Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

China, a liar nation, still wouldn't do even let its minions WHO inspect Wuhan because there remains the possibility of finding evidence of their use of coronavirus biological weapons(大ウソつき国家中国がいまだに手下のWHOにさえ武漢を査察させないのは、自分たちがコロナウイルス生物兵器を使用した証拠が見つかる可能性が残っているから)!

■中国での人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造と内部抗争でのその使用、そして、世界滅亡をもたらすその大パンデミック

●東仙坊がプロファイリングする人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造へのプロセス

○中国の武漢で、「中共ウィルス」なる生物兵器テロが発生した背景─893国家ならではの容赦なき内部抗争

7〉2月4日、武小華なる女性整形外科医が、「武漢P4実験室では、自然界に存在せず、変異から生まれない人工的なウィルスを編集する実験を行っている。武漢P4実験室の研究生なら、誰でもできるほど簡単なもの。できない人は卒業できない。今回の『中共ウィルス』の原因はコウモリとの見方が支配的だが、コウモリから人間にウィルスが移る過程で、中間に一、二の媒介や変異がある。つまり、ネズミと霊長類との間で、ある種の人工的なタンパク質が関わっているワケだ。そうしたタンパク質を生成できるのは、ネズミを使って実験している実験室しかない。『中共ウィルス』は、石正麗主任らが作った」と「ウェイボー」で告発。
8〉2月4日、カナダのマニトバにある「国立微生物研究所」に所属するケニア人フランク・パルマーが、ケニアでのウィルス研究座談会に出席中、怪死。
実は、昨年7月、このケニア人研究者と同僚だった中国人研究者夫婦成克定&邱香果(抗体カクテルの「エボラウイルス治療薬ZMapp」を開発したことでカナダの「ザ・ガバナー・ジェネラルズ・イノベーション・アワーズ」を受賞)と偶然SASコロナウィルスに酷似した「今まで見たことのないコロナウイルス」を手に入れた中国人留学生1人の3人が、「武漢ウィルスP4研究所」に感染力が強く致死率の高いウィルスや病原体を密輸したスパイ容疑で、カナダ王立警察に逮捕される事件が発生しているのである。
しかも、中国の生物兵器のプロフェッショナルである中国軍事科学院中国人民解放軍女性少将陳薇と何か共同開発をしていたというのである。
これは、1月28日、昨年12月10日ボストンのローガン国際空港から中国に21種類のUSAで厳重に保管されていたウィルスを密輸しようとして、FBIに逮捕されたナノサイエンス分野における世界的権威でハーバード大学化学化学生物学部長チャールズ・リーバー教授の事件と同じくらいの重要な意味があるのでは?
9〉2月4日、中国国営マスメディアが、一斉に「『武漢ウィルスP4研究所』の実験用動物の管理は極めて杜撰。それは、もう1つのバイオセーフティレベル4(BSL-4: biosafety level-4)の生物安全実験室である『中国農業科学院ハルビン獣医研究所』も同じだ」と批判。
10〉2月5日、中国科学院上海药物研究所が、「この『中共ウィルス』にコードされている『Mproタンパク』の構造をX線解析で決定した」とPDBに公開。
「このタンパク質の構造を基に作用する薬をスクリーニング、30種の化合物に対して『Mproタンパク』の阻害活性が認められた」
「その12種は、HIV治療薬で、HIV治療薬(ロピナビルとリトナビルの配合剤である『カレトラ』)を用いたオープンラベルの治験もスタートした。『ORF1ab』と呼ばれるタンパクなど、いくつかのタンパクについてもすでにターゲットとなる低分子化合物薬も見つかっている。ウィルスも分離されており、すでに改変Vero細胞などを用いて、薬剤のスクリーニング、抗ウイルス薬やクロロキンなどに試験管内での効果がありそうである」という論文、「中国科学:生命科学」の英文雑誌に発表。
実は、その分析結果を、詳細に解析したインド工科大学が発表した論文。
『中共ウィルス』のSタンパクは、SARSのSタンパクの4つの構造を入れ替えたもの」。
「『中共ウィルス』のタンパク質が、 SARSと最も近い祖先を共有しているため、その2つのウィルスのタンパク質をコードする配列を比較したところ、『中共ウィルス』から、SARSウィルスにはない4種類のタンパク質、『GTNGTKR』/『HKNNKS』/『GDSSSG』/『QTNSPRRA』の挿入が発見された。挿入されたそれらの配列は SARSウィルスのタンパク質に存在しなかっただけではなく、コロナウィルスの他の種にも見られないものだ。ウィルスがこのような独自な挿入を短時間で自然に獲得することはほとんどあり得ない。この4種のタンパク質の挿入は、最近の臨床患者の分離株から入手可能な『中共ウィルス』のすべてのゲノム配列に存在している。そのうえ、すべての挿入が『ヒト免疫不全ウイルス-1(HIV-1)と一致する」
11〉2月8日、上海市民政局曽群副局長が、「現在の確定的な新型肺炎感染主要経路は、『直接感染』、『接触を通じた感染』、『エアロゾル感染(飛沫が空気中で混ざり合い微粒子を形成し、それを吸入することによる感染)』と判断される。一切の社会活動関連の会合を取り消すべき。窓を開けて頻繁に換気すべき。それは、0.01~100マイクロメートルの小ささで、明らかにSARSコロナウィルスを最小化したものだ」と公表。
12〉2月13日、露骨な証拠隠滅のために、武漢ウィルスP4研究所」を爆破

Immediately after the outbreak of this “Chinese virus”, I saw those sloppy Chinese masking, taking social distancing, and throwing banknotes into disinfectant, which must be an artificial virus I had an intuition(この「中共ウィルス」がアウトブレイクした直後から、あのいい加減な中国人たちがマスクをし、ソシアル・ディスタンシングを取り、紙幣を消毒液の中に投げ入れているのを観て、これは人造ウィルスと直感していた)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード