある自宅を家宅捜索し、コヤツのほか親族や部下の持つ900億元(145億ドル)相当以上の資産、総額370億元の銀行預金、総額510億元の国内外の債券や株式、約300軒のアパートや別荘、骨董品や現代絵画、自動車60台、現金などを押収。
周永康の息子の周濱と、権力基盤である四川省の発電と観光分野で協力関係にあった「四川漢龍集団」主席劉漢を、殺人罪などで(?)逮捕・起訴し、2014年、死刑宣告。
2014年、周永康の側近、李春城四川省党委員会副書記を党籍剥奪、公職追放。
2015年、周永康は、収賄、職権乱用、の3つの罪で刑事訴追。
蒋潔敏から73万1100元(約1千458万円)の金品を受け取る一方、呉兵丁雪峰温青山周灝とそれぞれの関係と立場で便宜を図り、謝礼を夫人の賈暁曄と周濱ら4人で別々に計約1億2904万元(約25億7千万円)相当を受け取った収賄、蒋潔敏や李春城と共謀し、周濱、周鋒周元青何燕曹永正らが行った土地開発や事業計画に支援協力する見返りに21億3600万元(約425億円)の収益を家族で受取り14億8600万元(約296億円)に上る経済損失を発生させた職権乱用、国家機密漏洩で、無期懲役。
それにしても、判明した汚職に関わる金額だけで1千億元(約1兆7千億円)とは、あまりに中国的では?

Anything for money. The world might have become like China and South Korea now(金のためなら何でもあり。今や世界中がとっくに中韓のようになってしまっているのかも)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード