Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be exactly 5000 years of history that China freely manipulates “honey traps”(中国が「ハニートラップ」を自由自在に操るのは、まさしくその5000年の歴史)!

■中国での人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造と内部抗争でのその使用、そして、世界滅亡をもたらすその大パンデミック

●東仙坊がプロファイリングする人造ウィルス生物兵器「中共ウィルス」製造へのプロセス

○中国の武漢で生物兵器「中共ウィルス」を使用してしまった世紀のおバカ習近平の心理の分析

⑬「ファイザー」や「モデルナ」のUSA勢のワクチンが順調であることを聞けば聞くほど、おバカ習近平は、発狂するほど地団駄を踏んで、早くUSAからその技術を盗み出せ!と喚き散らしていたに違いない。
けれども、その動きをUSAは間違いなく察知していた。
7月、ドナルド・トランプは、「テキサスの中国総領事館が知財窃取の拠点である」と閉鎖命令。
そして、「180名ほどの中国人留学生らがFBIの捜査対象だ」と公表。
実際、サンフランシスコの中国総領事館に逃げ込んだ中国人女子学生(?)、家宅捜索で中国人民解放軍の制服を着た写真が見つけられ、軍人の身分を隠して入国していたことが判明。
さすがのツッパリ一辺倒の中国も、証拠を突きつけられ、渋々そのニセ女子大生を引き渡しに応じたとか。
どうだろう?
2018年、USA司法省が発表した「チャイナ・イニシアチブ」を思い出さないか?
産業スパイの絡む案件の実に8割に中国の関与が疑われるとして、FBIと連携して中国の情報窃取や経済スパイ活動に対処すると宣言し、留学生に偽装している中国人民解放軍のスパイなどを摘発するため、FBIが、USA国内の大学や研究機関を徹底的に調査。
もちろん、「千人計画」参加者も捜査の対象。
何しろ、8人の連邦検事で構成された専門委員会を作り、全米各地56ヵ所に支部を置き、1000人のFBI捜査官を動員したというのだから、本格的。
その結果、ここ3年に限ってみても、中国絡みの情報漏洩疑惑で逮捕されたテロリスト的アンポンタンスパイどもは、40人以上
石油などエネルギー関係の企業や研究機関を抱えるテキサスをはじめ、ハーバード大やMITの所在地マサチューセッツ、シリコンバレーのあるカリフォルニア、そして、USA最大の都市ニューヨークなどで、ゾロゾロ見つけ、なかには、ステルス戦闘機のデータを流出させたクソッタレもいたというから、実に由々しきことでは?
⑭893国家中国が、とりわけ、世界中でのスパイ活動で使うのが、「ハニートラップ」。
何でも、1972年、リチャード・ニクソン大統領が訪中し毛沢東主席と会談を行った後、西側諸国で中国人スパイによる「ハニートラップ」が活発化したとか。
その「ハニートラップ」計画は、中国各省の国家安全局によって実行されているとか。
しかも、各省ごとに担当する国があらかじめ決まっていて、上海市国家安全局はUSA、北京市国家安全局はロシア、天津市国家安全局は日本とサプアなのだとも。
2011年、フランスの情報機関である「DGSE(対外治安総局)」は、「中国当局が美人スパイを通じて企業情報を窃取し、フランス国民を脅迫している」と警告。
何でも、ある女スパイが、フランスの著名な医薬品研究者と性交渉し、その映像で研究者を脅迫していたとか。
2016年、MI-6が、「中国の女性スパイによる『ハニー・トラップ』はISISよりも国家安全保障にとって重大な脅威だ」と首相に報告。
何でも、「中国の女性スパイは政府の役人やMI-6工作員に色仕かけで近づき、機密や重要な情報を奪い取っている」とか。
そして、「『ハニー・トラップ』は、女性スパイが狙った男性を誘惑し、性的な関係を利用して、男性を懐柔、もしくは、脅迫し、機密情報を聞き出す諜報活動のことだ。この『ハニー・トラップ』は、中国にとってサイバー攻撃と並んで、機密情報を奪い取るための重要な手段でもある。中国のスパイは、諜報機関の関係者とその家族を狙うだけでなく、安全保障分野や諜報機関以外の元政府関係者にも積極的に接近するようになっている。特にターゲットになっているのは、中国本土や香港を訪問し、現地でビジネスなどに関わっている元政府関係者だ。中国は選りすぐりの美女(?)を何百人も育成し、元政府関係者らを誘惑。相手が誘惑にのってこない場合には、別の罠を仕かけて脅す。2008年、ゴードン・ブラウン首相が訪中し上海に立ち寄った際、首相の随行員がディスコに出かけ、その中の1人が魅力的な中国人女性と出会い、そそくさとホテルへ。すると、翌朝、自分の携帯電話がなくなっていたとその随行員は首相に報告したとか。そこで、2014年、UK国防省が、諜報機関の上級職員向け『中国のハニー・トラップ対策マニュアル』を策定。その手法は巧妙かつ長期的。中国人諜報員は食事と酒の有効性を知り尽くしている。中国の情報に対する貪欲さは広範囲かつ無差別だ。中国には諜報員が存在するが、彼らは国の諜報機関の命令によって動く中国人学生、ビジネスマン、企業スタッフの裏に隠れている。2014年、中国でのUK製薬大手「GSK(グラクソ・スミスクライン)」の汚職疑惑に絡んで、「GSK」中国責任者が自宅で中国人ガールフレンドとセックスしているところを隠し撮りされ、その動画がGSK役員らに送りつけられていた。USAでも、2013年、USA軍の最高レベルの機密情報にアクセスできる立場にあった元陸軍将校が、国際会議で出会った女性と2011年から恋愛関係となり、戦略核兵器の配備計画や弾道ミサイルの探知能力、環太平洋地域の早期警戒レーダーの配備計画といったUSA軍の機密情報を教えていたとか。もちろん、この元陸軍将校は国防機密漏洩の罪などで逮捕、刑事訴追されている。『MI-5』がまとめたリポートによると、中国の諜報機関は性的な関係や不法行為などの弱みにつけ込んで協力関係を構築しようとする。また、北京や上海など大都市にあるホテルの部屋は盗聴されており、利用客がホテルの部屋を出るまで監視されているとか」
⑮昨年、MI-5が、「中国当局は、『ハニートラップ』を仕かけ、UK企業のコンピュータネットワークにハッキングしようとした」と公表。
ちなみに、2008年にも、そのMI-5、「UKの治安当局者、銀行や企業の上級幹部に調査報告書を提供し、中国情報当局は、性的関係と他の違法行為を利用して、ターゲットに圧力を掛け協力を強要する」と警鐘していたとか。

Taking a family hostage and intimidating a video of sexual activity must be standard techniques for yakuza and mafia(家族を人質にすること、性行為の映像を隠し撮りして脅迫することは、893やマフィアの定番の手法)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード