Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Do you know how many “handymen” in Japan are called the Self-Defense Forces that are not recognized by domestic law(我が国に、国内法で認知されていない自衛隊という名の「便利屋さん」が何人いるのかご存知か)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

にわか「中共ウィルス」専門家、東仙坊、世界や我が国の本物の感染症専門家たちの今回のコロナウィルスに関する考察を検証し続けた結果、究極的に導かれた的確な回答がある。
そう、このコロナウィルスに感染せず、自分の命を、自分の大切な人や人々の命を守り、この恐怖のアウトブレイクを阻止し自分のコミュニティや国を絶対的かつパーフェクトに守るするたった1つ方法。
それは、人と接しないこと特に無症状感染者が大勢いることを前提に感染しているかしていないかどうか未確認の人とは絶対に接しないこと
そして、極論すれば、それは家族に対しても、同じ。
そのためにも、まず家族全員で自ら自宅隔離をアクティブに行い、家族全員で簡易抗原検査を実施すること。
そして、家族全員が陰性であることを確認できたら、そのまま、2週間、全員でウィリングリーに自宅軟禁すること。
その一方で、医療従事者とその家族、最小限のエッセンシャルワーカーとその家族にも、同様のことをしてもらうこと。
その間、やむをえず、人と接しなければならないオケージョンやシチュエーションが起きたら、例えば、食料の買い出しに出かけたり、デリバリーを受け取るときなど、完全感染防護対策をとって対応すること。
そう、パンデミック開始時期に、中国の航空機利用客が、PPEに身を固めていたように。
もちろん、そういうときには、アルコール殺菌を絶対に怠らないこと。
どうだろう?
これしかないはず。
それなのに、何が、「経済活動や社会活動ができなくなる」、「三密」、「ステイホーム」、「時短営業」、「緊急事態」、「蔓延防止」、「医療崩壊」、「有事」、「人流阻止」、「酒をともなう飲食がダメ」、「ワクチンが最後の砦」、「路上飲み」だと思わないか?
我が国に先を読める本当にリスクマネージメントのできる政治家や官僚たちがいれば、ただの御用学者でしかないお抱え三文自称感染症専門家ではない本物の感染症専門家がいれば、金儲けのことしか頭にない下品なメインストリームメディアではない真摯なメインストリームメディアがあれば、東仙坊と同じことを言うと思うが、どうだろう?
それで、名誉のために言っておくが、勝手に畏敬している東京大学医科学研究所教授河岡義裕だけは、テレビカメラの前で、「人と接触しなければ感染はしない。家から出なければイイだけ」と明言していたはず。
えっ、国民が自主的自宅軟禁などしていたら、経済がダメになるって?
それこそ、そんなおバカ政府やおバカメインストリームメディアどものフェイクに簡単に引っかかってはダメ。
そもそも、経済とは、国益や国民益を守るためのモノなのでは?
そう、国民の命を守るためのモノ。
だとすると、世界一の1000兆円以上の世界の債権国である我が日本政府が、この凄惨な「中共ウィルス」のパンデミックの中で国民の命を守るために、生活を維持するために使うのが当たり前。
それを、バカ丸出しに「世界のキャッシュディスペンサー」になって、クソの役にも立たない国連を始め、その天下り先機関でしかないWTO、ユネスコ、そして、世紀のおバカ組織WHOに、湯水のように配っているのは、最悪なのでは?
とにかく、全国民にアクティブに自ら2週間自宅軟禁してもらい、その間、災害対応のために備蓄しているはずの最低限の食料品を供給するか最低限の食費を支給し、全国民に抗原検査を実施し、そして、リスキーな人々にPCR検査をすればイイだけだったはず。
そのうえで、感染者と被感染者とに、単純明快に区別すればよかっただけ。
にもかかわらず、日ごろか、国防という意識が全く欠如しているのと同じに、感染症対策への布石を全く打ってこなかったというテイタラクの結果がこの惨憺たる現状のはず。
つまり、ミサイル防衛など脳裏の片隅に置いていないように、世界には化学兵器を日夜開発している国があるという事実に基づきその陰険な攻撃にどう対処すべきかの対策を練ってこなかったことへのツケが回ってきているはず。
想像できる限りの人造化学兵器に対する対処薬やワクチンの開発、今後発生するかも知れない新たな感染症に対する対処薬やワクチンの開発などへのかなりの予算をつけての研究を怠ってきた先見の明のなさ。
実際、SARSやMARS被害に遇っていた台湾やタイやベトナムなどの今回の「中共ウィルス」対応がかなり適切だったこと、AIDSやエボラ出血熱のワクチン開発を進めていたUSAのファイザーやモデルナやノババックスなどのワクチン製造や俊敏だったことは、今回の「中共ウィルス」対策に大きく役立っているのでは?
まあ、いまだに「自衛隊」自体の存在を国内法で認めず、いつも「便利屋」としてしか利用しないことでも、そのリスクコントロールに無関心な我が日本の、日本人のピンボケぶりを象徴しているのでは?

Assholes who usually think that national defense is beyond the sky might not consider their own safety or the safety of their loved ones at all unless they are exposed to sparks(日ごろから国防なんて空の彼方のコトと考えているヒトたちは、自分の身に火の粉がかからないと自分の安全や自分の大切な人の安全のことなど全く考慮しないのかも)!

To be continued...

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード