Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Would you like to ask, do you like our country to become a client state of China as China wishes and individuals to be managed by the country in the app(我が国が中国の望み通りに中国の属国になって、個人が国にアプリで管理されるようになるのをお好みですか?と質問したくならないか)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○中国共産党に、おバカ習近平に、「尖閣諸島」が自国の領土なんて言わせているのは、金のために魂を売ったUSAの「チャイナゲート」のハゲタカどもと我が国の内にいる「チャイナスクール」のアンポンタンども。

大ウソつきの中国人は、金のためにウソをつくことは、ウソとさえ思っていない。
そして、金のためには、バカ正直で、メズラシク本気になる。
ウルサい! つべこべ言うな! オレがオレのモノだと言ったらオレのモノのなんだ!! と、もともとモラルなど全くない、民主主義でも共産主義でもなく、金を稼ぐために資本主義を偽装しながら、ひたすら、独裁専制国家の道を阿漕にひた走る893国家中国。
それなのに、我が国の内には、あの孔子を生んだ国なのだから孔子のようにロジカルでフィロソフィカルな人がいるに違いないとか、5000年の歴史と文化を持つ大国なのだから優秀な人がいつ違いないなんて、トンチンカンなことを平気で言える親中派が多くて、ウンザリ。
共産主義国家としてのロジックとモラルさえ棄て、個人の自由、合理主義、法治体系、国際感覚、国際法を一切無視する厚顔無恥な中国人を、なぜかやがて目が覚めると考えるなんて、本当におバカなヤツらだと思わないか?
では、ソヤツらは、個人が国に管理されるような中国の属国になっても構わないと思っているのか?
あるいは、中国は、軍事大国なのだから対峙したらマズいと卑屈に考えているのか?
あるいは、中国には、我々はメチャクチャ迷惑をかけたのだから贖罪のつもりで大目に見てあげなければならないといまだに思っているのか?
もしかしたら、我が国も、精神的にはとっくに中国化してしまっているのかも?
そ、そ、そうしたら、格好のニュースが、中国から入ってきた。
それは、東仙坊、すでに少し触れた、中国最大の金融詐欺事件の続報。
中国河南省&安徽省の6つの地方銀行で、預金の引き出しが凍結されたことを受け、預金者たちが「金を返せ!」の抗議デモのために河南省の省都鄭州市に集まるようになっていたとか。
そう、農村部向けの小規模金融機関「村鎮銀行」のうち、河南省や安徽省の6行のうち4行が、農家や中小企業支援を謳い、一般的な定期預金を上回る金利で8千億円規模の預金を集めたのだが、それが、主要株主の投資会社「河南新財富集団」が銀行幹部と結託して違法に資金を集めた詐欺だったという事件。
何でも、4月18日~4月19日、河南省&安徽省の6つの地方銀行が「システムアップグレード」を理由にオンラインバンキングとモバイルバンキングのサービスを停止し、預金の引き出しを凍結。
しかし、その後、6行のうち4行が顧客の資金を使用して借り入れの資格がないはずの地元企業にローンを発行していたことが判明。
中国の規制当局が調査を開始しているが、オンラインサービス停止は、2ヵ月が経過しても継続。
そのために、預金の引き出しを求める預金者たちが、鄭州市に存在する各銀行の支店に殺到。
ATMからの預金引き出しを試みようとすると、一部の預金者たちは、地元警察によって引き出しを阻止されたとか。
そこで、5月下旬ごろから、鄭州市の金融当局前で、数百人の預金者たちが座り込みなどの抗議活動を開始。
そ、そ、そうしたら、習近平の「ゼロコロナ政策」に必須の国から提供された「健康コードアプリ」が不正操作され、そのニセ警告によって預金者たちが隔離されたり、移動制限されたり、家に戻されたりするようになったというから、凄くイヤな話なのでは?
どうやら、取りつけ騒ぎを警戒した地元当局が、一部の市民らが監視し始めたご様子。
それはそうだと思わないか?
このアプリは、もともと、利用者への「『中共ウィルス』警告」のためのもので、陽性であるか感染の疑いがある場合に、公共交通機関や公共施設の利用手続きを行うと、「赤」の警告を発して各施設の利用や都市間の移動を制限されるもの。
それが、6月中旬になると、感染疑いのない市民が鄭州市に入り各施設で手続きをすませようとすると、アプリがすぐに「赤」の警告を発するようになったというから、明らかに不自然で意図的。
そもそも、「健康コードアプリ」は、利用者の行動履歴や感染リスクが分かるスマートフォンアプリで、公共施設や商業施設に入館する際に提示が必要なうえ、感染リスクが高い順に、赤・黄・緑の3段階表示になっていて、「赤」は外出禁止。
ニュースサイト「Sixth Tone」によると、少なくとも12人の預金者が、駅やホテル、その他主要な施設で「赤」の警告を受け取ったとか。
鄭州市デモ活動を行ったという預金者は、「Sixth Tone」に対し、「我々は合理的で正当な主張をしているが、当局は『赤』の警告を理由に我々を制限した。警察は警告が解除されるまで警察署にとどまるよう命令した」と返答。
実際、抗議活動のために天津市から鉄道で鄭州市を訪れた男性は、出発時に「緑」だった健康コードの表示が、鄭州市の駅に着いた段階で「赤」に変わり、約20時間隔離された後に天津へ帰らされたとか。
また、車で抗議に訪れた夫婦は、預金者である妻だけ「赤」になり、同行した夫は「緑」のままだったとか。
ともあれ、問題が報じられた直後に、表示が「赤」から「緑」に変わった預金者があまりにも多く、省政府が調査を表明したとか。
それらに対し、6月14日、環球時報前編集長胡錫進は、「『健康コード』は防疫のためだけに使われるべきだ。別の目的で特定の人々の移動を妨げるようなことがあれば、防疫政策への国民の支持を損なう」とSNSに投稿したとか。
どうだろう?
人を人と思わない中国なら、こんなことは当たり前なのでは?

It must be no exaggeration to say that Chinese who don't believe in people stand up only when their money is about to be robbed(人を信じない中国人が立ち上がるのは、自分の金が奪われそうになったときだけと言っても過言ではない)!

To be continued...

















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード