Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

I'm convinced that China just wanna restore America's relationship with the USA, and doesn't even think about going to war(中国は、何が何でも米櫃のUSAとの関係を元通りにしたいだけで、これっぽちも戦争をしようなどとは考えていない)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国を真っ向から非難し、再びUSAを「世界のローン・レンジャー」にしかかったドナルド・トランプの功績

○中国に明確な弱味を握られたジョー・バイデンが、まもなく中国を木のテッペンまで昇らせるに違いない

歴史的に、内政問題が劣悪化すると、不満いっぱいになった国民の目を外に向けようとする国が極めて多かったことは、すでに十分に証明されている。
そして、それは、往々にして、戦争に繋がることも、また、証明されている。
地政学的に不運このうえないことに、我が日本は、隣国に極めて恵まれていない。
顔つきや体格などだけは外見上はかなり似ているのに、その本性は、我々日本人とはほぼ真逆。
そのモラルなき性格の本質は、「利他主義」や「克己」や「性善説」とは無縁で、どこまでも独善的でジコチュウ。
そもそも、自分たちこそが世界の主役と思い込む「中華思想」や「小中華思想」を持てるのだから、それだけで典型的なパラノイア。
それゆえ、心穏やかで、思いやりに溢れる日本人など存在するだけで、目の上のタンコブ。
そこに、自分たちが理解できないほどの一人一人の心が堅固に繋がる日本人たちへの言いようのないジェラシーが加わるから、ガマンなどできるはずもナシ。
そこで、そんな勘違いハナハダシイ中韓が考えついたのが、その内政に失敗するたびの「目眩まし型反日」。
その結果、我が国同様、ロクな政治屋どもしかいない中韓のこと、ことあるごとに年がら年中「反日」。
そう、我々日本にとっては、ただただハタ迷惑なだけ。
では、そんななか、国際法を無視し我が国の領土にチョッカイや難癖をかけ続けている中韓とも、イザというときに我が国とコトを構える覚悟を持っているのか?
両国を厳密に検証してきた結果、今後、少なくとも5年間は、まず絶対にあからさまに戦争のような状態にはならないと、東仙坊、個人的に確信している。
まあ、起きるとするとしたら、大昔のように朝貢国家におもねって、もしくは、その虎の威を借りて、サプアがおバカな行動を取ることぐらいなのでは?
とにもかくにも、893国家中国が、元警察国家USAと本気で戦争する気がないことだけは、確か。
それは、我が国の菱組が、いくつかに別れても戦争しないことと同じ。
金儲けにしか興味がない国と国が、明確に損をするだけの戦争などするはずもナシ。
もちろん、893国家中国が、空気投げや無手勝流でも気概だけで戦おうとする我が日本人を心底恐れていることも、確か。
それはそうだと思わないか?
ここ約100年で4度も辛酸を舐めさせられているのだから。
えっ、そのころとは、中国は、全く違って、今や世界有数の軍事大国だって?
本当にそうだろうか?
経済成長の数字と同じで、いくら軍備に巨額を費やし数を揃えたところで、いくら軍人数が多かろうと、その軍が絶対的に優位であるのか?
軍人たちの気概はもちろん、その修練度、その精度、軍備そのものの性能こそが何よりも肝心なのでは?
東仙坊、すでに的確かつ適切に指摘してきているが、まず大がかりなその軍備そのものが、ポンコツ空母を改造しただけの「遼寧」同様、何もかもが「オカラ装備」や「オカラ兵器」なのでは?
確かに、USAの軍事技術を今までは好き勝手に盗み出したり、魂を売った日本人売国奴技術者を活用したりして、そこそこのモノを建造したり製造したりできたかもしれないが、今後は、そんなに容易にそれができないのでは?
つまり、高性能な武器など創りようがないのでは?
それは、いみじくも、李克強首相が、吐露してしまっているように、中国には、科学的基礎知識がほとんど皆無のはず。
その未熟ぶりは、今回の人造兵器「中共ウィルス」ですでに証明してしまっているのでは?
それより何より、中国人民解放軍そのものの劣化は、ハンパじゃないのでは?
金で階級を買ったり売ったりしている上層部、そして、「一人っ子政策」による大切な息子を戦争なんかで死なすことをそこそこ飯が思いどおりに食べられるようになった中国国民が、簡単に許すワケもないのでは?
実際、ミャンマー軍同様、おバカ習近平にウンザリした軍人たちによるクーデターのウワサも絶えないのでは?
東仙坊、おバカ習近平の顔をつくづく観ていて、痛感するのが、次のUKの哲学者ジョン・スチュアート・ミルが提唱した言葉。
「人間の尊厳や品位の感覚にふさわしい質的功利主義/人間の利他的な心情や同情心を重んじ、人類社会の向上のために尽くして利他的感情を満たすところに幸福を求める、理想主義的・人格主義的な功利主義/道徳的義務に背き、同胞である人類を裏切る行為には、良心から生まれる苦痛が内的制裁を与える/各人の個性の自由な発展が社会全体の進歩に繋がるがゆえに、思想・言論・良心などの精神的自由の必然性が重要」
つまり、「動物の快楽をたっぷりと与える約束がなされたからといって、何かの下等動物に変わることに同意する人はまずいないだろう…人問は誰でも、何らかのカタチで人間としての尊厳の感覚を持っており、高級な能力と厳密にではないが、ある程度比例している…満足した豚であるよりは、不満足な人問である方がよく、満足した愚か者であるよりは、不満足なソクラテスである方がよい」。
どうだろう?
満足した豚は、戦争などしないと思わないか?
ついでに、どこかのセンスのないクリエイティブ・ディレクターが、ただの金の亡者どものイベントでしかない「オリンピック・パラリンピック大会」を成功させるためのアイデアとして、「オリンピッグ」としてある女性タレントを起用しようとしてクビになったとか。
その短絡なオモシロ味に欠けるせっかくのアイデア、「2022北京冬季オリンピック・パラリンピック大会」をボイコットするために、メチャクチャ多くの子豚たちを俯瞰して上空から撮影し、その「オリンピッグ」というタイトルとともに、1匹の豚の顔を習近平にしたら、絶大な効果が見込めると思うが、どうだろう?

It must be an absolute truth on earth that a country of fat pigs doesn't bother to lose weight in war(太った豚の国が、わざわざ戦争で痩せようとなどしないことは、地球上の絶対真理)!

To be continued...














profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード