Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

We should keep in mind that the young USA only wanna take control of the world with money, and China which has only a long false history wanna be like the USA with money(歴史の浅いUSAは金で世界の覇権を握ることしか考えていないし、偽りの長い歴史しかない中国も金でUSAのようになりたがっているのだということを、我々は肝に銘じるべき)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●ジョー・バイデンやカマル・ハリスの言うことを話半分に聞いていないと、我が日本はまもなく滅亡するかも?

○ジョー・バイデンが、日本側にいるのか? それとも、中国側にいるのか? 我々は瞬きもせず凝視すべきとき

東仙坊、今回の冴えない日本の首相を招待しての首脳会談、ジョー・バイデンの仕組んだ日本を使った中国救済のための大がかりなフェイントとみなしている。
それはそうだと思わないか?
インド太平洋の覇権が大事だとしても、左翼政権らしく国内の経済浮揚のために膨大なコストをかけていて、軍事力拡張のコストをかけられない事情があるのも、事実。
それゆえ、アジアで唯一頼りになる平和ボケ日本に、中国に弱腰の対応ばかりしていないで、少しは自分たちで日米同盟強化のためにも防衛力と抑止力をコストをかけて充実しろよ!というのが、USAの本音。
どうだろう?
だとすると、USAにムリヤリ押しつけられた憲法をせめて一部修正し、本格的にミサイル防衛や敵地攻撃能力強化に進むしかないのでは?
東仙坊的には、絶好の機会だから、ロシアがやたら警戒感を強めているように、同盟国のUSAから戦術核ミサイルの配備を命じられたとするのが、一番だと思うが…。
どちらにしても、我が国のおバカメインストリームメディアどものフェイクニュースに乗せられて、これで尖閣は心配ないなんて寝惚けたことを言っている場合ではないのでは?
それで思い出すのが、我が国のおバカメインストリームメディアどものデタラメさ。
3月中旬、左翼の代表格ワシントン・ポストは、「1月9日に掲載した『ドナルド・トランプが、ジョージア州のブラッド・ラフェンスバーガー司法長官に電話で、選挙不正をなんとか見つけろと迫り、接戦のジョージア州で12000票を新たに得られれば、逆転勝利できる』と報道したのは、誤報だった」と修正記事を掲載したはず。
ということは、その記事の真偽を疑うことなく転載していた我が国のおバカメインストリームメディアどもも、当然、その修正記事を掲載する責任があるはず。
それなのに、一向にそうする気配はナシ。
我々普通の日本人は、そのことを心に留めておかなければならないと思うが、どうだろう?
ともあれ、我が日本は、今回の日米首脳会談を必要以上に過信してはダメ。
それはそうである。
すでに詳細に指摘しているが、実は、尖閣問題を解決できるのは、かつてその施政権も領有権も保有していたUSA。
そのリアルなエビデンスだって、USAは持っているはず。
それゆえ、親中派だらけのUSAが、従来のように「第三国間の領有権紛争には介入しないということが伝統的な外交方針だ。尖閣諸島の施政権は日本にある」などという適当なことを言っていないで、「我々が所持していた尖閣諸島の施政権と領有権を日本に移譲したのだから、当然、日本にその施政権と領有権がある」と明言すればいいだけ。
もしUSAがそうしないのなら、我が日本は、もう一度、USAに沖縄の施政権と領有権も返還すると言い出したらイイのでは?
本当にいい加減な宗主国だと言えるのでは?
それは、田舎者の我が国の首相が、小汚い日米首脳会談だって、同じ。
なぜ、その直前の4月14日から、ジョン・ケリー気候変動担当大統領特使をジョー・バイデン政権の閣僚級として初めて訪中させていたのか?
それも、日米首脳会談が終った後の4月17日まで…。
それだけじゃない。
同じ日に、なぜおバカ習近平が、フランスのエマニュエル・マクロン大統領やドイツのアンゲラ・メルケル首相とオンライン会談し、気候変動問題での3ヵ国間の協力を一層緊密にしていくことを確認したと発表させたのか?
そして、米中の共同声明として、「『パリ協定』の履行に向けて両国が関係国とともに緊密に協力していくことを確認した」と発表したのか?
また、「4月22・23日、USA主催で開催する気候変動首脳サミットに習近平国家主席の出席を非常に願っているが、その決定は中国次第であり、彼らのプロセスを尊重する」とまでUSAは発表したのか?
どうだろう?
ここまでくると、尖閣問題も、世界一の悪徳警察官国家USAと世界一の悪辣な893国家中国が手を組んだ、ノホホンと世界のキャッシュディスペンサー国家を担って勝手に悦に入っているピンボケ日本叩き作戦の1つに思えてくるのは、東仙坊だけではあるまい。

Certainly, there must be only one deteriorated human world now. It must be the same in that every country and every ethnic group has only their own national interests and their own interests in mind(確かに、今や劣化した人類世界は一つ。どの国もどの民族も、自国の国益や自分の利益しか念頭にないということで、同じ)!

To be continued...







profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード