Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Xi Jinping, speaking or not is why intelligent, must be that quite not study even science as well as history. Therefore, he couldn't even understand the incompetence of his own scientists(習近平が、なぜ聡明ではないかと言えば、歴史だけでなく科学さえ全く不勉強なことである。それゆえ、彼は、自国の科学者どもの無能さすら理解できない)!

■中国での人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造と内部抗争でのその使用、そして、世界滅亡をもたらすその大パンデミック

●東仙坊がプロファイリングする人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造へのプロセス

○中国の武漢で生物兵器「中共ウィルス」を使用してしまった世紀のおバカ習近平の心理の分析

⑨3月10日、ビビり屋習近平が、武漢を初めて視察。
やっとそれができたのも、間違いなくこのクソッタレオンナ少将、中国人民解放軍陳薇から、もう大丈夫と言われたからに違いない。
ともあれ、このクソオンナ少将がのたまわったことを、さらに、詳述。
現在、世界中の科学者たちが、それぞれの政府の支援で『中共ウィルス』ワクチンの開発を進めている。ただし、ワクチンの研究開発には固有のサイクルと規則性があり、この『中共ウィルス』の生物学的特性、病原性メカニズム、伝染メカニズム、そして、感受性集団については、現在のところ非常に浅くしか理解されていない。そのことからも、非常に早くワクチンが使用できるようになるという考えは現実的ではない。もちろん、非常に優秀な科学研究チームにより、予想よりも速く、そして、よりよいワクチンが開発される可能性を否定するものではない。1月28日には、ドナルド・トランプが、USAの科学者たちが 12週間以内に『中共ウィルス』ワクチンを開発すると発表している。 中国の科学者たちの開発速度も、USAの速度に劣らないものになることを期待している。しかし、ワクチンだけが「すべて」ではない。2003年のSARSの流行後、中国はコロナウィルス対する長期的な研究を続けている。より多くのチームがコロナウィルスの研究を続けている中では、ワクチンや薬剤よりもよい対策が見出させる可能性がある。変異に関しては、『中共ウィルス』がどれほど速く変異したとしても、コロナウィルスのカテゴリーに属し続ける。 現在、コロナウィルスに対してのビッグデータの研究が急速に進展している。新しい変異が現れたら、『バイオインフォマティクス(生物学のデータを情報科学の手法によって解析する技術)』、または、『ビッグデータマイニング(大量のデータを統計学や人工知能などの分析手法を駆使して見出すための技術)』により、一般的な標的抗原、病因、または、受容体を迅速に見つけることができる。 それによりワクチンの改善を迅速に導くことができる。SARS と比較して『中共ウィルス』は、より「狡猾」な感じがする。特に、潜伏期間中の隠れたキャリアによっても感染が起きるようだ。それぞれの疾患には新しい特徴があるが、対策としては、最終的に、病原体、伝染経路、影響を受けやすい集団という 3つのリンクを制御することに他ならない。隠れたキャリアによる感染を防ぐ方法としては、最も原始的な方法である「分離(人と触れ合わない)」ことが最良の方法。人と接触する必要がある場合は、1~5m以上離れてコミュニケーションをし、できるだけ早く手を洗って消毒し、手で目をこすったり、鼻や口に触れたりしないこと。中国はとても大きな国で、人口も非常に多いので、これを誰もがうまく行い続けるのは難しい。これには、グリッドベースの社会的管理が役割を果たす必要があり、すべての管理者は、まず自分たちの足場を維持する必要がある。今、すべての中国人が一緒に動く必要がある。現在、分離されている『中共ウィルス』のほとんどは薬物スクリーニング検査に使用されているため、現時点では、『中共ウィルス』が生体から離れた後で、どれくらいの期間生き残ることができるかに関しての実際のデータはない。例え、それが新しいウィルスであっても、これはコロナウィルスのファミリーであるため、コロナウィルスの基本的な特徴はあまり逸脱しないはず。SARSウィルスは、土壌、ガラス、金属、プラスチック、その他の表面で 2~3日間生存できる。この『中共ウィルス』は外部環境でも最大 5日間生存している。感染症との戦いにおける、いわゆる勝利にはいくつかの種類がある。最も大きなものは、根絶。これが最も理想的な状態であり、私たちの努力の目標でもある。しかし、人類の歴史で根絶された感染症は、迅速に根絶された天然痘とポリオなど限られたものしかなく、病原体が完全に根絶された例はほとんどない。新しい病気に遭遇したとき、私たちはそれを完全に排除したいと思い行動する。しかし、ときには、過剰な介入が病原体を刺激して急速に変異させてしまうことがある。したがって、『中共ウィルス』に対しての勝利がどのようなカタチになるかはまだ予測できないが、すべては進展している。多くの人たちは、『中共ウィルス』への戦いを中国の科学者たちにできると信じているが、しかし、実際には、いまだにその役割と権限は限られている。この『中共ウィルス』の流行によって得られた問題と得られた経験は、慎重に分類する必要がある。今後、我が国は、感染症流行のフィードバックプロセスを立法レベルから管理し、各部門の主な機能を明確に定義し、情報の開示とデータ共有が早すぎて不透明であることに起因する悪影響を排除すべき。さらに、ワクチンや特定の薬物がない場合は、病気のリハビリテーションをしている患者の血漿は、臨床的に特異的な治療のための最もアクセスしやすい資源となる。伝統的な中国文化は、深刻な病気の後の回復を提唱しているため、これまで多くの回復待ちの患者たちは、自分の血漿を提供することに消極的だ」
どうだろう?
コヤツがこの「中共ウィルス」を人為的に製造することに関わったことが透けてこないか?
そして、自国のボスが、自国のバイス・ボス暗殺に使用したことも知っているのでは?
⑩4月18日、かつて「パスツール研究所」に在籍していてアラン・メリューと昵懇だった、現在、「武漢国家生物安全実験室(?)」主任の袁志明が、「中国国際電視台」とのインタビューに、「『武漢ウィルスP4研究所』がウィルスの発生源になったというのは到底あり得ない」と言明。
実は、コヤツ、中国中国科学院武漢ウィルス研究所党委員会書記兼副所長、中国科学院武漢支部副院長、武漢ウィルス研究所学術委員会長、湖北微生物学会常務理事、中国微生物学会理事。
どちらにしても、昨年10月、ジョンズ・ホプキンス大学安全保障センター上級科学者エリック・トナーが、「致命的なコロナウィルスのパンデミックで、18ヵ月以内に、6500万人が死亡する」と警告した理由を訊いてみたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。

In any world or any organization, it must be an unchanging principle that if the boss is stupid, the people around him would have more trouble than others(どこの世界やどんな組織でもボスがバカだと、周りの人々が人一倍苦労することは不変の条理)!

To be continued...









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード