Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

If we gather China's internal circumstances more rigorously, Japan's position should become even more concise and clear, but the biggest bottleneck in Japan must be the atrocious Chinese bandits who don't let them do it(中国の内部事情をもっと厳密に集めれば、我が国の立ち位置は、もっともっと簡潔明瞭になるはずなのに、それをやらさせない我が国の内に入る媚中派の国賊どもが、日本の最大のネック)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国を真っ向から非難し、再びUSAを「世界のローン・レンジャー」にしかかったドナルド・トランプの功績

○中国に明確な弱味を握られたジョー・バイデンが、まもなく中国を木のテッペンまで昇らせるに違いない

◇王毅外相
「中国外交とは、中国共産党の領導のもとでの人民外交事業であり、中国共産党は当然、中国外交の主星である。中国共産党と国家から負託された中華民族の偉大なる復興を醸成するための良好な外部環境を整えていくのが中国外交である。外交活動の重大な政策決定や成果は、すべて中国共産党中央の全体統括と後方戦略のおかげである」。
ところで、彼には、中国から見て重要と思われる国や事項から質問を受けつける「暗黙のルール」があるとか。
そのせいで、彼への質問の順番は、今や準同盟の弟分(?)であるロシア、アフリカ、香港、USA、EU、中東、日本、ASEAN、台湾、中央アジア、インド、イラン、南シナ海、ミャンマー、ラテンアメリカ…。
つまり、中国から見た「重要度」では、日本は7番目。
まあ、それでも、存在すらしていないサプアに較べれば、まだマシか。
では、最新の共同通信記者の彼への質問。
「日中は昨年、中国の習近平国家主席の訪日構想があり、関係を改善しようという気運もあったが、最近、中国で『海警法』が出て以降、日本国内には中国に対する警戒感が高まっている。大臣はこれをどう考えているか? こうした状況下で、日本政府は今年7月に東京オリンピックを開催すべく準備中であり、北京冬季オリンピックも開幕まで一年を切った。オリンピックの方面で、日本との協力は考えられるのか?」
それに対する、彼の回答が、これ。
「ここのところ、中日両国のリーダーは双方とも『互いに協力するパートナーであり、互いに脅威を与えない』という重要な共通認識に達している。両国の国民は、コロナ対策で、『山川は異なれど、風月は同じ天のもとにある』という佳き話を反芻した。両国の貿易投資面での協力は、コロナ禍によるマイナス成長を克服した。こうした積極的な発展が示しているのは、中日関係の改善、発展は両国国民の利益に合致し、地域の平和と安定にも利をもたらすということだ。容易ではないが、大事にする価値があるということだ。中日関係は成熟し、安定したものに向かい、かつそうした状況を保持するべきであって、一時一事の影響を受けてはならない。例えば、アナタが今、言った中国が発布し実施した『海警法』だが、これは一種の通常の国内法であり、特定の国家を対象にしたものではない。かつ国際法と国際実務にも完全に合致するものだ。実際、日本を含む多くの国々が、類似する法規を以前から制定し、実施している。海上の争議は友好協商のもとに対処すべきで、武力を使用したり武力で相手を威嚇したりすべきでない。これが中国政府の一貫した立場であり、中国と周辺の隣国との間の長期的な共通認識でもある中日の往来に関して、何らかの問題が発生したなら、双方が対話と交渉を通じて理解を進め、相互信頼を築くことができる。日本社会が客観的、理性的な対中認識を真に樹立し、中日関係が先々まで安定していく利となる民意の基礎を真に打ち建てることを願う。まさにアナタが言ったように、中日両国は前後してオリンピックの開催を控えている。双方が完全に相互に支持し合い、ともに盛大に開催し、両オリンピックを両国民の友好を深めるプラットフォームにし、中日関係発展、促進の機会としていく。こうしたことは可能だし、またそうしていくべきだ。今夏は東京に集い、来年には北京で会おうとはないか」
どうだろう?
皇帝の座を狙う勘違い習近平が、その身勝手なプライドから、秋波を送れない代わりに、その代弁者が、万が一USAとの関係に決定的な亀裂が入った場合、安全パイの日本に頼ろうとしていることは、見え見えでは?
そして、できたら日本にUSAとの仲立ちをさせたいという思惑があるのでは?
それから、国賓として来日を実現したいと願っているのでは?
そう、自己保身のためには、何が何でも米櫃であるUSAとの関係の修復を図りたいのでは?
では、どうしてそこまでおバカ習近平が、USAと再びイイ関係になれると期待できているのか?
実は、おバカ習近平が、一番恐れていたことは、東仙坊、「クアッド」が「インド太平洋版のNATO」になることだったと確信している。
そして、ジョー・バイデンとの電話会談で、直接、それを質したところ、ジョー・バイデンから、そうはしないという言質をもらっていると見込んでいる。
だからこそ、トップ同士の会談でなくても、アラスカ会談で十分だと踏んでいるはず。
それだけじゃない。
USA国内に張り巡らせた「チャイナゲート」どもたちから、「揺れるUSA国民がかなり内向きで、大きな戦争をするような気運など全くない。事実、バラク・オバマも、ドナルド・トランプでさえ海外で武力行使を大々的しようとはしなかったし、ジョー・バイデンなどにそんな気持ちなど頭にない」と情報を得ているから、恐れるものなど何もない」と決め込んでいるはず。

The negligence of the Japanese government and Japanese private companies, who are trying to make money without being familiar with the domestic circumstances of other countries, must be worthy of death(他国の国内事情などに全く精通しようとしないまま、ノーテンキに金儲けに走る我が日本政府と我が国の民間会社の怠慢は、万死に値する)!

To be continued...








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード