Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

In fact, the common nature of the world's largest liar power USA and China must be basically a cunning and vulgar gangster, who believes only in money and is extremely violent and obscene. Therefore, neither of them could get angry with Koreans like themselves, and tried to instill a barbaric image in the Japanese(実は、世界一の大ウソつき大国米中の共通の本性は、どちらも基本的に悪徳ヤクザ根性丸出しの狡猾で下卑で、金だけを信じ、性に極めて粗暴で猥雑なところ。だから、どちらも自分たちのようなサプア人を怒ることができず、日本人に野蛮なイメージを植えつけようとしてきたのである)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国を真っ向から非難し、再びUSAを「世界のローン・レンジャー」にしかかったドナルド・トランプの功績

○中国に明確な弱味を握られたジョー・バイデンが、まもなく中国を木のテッペンまで昇らせるに違いない

東仙坊、我が日本政府が、我々日本人が、勝手に「我が国の国防に関する軍事はUSAの仕事」と決めつけ、すべてをオンブにダッコに頼り切っていることを、心の底から恥じていた。
それはそうである。
世界に向かって、「自由で開かれたインド太平洋」を目指す民主主義法治国家の一員である独立国家であることを堂々と標榜するには、自分たちの力で自国の国防を守ることこそが、最低限の条件のはず。
にもかかわらず、これだけ世界中で戦争が絶え間なく繰り返されているのに、軍備さえ持たなければどこからも攻撃されることはない、戦争に関わることはないというある種のカルト教に冒された平和ボケ集団国家の日本は、いまだ未成熟国家。
そもそも、金で何でも解決できると考えるようなヒトたちがいっぱいいるだけで、未来はナシ。
それを証明しているのが、いまだにピンボケの感染症対策を続けていること。
それはそうだと思わないか?
時短、時短と言うけど、では、昼間は、昨日やさっき感染したばかりのヒトと一緒に食事しても感染しないのか?
いつになったら、飲食店が問題なのではなく、飲食をする瞬間がハイリスクだといつわかるの?
何がマスクをしての食事の仕方だと思わないか?
この天才的正体不明のウィルスは、その空間に15時間近くも生き続けているのでは?
第一、いつになったら、このウィルスで怖いのは、「エアロゾル感染」、つまり、ほとんど「空気感染する」となぜ言えないの?
だからこそ、家庭内感染や職場内感染が多いのでは?
また、キスやsexでも感染するとも言えないの?
まあ、それを言うと、日本中の家庭内でいろいろ新たな問題が起こるからかも知れないが…。
同じ意味で、東仙坊、すでに口を酸っぱくして叫んでいるが、料理人やコックがマウスガードを感染症対策にいつまで使うの?
なぜ誰もそれに言及しないの?
それより何より、したり顔で「経済を回さなきゃならないか」とのたまう無知蒙昧なヒトたちがたくさんいるが、居酒屋やクラブやカラオケや旅行や観光のどこにコモディティがあるの?
どうあれ、おバカ政府が何よりも優先してやるべきことは、国民全員の抗原検査、そして、PCR検査、それから、ワクチン接種、すべてはそれがすんでからの話なのでは?
そう言えば、おバカな日本らしく、約80%の普通の国民が中止か延期にすべきとおっしゃられている「2020東京オリンピック・パラリンピック大会」を聖火ランナーを走らせることでなし崩し的に強行しようとしているご様子。
そうなると、おバカ日本人らしく、まあ、仕方ないかと自然になってしまうご様子。
本当に経済のことをお考えになるなら、なぜ状況下で、さらに2兆円近くをドブに棄ているのか?
ちょうど今なら、その金で、中国や隣のキチガイの国の日本向け巡航ミサイルを迎撃するミサイルか、敵のミサイル基地を先に破壊できるようなミサイルをUSAにジャンジャン買っていただくべきなのでは?
それにしても、ニタニタ薄笑いを浮かべ愛想を振りまいて走っていた聖火ランナーどもやそれに「密」を作ってオコチャマのように嬌声を上げていた福島県庁前に集まったおバカどもは、本当に日本人なのか?
「中共ウィルス」をどう捉えているのか?
尖閣諸島に侵入してきている中国海警局のイヤガラセ船団をどう考えているのか?
立て続けの隣のキチガイの国のミサイル発射をどう考えているのか?
そう訊いてみたくならないか?
ともあれ、東仙坊、あれだけ応援したなでしこJAPANのかつてのFIFA女子ワールドカップ優勝メンバーである大バカオンナどもに、メチャクチャ幻滅された気分で、実に不愉快。
そこで、何にも考えずに日々ラクに生きてるとしか思えない大バカどもに、耳をかっぽじらせて聞かせたいニュースが、これ。
3月25日の「2020東京オリンピック・パラリンピック大会」のメイン放送権を持つNBCの報道。
リレーの聖火を消すべきだ
『中共ウィルス』のパンデミックのさなか、聖火リレーは五輪の虚飾のため、公衆衛生を犠牲にする危険を冒している
寄稿したのは、元USA五輪代表で元プロサッカー選手のパシフィック大ジュールズ・ボイコフ政治学教授。
聖火リレーの出発地に福島を選んだことは、この儀式の偽善や害悪、バカバカしさを際立たせただけでなく、五輪に向けて突き進む日本の問題の縮図でもある。もとは『復興五輪』を謳っていたが、現地の多くの人は復興の遅れを理由に五輪を非難している。復興の財源は五輪の準備のため東京に振り向けられた。また、五輪はパンデミックを悪化させかねない。開幕時にも日本国民はワクチン接種を終えていないだろう。海外からくる何千人もの選手、コーチ、記者らは誰もワクチン接種が義務づけられていない。しかも、80%もの国民が中止か再延期を支持している現状なのに…

どうだろう?
これに何か反論できる「オリンピック・ムラ」や「スポーツ・ムラ」の大バカども、東京都や政府の大バカどもが、何か言えるのか?
えっ、「2020東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会」は?って?
誰が何を基準でに選んだのかさえもわからないあんな大バカ者集団に、モノを言えるヤツが一人もいるはずがないのでは? 

Real Japanese people who once had a beautiful and whispering heart! Isn't it easygoing time to overtake the “Olympic and Paralympic Games”(かつて美しく勁い心を持っていた本物の日本人たちよ! 今は「オリンピック・パラリンピック」にノーテンキにうつつを抜かしているときではないのでは)?

To be continued...









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード