Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

To be honest, I'm frustrated that Japan should focus on lobbying, espionage and propaganda to protect its national interests, following China and South Korea a little(正直、少しは中韓を見習って、我が日本も国益を守るためのロビー活動とスパイ活動とプロパガンダに注力すべきだとかねがね苛立っている)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国の企み通り、「中共ウィルス」を「世界の警察」を辞めてしまったUSAへの神からの無残な天罰にしてしまっていいのか?

○東仙坊がプロファイリングする、USAが本当にリバイタラズするためのか細く曲がりくねった小道

⑩中国のスパイどもに蹂躙され、魂を売った「チャイナゲート」どもと「ディープステート」どもが闊歩する腐り切ったUSA民主党政権の中で、我々日本が微かにでも期待できる「親日派」はムリでも、せめて「知日派」がいるか?
逆に、その存在が我が日本にとってかなりリスキーな「反日派」や「嫌日派」は、誰か?
東仙坊、必死に検証を試みた。
えっ、すでに超党派で中国に厳しい姿勢を貫き、中国企業の上場廃止を可能とする「外国企業説明責任法」の成立などで足並みを揃えてきたし、同盟国重視ってブチ上げているのだから、そんな心配は無用だって?
本当にそうだろうか?
「Black Lives Matter」の気運が高まっているのだから、黒人女性というだけで、「ズル賢いカマラ」を主役に立てた布陣で誤魔化そうとする陰険さ…。
クリスチャンではない東仙坊でさえ、「アーメン!」がヘブライ語で「そうなりますように」という意味だということぐらい知っているのに、式典でキリスト教メソジスト派牧師にさえ、性差別をなくすという意図なのか(?)、「アーウーメン!」という造語まで言わせる異様さ…。
就任初日に、「LGBT(性的少数者)の差別禁止」の大統領令を発出し、職場、学校、医療、住居など幅広い分野で差別禁止を徹底させ、生物学的には男(♂)であるトランスジェンダーの生徒に女子トイレ・更衣室の使用や女子スポーツ競技への参加を強制的に認めさせるというのだから、これまた異常…。
なかでも、 あれだけ「USAを『ユニティ』させることに全霊を捧げる」と宣言していたのに、よくまあ!と信じ難いのが、次の2つ。
1つは、翌日下院で可決した法律。
「『父』、『母』、『息子』、『娘』、『彼』、『彼女』など性別を特定した言葉は不適切だから下院で使用禁止(???)」
2つ目は、大統領令で、ドナルド・トランプが建国の歴史や理念を次世代に正しく伝えることで国民の結束を取り戻すと教育現場で蔓延する反米自虐歴史教育を是正のために設置した「『1776委員会』の廃止。
どうだろう?
これでどうやって「分断」を止めるの?と言いたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。
そして、USA民主党よりもその思い上がりと発狂ぶりが著しいのが、「twitter」や「Facebook」や「Amazon.com」の「Parler」など大手net交流SNS、ウォール街に跪くUSAのメインストリームメディアども、USA経済界。
事実、「フォーブス」までが、「ドナルド・トランプの元スタッフらを雇った企業は『ウソつき企業』と見なす」と脅かしているほど。
実際、USA経済界は、ドナルド・トランプを支持する共和党議員には献金しないと次々に発表しているのでは?
つまり、民主党政権に異論を唱えたら、社会的に抹殺するとSNS、メインストリームメディア、経済界は、国民を脅迫しているようなもの。
小説家ロジャー・サイモンが、まるで東仙坊のごとく、「USAが中国のコピーになりつつある」と言うのも、中国人スパイの養成所のハーバード大学ケネディ行政大学院初代院長グレアム・アリソンが、「USAと中国は『統合型双生児』」と言うのも、至極当然では?
それで、気になる話が、これ。
対アジア外交の専門家でジョー・バイデン副大統領の訪日と訪韓に随行したエバン・メデイロスの証言。
「ジョー・バイデンは、日本とサプアの仲介をしようとはしなかった。ジョー・バイデンは、お嬢さん前大統領と安倍晋三前首相の双方に歴史問題について持ち出し、双方柔軟で合理的であるよう促しはしたが…それだけだった」。
ついでに、似たような話を、2つ。
1つは、1月13日、上院民主党院内代表チャック・シューマー上院議員が、「サプア系USA人コミュニティに敬意を表す。ニューヨークはサプア人が多くなるほどよい都市になる(???)。これこそ私がいつも移民増加を擁護している理由だ。サプア人の移民者が多くなるほど私たちはもっとよくなる。連邦議会次元で在USAサプア人社会を支援する」と繰り返し強調したこと。
2つ目が、1月21日、マージョリー・テイラー・グリーン共和党下院議員が、「ジョー・バイデン新大統領の弾劾条項」を提出。
そして、「その弾劾理由は、副大統領時代に息子ハンター・バイデンがウクライナのエネルギー会社取締役に就任したことが権力乱用に当たる」とハッシュタグ「#ImpeachBidenNow(今すぐバイデンを弾劾せよ)」をつけてtwitter。
すると、翌1月22日には、そのハッシュタグをつけた10万件以上のre-twitterがあったとか。
ところが、そのほとんどが、推しアーティストの写真をシェアする「K-POPファン」からのtwitterだったとか。
そして、「#ImpeachBidenNowを乗っ取った」というtwitterも。
どうだろう?
確かに、サプア系USA人の「団結」は凄いのでは?
それで、わかったことが、1つ。
昨年6月、オクラホマ州タルサで開かれたドナルド・トランプ選挙集会が、選挙陣営の予想に反して会場がガラガラになったという話を大ウソつきUSAのメインストリームメディアどもが大きく取り上げていたことを覚えている?
実は、それも「K-POPファン」のヤツらが、net予約しておいて会場に現れなかったからだとか。
確かに、民主党にとって、サプア系USA人コミュニティは棄てがたいお宝なのでは?

In a world where money, money, money is poisoned by all market fundamentalism, we Japanese should be more aware that the act of believing in people must be always at stake(この金、金、金がすべての市場原理主義に毒された世界で、人を信じるという行為がいつも命懸けだということを我々日本人はもっと自覚すべき)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード