Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Yoshiro Mori, who was a literary tribe, a construction tribe, a total tribe, a long-term chief cabinet secretary, and a prime minister for a moment, was able to jump in the sports world so far because he continued to create “golden parachuting organization” of stupid athletes is there(文教族で建設族で通算族で長期間の官房長官で一瞬首相だった森喜朗がここまでスポーツ界で跳梁跋扈できたのは、おバカアスリートどもの「天下り組織」を作り続けたことにある)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国の企み通り、「中共ウィルス」を「世界の警察」を辞めてしまったUSAへの神からの無残な天罰にしてしまっていいのか?

○東仙坊がプロファイリングする、USAが本当にリバイタラズするためのか細く曲がりくねった小道

森喜朗なるブラック死霊を内々でひたすら根回しをし、金を配りつつ「2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会」会長の座につけたのは、ブラック妖怪のドン、内田茂…。
この不気味な2人の異様なほどの蜜月の始まりは、1999年の東京都知事選。
な、な、なんと石原慎太郎が、ブラック妖怪の成敗を掲げ、立候補。
それに危機感を覚えたブラック妖怪のドン内田茂が、森喜朗自民党幹事長に小判を並べ助けて!と直訴。
その小判の輝きと量の多さにブラック死霊は、ただただ感涙。
国連事務次長として世界の名を馳せていた明石康を自民党公認に擁立し徹底抗戦。
しかしながら、石原慎太郎がブッチ切りの勝利。
ブラック妖怪、思わず真っ青になるも、天が悪いヤツの味方になるのもまた世の常。
直後に、ラッキールーザーのごとく首相になった森喜朗のおかげで命拾いするどころか、ますます力を蓄えてしまったというのが、本当のところ
ともあれ、以後、もともと同じ穴のムジナの2人、ハコモノ造りと迂回資金作りに全面協力
それこそが、このブラック死霊をブラック妖怪のドンが会長にした理由の1つ。
もう1つの理由は、ブラック死霊の代議士になった直後からのバックボーンが、「大成建設
だからこそ、ブラック死霊は、ボート・カヌー会場の「海の森水上競技場」をゴリ押し
何しろ、招致時の69億円から1038億円になり、491億円に膨らんだその整備費の落札率が約100%。
しかも、「大成建設」のJVのみが入札し、その落札額は約249億円と予定価格より約31万円低いだけ

それでいて、風や波の対策が不十分なうえ、ボートとは海水で腐食し、最寄りのバス停から徒歩約20分と交通アクセスが悪く、首都圏のボート・カヌーチームの8割が拠点移転の意向がないというから、ただただ「大成建設」に発注したいだけ
事実、あのスッタモンダした新国立競技場も、10月4日、JSCが、「大成建設」のJVと約1490億円の工事契約を締結
そして、工事費とは別に、工事が計画通りに進んでいるかをチェックする監理費など約14億9千万円の契約も締結。
完成後50年間に必要な大規模改修費を含む維持管理費を、「大成建設」のJVが年約24億円
と試算。
ブラック死霊と「大成建設」とのこのうえない愛ある関係ではなく金の絡む関係がよくわかるのでは?
にもかかわらず、幼稚な我が国のマスメディアは、小池百合子東京都知事が宮城県のグルとか的外れなことばかり。
ブラック妖怪バスターは、まずブラック死霊退治を始めただけ。
それは、問題になっている他の施設も全く同じ。
バレーボール会場「有明アリーナ」の入札には、2つのJVが参加したものの、「竹中工務店」のJVが落札。
予定価格約361億円に対して、落札価格は約360億円で、落札率は99.82%。
それだって、176億円が、404億円という数字に膨大。
水泳会場「オリンピック・アクアティクスセンター」の入札には、3つのJVが参加したが、「大林組」のJVが落札。
予定価格538億円に対して、落札価格は約470億円で、落札率87.26%。
それだって、321億円が、683億円という数字に膨大。
そして、我々が着目すべきは、その「竹中工務店」のJV「大林組」のJVには、ブラック妖怪のドン内田茂が監査役を務める「東光電気工事」が参加していること。
そう、すべての錬金がブラック妖怪とブラック死霊の強力タッグで行われているということ。
だからこそ、施設整備費が増えるばかり。
実際、極めてアヤシイだけの「2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会」、最初は「施設整備費は全部自分たちが持つ」と言っておきながら、次は「新設は東京都、仮説は自分たち」と変更し、最後には「施設整備費は全部東京都負担」となってから、「施設整備費が当初見込みの3倍超の約2800億円と言い出したはず。
そして、結局、「東京都と国が公費で自分たちの損失補填しろ」と言い出したはず。
それだって、東京都の見積もりでは、約2241億円にしかならなかったはず。
どちらにしても、その金の亡者どもの伏魔殿の刷新こそが急務なはず。
そうでなければ、良識のある国民なら、オリンピック辞退も視野に入れるべき
そこで、利権があまり自分に回らないせいか、突然、麻生太郎財務相でさえ、「東京都とIOCで協議してもらうのが一義的なことだ(?)。東京五輪は『日本五輪』ではない。私どもとしては、入国管理などでサポートするのが基本的な立場だ」と言い出したことも、意味深。

There must be no small word such as “athlete first” in the head of the “black ghost”, only “private self-interest first”(「ブラック死霊」のコヤツの頭に、「アスリート・ファースト」などという言葉は微塵もない、あるのは「私利私欲・ファースト」だけ)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード