Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

In particular, the yakuza nation China should be criticized by the world just for betraying France, the USA, and Japan to create the artificial biological weapon “China virus”(特にフランスとUSAと日本を裏切って人造生物兵器「中共ウィルス」を創り上げただけでも、893国家中国は世界から非難されるべき)!

■中国での人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造と内部抗争でのその使用、そして、世界滅亡をもたらすその大パンデミック

●東仙坊がプロファイリングする人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造へのプロセス

○中国の武漢で生物兵器「中共ウィルス」を使用してしまった世紀のおバカ習近平の心理の分析

◇東仙坊、武漢で「中共ウィルス」をおバカ習近平が、ついつい使用しようと決断したのには、明確な理由があると確信している。
①すでに少し触れているが、「南普陀計画」に基づく生物兵器がついに完成したとの連絡が、中国人民解放軍「中国軍事医学研究院」と「武漢ウィルスP4研究所」から入る。もちろん、その抗ウィルス薬もワクチンも完成したとの連絡も。
まず、ここで、おバカ習近平のおバカさ加減が明白になる。
中国の科学者が、本質的に無能だということを全く認識していなかったことである。
②昨年、中国人民解放軍に、毎月、生物兵器対応のシュミレーションをさせ、実行準備に入る。
自分の傍若無人な物言いですっかり怒り狂ってしまったUSAにパニックを起こさせ、それを助けることで頭を下げさせてやる。一石二鳥だ。
イヤイヤ、それで、自分を非難する江沢民派どもを黙らせることができるから、まさに一石三鳥だとおバカ習近平はほくそ笑む。
昨年9月18日、武漢天空国際空港で、コロナウィルスが一例あったとのもとで緊急訓練を実施させる。
昨年12月、南京近くの軍港で、万が一、クルーズ船で感染症が発生した場合の軍事演習(?)をさせる。
③イジケタおバカ習近平は、自分を傀儡としかみなさない江沢民派のゲシュタポども、王岐山・孟建柱・孫力軍の3人がジャマでジャマで仕方がなかった。
主席である自分を小バカにして、主席である自分以上に、やりたい放題し放題。
とりわけ、自分の弱味を知りすぎたうえ、自分よりも能力があり、経済官僚としてもアジア金融危機やリーマンショックなど中国の危機を何度も救済し、内部での評価が高い王岐山が最大のジャマ者だった。
そこで、日々、どうやったら屈強なボディーガードどもに身を守らせている王岐山を始末できるかばかりを考えるようになっていた。
そして、そこそこ美人だった女房に雁字搦めにされている自分をさておいて、自分の好みのタイプのハリウッド女優范氷氷(ファンビンビン)まで王岐山が愛人にしていると知って、ブチ切れた。
本来なら、主席であるオレの愛人になるべきだ!!! もう許さない!!!
そんなとき、思いがけない情報が、おバカ習近平の耳に入ってくる。
④「武漢ウィルスP4研究所」所長である王岐山の隠し子の女性所長王延軼とそのメインの研究員石正麗との確執激化の話。
それと、王岐山が、武漢で臓器移植のために入院するという話。
そうでなくても、そもそも、「武漢ウィルスP4研究所」を管轄する「中国科学院」も江沢民派の牙城であるだけでなく、湖北省と武漢は、江沢民派の硬い地盤。
そこで、大きなトラブルが起きたら、困るのは江沢民派。
ましてや、「武漢ウィルスP4研究所」でだったら、王岐山の娘の王延軼の責任。
そして、武漢市書記と湖北省書記の責任。
そうだ! 王岐山を抹殺にするには、ヤツがそっと入院しそうな病院あたりに「中共ウィルス」を撒けばいいんだ。
もちろん、自分の一派には、事前にワクチンを受けさせておいて…。
おバカは、おバカなりに戦略を練った。
それには、「武漢ウィルスP4研究所」の女性所長王延軼と対立する石正麗の使っている新米研究員に誤って「中共ウィルス」を漏らしたことにすれば十分だ。
「天安門事件」を平然と起こせるお国柄の国、それによって犠牲になるかもしれない一般市民のことなど全く考慮しないのは、当たり前。
⑤東仙坊、今年の念頭に置ける「武漢ウィルスP4研究所」ヤング女性所長王延軼の挨拶に着目している。
2019年、『中国科学院武漢病毒研究所(武漢ウィルスP4研究所)』は、重要な責務に勇気を持って挑み(?)、担当してきました『生物安全大科学研究センター(???)』の活動は、重要な進展を見せました(?)。『生物安全大科学研究センター』の第1回理事会第1次会議を北京で開催し、国家衛生健康委員会、湖北省政府、中国科学院の3者が共通認識を持ち、『生物安全国家実験室』の建設を推進していくことになりました。湖北省の肖菊華女性副省長も、私どもの研究所を視察し、『生物安全大科学研究センター』建設を全力で支持していただけることになりました。新たな1年に入り、私どもは、党中央、国務院、国務院党組織の各決定を真摯に貫徹していき、科学技術のイノベーション能力を不断に引き上げ、『生物安全大科学研究センター』のさらなる建設準備の進展を進めていきます」
どうだろう?
少なくとも、王岐山も、その隠し子である王延軼も、念願の生物兵器「中共ウィルス」が完成していたことは、知っていたと思わないか?

Use the “Chinese Communist virus” for his own political opponents kill, eventually caused the large pandemic around the world, the Xi Jinping must be the history of mankind worst villain should scourge is down definitely(自分の政敵抹殺のために「中共ウィルス」を使い、結果的に世界中に大パンデミックを起こした、人類史上最悪の極悪人である習近平には、間違いなく天罰が下るはず)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード