Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be a complicated and mysterious part of the Yakuza organization called the Chinese Communist Party that they are clearly aware of each other's political opponents, but are familiar with the fact that they would disappear from each other if they fight seriously(明らかに政敵同士とお互いに認識していながら、本気で戦うとお互いに消滅してしまうことを熟知しているところが、中国共産党なる893組織の複雑怪奇なところ)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国を真っ向から非難し、再びUSAを「世界のローン・レンジャー」にしかかったドナルド・トランプの功績

○中国に明確な弱味を握られたジョー・バイデンが、まもなく中国を木のテッペンまで昇らせるに違いない

東仙坊、戦後、一切国防など憂慮せず、イヤイヤ、国防など世界一の軍事大国が代わりにやってくれるからと勝手に思い込み、とにかく、金、金、金、経済成長優先とお茶を濁してきた、情けなくてみっともない日本をメチャクチャ憂慮してきている。
しかも、何でも、金が解決してくれるとばかりに、「世界のキャッシュディスペンサー」になってきた日本を恥じてきてもいる。
それはそうだと思わないか?
その善し悪しは別にして、ここまでのグローバリゼーションの世界になって、明確になったことは、国民を、国土を、主権を大事にする独立国家なら、どんな小国でも基本的に国防を自分たちの手で死にもの狂いでやっているという事実。
どうだろう?
その意味では、我が日本も、中国同様、十分に異常な国と言えるのでは?
まあ、自国を襲撃するために飛んできたミサイルを当たるかどうかさえも確かではない迎撃ミサイルで撃ち落とそうとする…そうしたら、その迎撃ミサイルのブースターが住宅街に落ちる可能性があるからってイージス・アショア配備を中止にする世にも不思議な偽善独立国。
それはそうだと思わないか?
では、その飛来してきたミサイルは一体どうするの?
日本を消滅させるために撃たれてきているのでは?
それは、敵地攻撃能力を持つ軍備をしないと言い出すことも全く同じ。
どこかの国が我が日本にミサイルを発射しようとしている確かな情報を手にする…お互いにインテリジェンスや宇宙監視システムを駆使している時代なのだから、そんなことは、お茶の子サイサイ。
どうしたら我が国の受ける被害を最小限に留めるか?
それは、まさにミサイルを発射しようとしている敵基地を一足先に破壊させる以外に方法はないのでは?
つまり、自衛のための敵基地攻撃は必然なのでは?
それなのに、それすらダメと言う国なのだから、まさにバカ丸出しの丸裸国家。
そ、そ、それなのに、893国家中国が「海警法」を改正し我が国の領土を力尽くで奪取にくるかもしれないと右往左往。
宗主国のUSAが助けると言ってくれているとかはっきりは言わないとか大騒ぎ。
そんな恥知らずの状態になるくらいだったら、「中国が言うように『我々はUSAの戦略的従属国』なので、USAの命令で『戦術核ミサイル』を装備されられてしまった。我々から他国に対し使用するつもりはないが、我が国や『自由と民主主義を保持する仲間の国』がもし核ミサイル攻撃されたら、我々は命懸けで反撃する。それも、倍返しで…」と宣言した方が、よほどマシなのでは?
もしくは、「我々は、UKと平和条約と軍事同盟を締結した。そして、我が国の国民や我が国にいるUK人や他の国にいる日本人とUK人を守るためにと、UKから増産した核ミサイルを一部我が国にも配備することになった」とでも宣言すべきなのでは?
それなら、我が国の周りにある『自由と民主主義を保持する仲間の国々』が大歓迎してくれるのでは?
どちらにしても、893国家中国の内部抗争の現状を冷静かつ怜悧に見ていれば、いくらのぼせ上がった、イヤイヤ、勘違いハナハダシイ中国でも、今、USAとはもちろん、舐めきっている我が国とも戦争する気など毛頭もないことがよくわかると思うが、どうだろう?
そう、その内情は、崩壊しかけているUSAのようなもの。
だからこそ、今回の「全人代」で、序列4位で政治協商会議のトップの汪洋が、わざわざ「中国共産党の創立から100年となるのだから、もっともっと団結すべき」と呼びかけたのでは?
事実、昨年5月末、「全人代」閉会後、「月収約1万6000円の中国人は6億人いる。中国人口の約半分が貧困層である」と言って、習近平と全面対決に入っている李克強首相だから、今回の「全人代」でおバカ習近平の代わりに、「『中共ウィルス』対策で重要な戦略的成果を上げ、世界主要国で唯一プラス成長を実現した」などと、目を読み機械的にいろいろ世界に向けプロパガンダを発しなければならなかったのでは?
そして、今年も3月11日、「全人代」閉会後、習近平がブチ切れそうな談話を寄せている。
「都市部で新たに創出されるであろう雇用は、約1400万人。うち、大学卒業生は史上最高の909万人。それ以外に、退役軍人の雇用問題。2億7000万~2億8000万人いる農民工にも就業機会を与えなければならない。それなのに、パートタイマー、農民工(出稼ぎ労働者)、フリーランス、スラッシュ族(複数の仕事を持つヤング)など、フレキシブルな就業(日々の食事にも困る福利厚生がない臨時雇用)が増加していて、すでに2億人以上に及んでいる。しかも、複数の仕事をかけ持ちしなけれならならなく、それは非常に厳しく、社会保障の補助金を支給する必要があるが、『中共ウィルス』流行で打撃を受けた都市部の労働者のみに支給されていて、フレキシブルな就業者は対象外になっている」
どうだろう?
貧困対策も、雇用対策も、何にもできていないのでは?
東仙坊、メチャクチャ注視したのが、李克強のこの話。
「我が国における社会全体の研究開発費のGDP比率は依然高くない。特に、基礎研究への投入は研究開発全体の6%しかない。先進国は通常15~25%。科学技術が自立自強すること、科学者が奮闘・努力することは、国際協力や同業者間の交流と矛盾しない。閉鎖的になっては、前途はない。中国は知的財産権を保護する前提で、各国との科学技術分野における協力を強化し、人類文明の進歩を共に促進していきたい。その意味でも、TPP参加を前向きに検討している。今後、国際ルールの中で他国と関与してゆくつもりだ」
どうだろう?
どこか普通の感じがしないか?
少なくとも、おバカ習近平とは歴然と違うのでは?

Historical facts should prove that there are no beautiful or handsome assholes who are obsessed with power and fame(権勢欲と名声欲に取り憑かれるようなオトコに、ビューティフルなヤツやハンサムなヤツがいないことは、歴史の事実が証明している)!

To be continued...





























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード