Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Should an asshole who completely ignores His Majesty the Emperor go out of Japan more and more(天皇陛下を完全無視するようなヒトは、我が日本からどんどん外に出ていってもらうべき)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

積み木くずしに近い家庭である秋篠宮家なる皇族が、あたかも一般の家庭のように子育て、躾に失敗し、男を見る目が全く欠如している、三十路になっても恋愛のイロハを全く認識できていない、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを作ってしまった。
そして、今日、10月26日、そのキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、な、な、なんと3年経っても目を覚ますことなく、その皇族の一人としての責任を放棄したまま、あの気色の悪い三流スケコマシのナルシスト・マザコンオトコと正式に結婚するとか。
東仙坊、正直、そんな人間的欠陥だらけのキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、「蓼喰う虫も好き好き」、どんなクソッタレと結婚しようが、そして、その後、どんなウソだらけの人生を送ろうが、全く興味などない。
ただ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、冗談でも、将来、我が国の天皇の実姉なのだから、普通の日本人なら一目で虫唾が走るクソッタレを、天皇の義兄にされてはたまらないので、黙って看過するワケにはいかない。
愛する我が日本のために、本物の日本国民の総意のために、たかがキンダーガートン・プリンセス・モンスターに、2700年近くも守られてきた皇室のイメージをグジャグジャにされてしまったら、たまらない。
それにしても、皇室慣例の儀式・行事も行わないのに、なぜ大人になれていないオコチャマ2人に結婚記者会見をさせようとするのか?
しかも、わざわざキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、「複雑性PTSD(?)」とまで発表しているのでは?
つまり、メンタルに問題を抱えたヒトと根っからの気味の悪い詐欺師オトコに、何のために記者会見をさせる必要があるのか?
西村泰彦宮内庁も、加地隆治皇嗣職大夫も、そして、秋篠宮皇嗣殿下も、不躾ながら、錯乱状態でいらっしゃるのでは?
そ、そ、そうしたら、案の定、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、「質問のなかに誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねないもの(???)が含まれていることに強い衝撃を受けた。会場で質問が読み上げられ、それに対し口頭で答えることを想像するだけで恐怖心が甦るという強い不安を感じた(??)」と言い出したので、宮内記者会などが事前提出していた質問には文書で回答することにし、質疑応答は取り止めると発表したから、開いた口が塞がらない。
そもそも、皇室の伝統の守護者で今後も未来永劫と繋いでゆかなければならない皇室に責任を持たれる立場の天皇陛下が、前代未聞の恥ずかしいカタチでの皇籍離脱は皇室の伝統と歴史に信頼を寄せる国民の気持ちを裏切ることになりかねないと心配し、あえて、「眞子内親王の結婚については、国民の間で様々な意見があることは私も承知しております。このことについては、眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」とご発言なされたことさえ、父親の悪影響なのか、このキンダーガートン・プリンセス・モンスターは全く無視。
その段階で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、単に皇族に値しないだけではなく、もはや日本人の一員ではないのでは?
それだけじゃない。
紀子妃は、「お相手の方は問題があるのに、娘は本当にバカなところがあって、そのへんもよくわからないので。私は非常に困っていて…」とおっしゃられていたのに、なぜ、「長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております」と無様に言わせてしまうの?
自業自得の面がかなりある秋篠宮皇嗣殿下にも、ずっと「結婚反対」のスタンスなのに、「結婚は生きていくために必要な選択」と脅かし、「結婚することを認める(?)。金銭トラブルのいろいろな対応をしているとしてもですね、やはりそれが見えるカタチになるというのは必要なこと。特に、結婚と婚約は違いますから(???)…。憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります」なんて情けなくみっともなく言わせてしまうの?
まあ、その意味では、両親への復讐には成功したとだけは言えるのでは?
少なくとも、普通の良識のある日本人なら、将来の天皇である悠仁サマを含む秋篠宮家への猜疑心の目を向けるのでは?
もっとも、「二人の結婚を辞めさせるのはムリだと悟った」と将来の天皇家を諫められなかった宮内庁にいたっては、即刻、全員クビにすべきだが…。
どうあれ、東仙坊、壊れそうな皇室を上皇陛下と力を合わせて必死で守り続けている上皇后陛下が、初孫の結婚問題を「家族全体の苦しみ」と捉えられ、いち早くクソッタレの正体を見抜いて心配されていたことに、ただただご同情をするばかり。
どちらにしても、「皇族の家庭」を「一般の家庭」にしたがった秋篠宮皇嗣殿下なのだから、ここは一般家庭のように、簡潔明瞭に勘当してしまうべきなのでは?
そして、世間を小バカにしきっている勘違いはなはだしいキンダーガートン・プリンセス・モンスターに、世間のシビアさをタップリ味合わせてあげればいかが?
できたら、このうえなく異常なカップルのお望みどおり、USAに行かせて、何があっても日本に二度と入国できないようにしてあげればイイのでは?
もちろん、今日午前1時の段階ですでにそうなっている天皇家のウィキペディアのように、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの痕跡を日本の皇族の中から消去すべきなのでは?
何しろ、気のイイ我が国の憲法では、国体にふさわしくないヒトが結婚して皇族の身分を得ることを制限していないのだから…。
それゆえ、このバカップルの2人がとにかく男の子を産まないことを我々普通の日本人は、必死に祈るべきなのでは?

Isn't it just a pain to see the heart of Her Majesty the Empress Emerita, who should have felt uncomfortable with her first granddaughter's marriage partner because she was from a former ordinary family(元一般家庭の出だからこそいち早く初孫の結婚相手に違和感を覚えたはずの上皇后陛下の心中をお察しすると、ただただ胸が痛くならないか)?

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード