Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be true that many countries blame or despise other countries, and are often aware that they are bad countries(他の国を責めたり貶めたりするのは、おうおうにして、自分たちが悪い国だと自覚している国々に多いことは事実)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国を真っ向から非難し、再びUSAを「世界のローン・レンジャー」にしかかったドナルド・トランプの功績

○中国に明確な弱味を握られたジョー・バイデンが、まもなく中国を木のテッペンまで昇らせるに違いない

東仙坊、このテーマでの終わりの見えない書き込みを続けながら、ずっと思っていることが、一つある。
それは、我が国をその小汚い謀略のなかで戦争に巻き込み、人権蹂躙そのままに一般国民を見境なく焼夷弾で虐殺したうえ、核なき我が国に核爆弾を2発まで撃ち込んで、力尽くで養子にしたUSA。
その贖罪や罪悪感から、愚兄や奴隷国とみなしていた中国とともに「日本が邪悪な国」というイメージ作りに奔走してきたUSA。
そして、世界一スマートで負けじ魂を持つ養子の二男である我が国の復讐を恐れ、デタラメな憲法を押しつけ、それを改正することさえ許さず、その卓越した技術を奪い、強靱な軍備を持たせないように細心の注意を払い続けてきたUSA。
そう、絶えず牙やを肝を抜きながら…。
そんなUSAが内部崩壊をし始めて、初めて、本当に信頼できるのは賢弟の日本だとシミジミ痛感しているのでは?ということ。
そう、スマートなだけでなく、モラルを何よりも大切にし、本物の思いやりのある美しい心を持つ国だと、今、痛感しているということ。
では、我が日本にとって、世界一狡猾な喰えるオトコであるPuサンから、「殺人者」と言い放って返答として、「カラダに気をつけて、健康を願う」と言われたジョー・バイデンは、どこまで信頼できるのか?
実際、彼は、大統領専用機のタラップを上る途中で3度よろけて転び、カマラ・ハリスを「大統領」と呼んだり、「東シナ海」を「北シナ海」と呼び間違えたりしているのでは?
特に、自分の明らかな弱味を握られている893国家中国に、どう対応しようとしているのか?
米中アラスカ会談で、中国の楊潔篪共産党政治局員が、「世界の大部分の国は『USAの価値が国際的な価値だ』とは認めておらず、USAの言うことが国際世論だとは認めていない」、「中国の社会制度を変えようとするやり方は全て無駄骨に終わる」、「USAは、上から目線で中国と語る資格はない」と言明。
それに対し、3月20日、新華社通信が、「USAは、中国の政治制度と発展の道を正しく取り扱い、世界に対する中国の影響力を正しく見るべきだ」、「国際舞台で『小グループ』をつくり、歴史に逆行し、イデオロギーで線引きし、ブロック対立を再び招けば必ず活路はない」と報道。
3月24日、環球時報が、「中国外交学院王帆副院長の『会談の最も重要な成果は、対話をしたこと自体にある』というコメントとともに、中国は、自らの民主制度と価値観を他国に押しつけることはしない」と報道。
一方、3月22日、東仙坊、個人的に最近かなり評価している「ウォールストリート・ジャーナル」が、「外交トップ会談で中国代表団がUSA代表団に、『中国型民主主義(?)』の優越性を主張し、USAで起きている人種差別や人権問題について長々と説教したこと自体が中国がUSAに対して戦略的に優位に立っているとの認識の表れだ。中国やロシアといった権威主義体制の地域大国は、ジョー・バイデン政権に対し、覇権的な行動に関して寛容だったバラク・オバマ政権の政策方針への回帰を期待しているのは確実だ。また、台湾問題が最も緊張をはらむ問題になり得る。台湾は世界の半導体生産の拠点で、USA経済にも死活的に重要な存在だ。中国はその台湾の奪還に向け、中国人民解放軍の侵攻能力を急速に向上させている。世界のならず者大国がジョー・バイデン政権の決意を試そうとしている。アンカレジでの長い説教を真剣に受け止めるべきだ」と報道。
どうだろう?
我が国の菅義偉首相同様、ジョー・バイデンにも相当の覚悟が必要なのでは?
そこで、3月25日のジョー・バイデンの就任後初の公式記者会見に俄然注目。
①自分が副大統領だった時代に国家副主席だった習近平と各国のどの元首よりも長い時間を過ごした。両者の間で個人的関係が確立している(???)。
②2月10日の電話会談も2時間におよび、米中双方の専門家を驚かせた(???)。
③USAとしては自由や人権を重視する立場から、中国の人権蹂躙に声を上げ続けると明確に伝えた。習近平は私の言ったことを理解した。その点は敬服する(???)」
④世界を率いる最も裕福で最強の国になるとする中国の国家目標を阻止する決意を表明したが、中国が目標を持つこと自体は批判しない(???)
⑤中国と敵対することは求めていない(???)。
どうだろう?
思っていたとおり、やはりダメだコイツは!!!と率直に思うのは、東仙坊だけではあるまい。
それにしても、かなりイイ感じになってきていたアントニー・ブリンケン国務長官が、3月3日、「中国とは競争的であるべきときは競争的に、可能な場合は協力的に、敵対性が必須である場合には敵対的になる。民主主義体制の同盟・パートナー諸国を糾合し、ウイグルや香港、南シナ海や台湾の問題に関して国際的取り決めを破り続ける中国に責任を取らせる」と明言していたのは、一体何だったのか?

We, Japan, must bear in mind that the very similarities between the USA and China are that both countries must be good at making “big lies”(USAと中国の酷似点が両国とも「大ウソ」つくのが得意なところであることを、我々日本は肝に銘じなければならない)!

To be continued...


                 








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード