Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

When would the mass media in Japan, who are inviting the sponsors to host the “2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games”, take up the change in the venue for the Beijing Winter Olympics next year(スポンサーのために「2020年東京五輪・パラリンピック大会」を開催させようと誘導している我が国のマスメディアどもは、来年の北京冬季オリンピック開催地変更をいつ取り上げるのか)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国の企み通り、「中共ウィルス」を「世界の警察」を辞めてしまったUSAへの神からの無残な天罰にしてしまっていいのか?

○東仙坊がプロファイリングする、USAが本当にリバイタラズするためのか細く曲がりくねった小道

世界一のお人好し国家、イヤ、今や世界一のバブリーヘッド国家の我が国の幼稚なマスメディアは、せっかく本物の妖怪バスターである小池百合子東京都知事が、「オリンピック・ムラ」の、イヤ、「スポーツ・ムラ」の妖怪退治のために、国民や東京都民のための節税プランを実行してくれているのに、彼女を非難するかのような論調ばかり。
確かに、マスメディアのスポンサー不足は深刻。
しかしながら、「オリンピック・ムラ」や「スポーツ・ムラ」の税金浪費にまで加担するのは、あまりにも惨め。
水泳やバレーボールの競技人口が激減していることなど百も承知なのでは?
ましてや、ボートやカヌーの競技人口などどのくらいなの?
それでいて、何がレガシーだと思わないか?
それ以上に、マスメディアの極端な軽佻浮薄さが、我々国民や東京都民の金銭感覚をマヒさせているのでは?
もしかして、「億」という単位が、「万」の1万倍ということさえ知らないかのようでは?
もしマスメディアとっしての自負や責任を少しでも持っているなら、そろそろ、「FIFA」同様、汚職のメッカでしかない「IOC」、その手先でしかない「JOC」、そして、正体不明の「2020東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会」の会長が、なぜブラック死霊の森喜朗なのか?誰がいつどこで何の権限でコヤツを登用したのか?と追及すべきときなのでは?
どうあれ、「ハコモノ」で荒稼ぎしようとする恥知らずどもの何となりふり構わぬことか?
その意味で、いくら平和ボケの我が国民でも、いっそのことオリンピックなど中止してしまえ!とブラジル国民のように言い出すときなのでは?

ここで、ちょっとブレイク。
金のためなら何でもありの腐り切ったIOCが、もはや「2020が2021???東京オリンピック・パラリンピック大会」に旨味を感じなくなったのか、2023北京五輪に舵を取っていることを、ご存知か?
ジェンダーに関しあれだけほざいたくせに、ジェノサイドには全く触れないまま…。
どうだろう?
あれだけジェンダーで正義の味方を振りかざした我が国のマスメディア、日本人よ、特に日本女性たちよ、ここは北京五輪不参加の気概で声高にモノを申すときなのでは?
宗主国USAの下院でも、1月22日の上院に続き、2月15日、「IOCが北京に代わる開催地を見つけられなかったら、北京五輪ボイコットする決議案」が提出されているのでは?
そう、ブラック死霊とタメの悪辣な中国に対し…。
さて、もう少し昔のブログから続けたい。
東仙坊、ラグビーのワールドカップ2019日本開催のCFに出演している元アスリートへの違和感は、決してヨーコ・ゼッターランドに対してだけではない。
2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピック柔道女子63kg級で金メダルを獲得した谷本(鶴岡?)歩実も、同じラグビーのワールドカップ2019日本開催のCFに出演。
それで、再びググると、この女性も、公益財団法人「ラグビーワールドカップ2019組織委員会」評議員として列記されていて、公益財団法人「東京オリンピック・パラリンピック競技大会 組織委員会」理事(柔道)とも記されている。
そこで、初めて今回のワールドカップは、「JRFU(公益財団法人日本ラグビーフットボール協会)」が実施するのではなく、公益財団法人「2019ラグビーワールドカップ組織委員会」が主催するものとわかった。
その役員が決定したのは、2010年11月11日。
会長、御手洗冨士夫(社団法人日本経済団体連合会名誉会長)。
副会長、竹田恆和(JOC会長)
副会長、中村芳夫(社団法人日本経済団体連合会副会長・事務総長)。
副会長、森喜朗(財団法人日本ラグビーフットボール協会会長、現、公益財団法人『東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会』会長)
どうだろう?
こうなると、なぜ竹田恆和がJOC会長で、なぜ森喜朗が公益財団法人「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」会長なのか?と考えたくならないか?
旧皇族竹田宮恒徳王の三男、今上天皇のハトコでも、皇族ではナシ。
根っからの慶応ボーイで、馬術でオリンピック出場経験アリ。
現在、JOC会長、IOC委員、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長、国際馬術連盟名誉副会長(終身)、日本馬術連盟副会長、エルティーケーライゼビューロージャパン株式会社代表取締役社長(?)。
1974年10月22日午後5時ごろ、茨城の国体大会会場に向かう途中の茨城県稲敷郡新利根村で、対向車のライトに目が眩み(???)、歩行者の22歳女性を撥ね死亡させるも、国体出場を辞退し遺族との示談で解決したとか(?)。
えっ、ちょっと待て!と思うのは、東仙坊だけではないと思うが、どうだろう?
いくら示談が成立したとしても、コヤツが何の責任も問われなかったのは、メチャクチャ変なのでは?
しかも、すぐオリンピックに復帰したのも、実に倫理的に問題があるのでは?
そう、実は、コヤツは、JOC会長、IOC理事、IOC名誉委員、日本馬術連盟会長、日本スケート連盟会長、全国ラジオ体操協会会長、日本体育協会専務理事だった竹田恒徳、皇籍離脱前の竹田宮恒徳王の息子。
どうだろう?
保守的な茨城県警に忖度させたと考えるのが自然では?


The “2019 Rugby World Cup Organizing Committee”, of which Yoshiro Mori was the vice chairman, proved how the “Organizing Committee”, the evil spirits Group, gained interests(「組織委員会」なる魑魅魍魎団体が、どうやって利権を手にするかを証明したのが、森喜朗が副会長だった「2019ラグビーW杯組織委員会」)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード