Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

When the yakuza nation China becomes a wolf and bullies Japan, a country like a goat, it must be when political disputes within China are intensifying as usual(893国家中国が狼になって、子山羊のような国である日本をいじめるときは、いつものように中国国内での政争が活発化しているとき)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国を真っ向から非難し、再びUSAを「世界のローン・レンジャー」にしかかったドナルド・トランプの功績

○中国に明確な弱味を握られたジョー・バイデンが、まもなく中国を木のテッペンまで昇らせるに違いない

東仙坊、893国家による度重なる領海侵犯に向こうを刺激しないように「遺憾である」とか、「国際法に反する形で適用されることがあってはならない」などと繰り返すだけの我が政府の無様なモノの言い方に、メチャクチャ歯痒い思いを感じている。
確かに、我が日本のモノの言い方の伝統には、言葉をできるだけやさしく和らげるように伝えようとする美学があるが、こと893のごとくモラルなき傍若無人な相手には、そんな言い方は何も全く通じない。
何しろ、尖閣諸島は、歴史的にも、地政学的にも、中国が、尖閣諸島を一度も領有したことがないだけでなく、昔の中国が明確に日本の領有権を認めていた日本の固有の領土。
とりわけ、成立後100年にでしかない中華人民共和国が、領有したことなどただの一度もないはず。
それなのに、何の根拠もないまま、自分たちの領土じゃわいと強引に略奪しようとする無法国家。
それに対し、「やられたら倍返しするぞ!!!」と言えないばかりか、「仏の顔も三度までだぞ」とも、「堪忍袋の緒を切るぞ」とも言えないばかりか、「かくすれば かくなるものと 知りながら 已むに已まれぬ 大和魂」、「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」、「討れたる 吾をあわれと 見ん人は 君を崇めて 夷(エビス)払えよ」、「七たひも 生かえりつゝ 夷をそ 攘(ハラ)はんこゝろ 吾忘れめや」などとさえ言い返せない情けなさ。
せめて、「無礼に不謹慎に我が日本を恥辱し続けるなら、ナチスのようなキサマらを容赦しないぞ」と堂々と言い放って、世界中に尖閣諸島が我が日本の領土であることの物証を示し、「QUAD(クアッド)」やUKなどと連携し、「同盟国とともに『多国間外交』と謳っているじゃないか」と煮え切らないジョー・バイデンの背中を押すことぐらいはすべきなのでは?
とにかく、必要以上にビビって、893国家を怖がったら、その時点ですべてが終わりだと認識すべきなのでは?
そして、覚悟を決め、ただ黙ってやられたりはしないと宣言すべきなのでは?
えっ、中国は、さらに軍事費を増額し、そうでなくても100発以上の核ミサイルを日本に向けているうえ、16基ものICBMを設置したばかりだから、日本なんか一溜まりもないって?
本当にそうなのだろうか?
893が本当に武器を簡単に使うものなのか?
まあ、東仙坊、これだけ無防備な異常な日本、愛するがゆえに中国の属国になるくらいならな消滅してしまった方がイイと思うが…。
ともあれ、百歩譲って、中国が、本当に我が日本に戦争を仕かけたら、少なくとも、間違いなくその政権も終わりになるのでは?
なぜなら、そのくらい普通の中国人には日本好きが多いし、中国は日本ナシでは未来などないと確信するからに他ならない。
第一、中国製ミサイルなど、おからミサイルだと思わないか?
どちらにしても、我が国のインテリジェンス機関が無知蒙昧だとしても、もう少し中国国内の状況を推し量ることが急務なのでは?
そう、なぜ国際社会を敵に回してまで傍若無人な行動を止めないのか?
特に、いつも黒社会国家を助けてくれ続けている日本に、横暴なチョッカイをかけ続けるのか?
それは基本的に、習近平体制がかなり追い込まれている状況だからだと考えるべきだと思うが、どうだろう?
そう、内政で追い詰められると、中韓が習い性にしてしまっている世界一のお人好し国家日本に甘え、いつもの目眩まし手段。
東仙坊、すでに詳細に書き込んできているが、習近平vs王岐山はまだ完全決着がついていないのでは?
そうでなくても、「中共ウィルス」のバラマキを含め、横柄なおバカ習近平の失政は続いているのでは?
それを如実に指摘している論文がある。
それは、2月7日、エール大学教授やワシントンの大手研究機関AEIのアジア担当主任研究員などを務めてきたスタンフォード大学フーバー研究所アジア問題の権威マイケル・オースリン研究員が、ウォール・ストリート・ジャーナルに発表した、「ワシントンから武漢まで、すべての視線が習近平に」と題する記事。
「中国における『中共ウィルス』の大流行は、習近平政権にとって清朝が倒された辛亥革命ともなりかねない」。
「習近平は、自分の能力への評価が危機に瀕したことを知っている」
「『中共ウィルス』の爆発的な感染は、中国共産党政権の独裁の弱点の露呈である。感染拡大は習近平政権に内外での危機を招き、習近平政権の存続が問われるにも至りかねない」
どうだろう?
自分で「人造兵器」である「中共ウィルス」をバラ撒かせておきながら、おバカ習近平が、他の国から中国に持ち込まれたコロナウィルスだと躍起になっている理由がよくわかるのでは?
そう、王岐山派に、中国が作った人造兵器「中共ウィルス」をバラ撒いた張本人が、習近平だとバラされたら、中国から国外逃亡するしかなくなるはずだから…。

It must be time for us Japan to look at the current situation in the United States and China accurately, calmly and relentlessly like Japanese people(我々日本は、そろそろ日本人らしく冷静かつ怜悧に、USAと中国の現状を的確に凝視すべきとき)!

To be continued...
































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード