Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Isn't the real fear of side effects of vaccines the side reactions that might occur years or decades later(ワクチンの本当の副反応の怖さは、数年後、数十年後に起きるかもしれない副反応なのでは)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

Q3)ワクチンなるものが、なぜ新たなウィルスに効果があるのか、とりわけ、今回の未知のコロナウイルスに効果があるのか(?)ぐらいは、誰でもなんとなくおわかりだと思うが、どうだろう?
東仙坊、すでに詳述してきているが、新たなるウィルスということは、生まれながらに我々のカラダにそのウィルスを撃退するための自然免疫抗体がないということである。
ということは、人工的に我々の体内にその新たなウィルスと戦える免疫抗体を作れば、戦えるということである。
その人為的免疫抗体を作るのが、いわゆるのワクチン。
そして、その抗体が、ウィルスを撃退し、ウィルスを防御し、その効力をずっと保持し続けられるようになったら、大成功。
そう、それこそが、ワクチン効果。
では、本当に体内にその免疫抗体ができ、ウィルスを退治したうえ、効力を保持しているかどうかをどう確かめるのか?
その今のところそれを確認する唯一の研究方法は、極めてアナクロ。
基本的に、まずかなり大勢の命知らずの勇気ある被験対象者を集め、それを2つのグループに区分する。
次に、1つのグループに本物のワクチンを、もう1つのグループに、「プラセボ(偽ワクチン)」を割り当て、ほぼ同じ行動を取らせ、それを長期間(!!!)観察する。
そして、その感染結果を収集する。
これが、「治験」なるもののこと。
ここで重要なことは、可能な限り、被験対象者たちを公平に区分けすること。
そして、年齢、性別はもちろん、居住地、基礎疾患の有無とその種類、生活習慣など、いろいろな点で酷似している被験対象者たちを選定すること。
そのうえで、事前に感染するリスクについて、被験対象者たちに十分な理解を得ておくこと。
それはそうである。
2つのグループに数人分のデータを加えたり外したりするだけで、結論が大逆転する可能性があるのだから、なおさら。
また、正体不明のコロナウィルスに対する人体実験なのだから、当然。
では、本物のワクチンを接種した被験対象者たちの何を観察することが重要になるのか?
[※-1]その体内に免疫抗体が本当にできるかどうか?
[※-2]その免疫抗体がこのウィルスに対して効果が見込めるまでになるのに、どのくらいの日数がかかるのか?
[※-3]その免疫抗体の効果がどのくらいの期間保持できるのか?
[※-4]接種直後から、2週間後、1ヵ月後、半年後、1年後、2年後ぐらいまでに、どんな副反応が起きるのか?
まあ、このくらいが「治験」の重要な役割のはず。
と同時に、それぞれのワクチン製造会社がどのくらい信頼できるのか?ということも、かなり大切なポイント。
Q4)「製薬業界の巨人」で時価総額2221億ドルというUSA大手製薬会社「ファイザー」が、ドイツのバイオ医薬品企業「ビオンテック」と共同開発した、「中共ウィルス」用ワクチンは信用できるのか?
実は、このメガフォーマ、かねてから薬品をベンチャー企業などから買い取ったり、製薬会社ごとM&Aしたり、その薬品をありとあらゆる違法な手段で販売して巨額な利益を得ていると黒い噂が流れる胡散臭い会社。
事実、抗テンカン薬「ガバペンチン(ニューロンチン)」の販路拡大のために、不完全なデータを基に12編のフェイク論文をゴーストライターに書かせ、有名医師に1件1000ドルでの名義貸しを依頼し、USAで約945億円の罰金刑、UKで約120億円の罰金刑を受けているとか。
また、未認可の効能を多くの医師に吹聴し、処方するようそそのかしたとして告発され、鎮痛剤など13種類の薬について計2400億円もの賠償金支払いに同意しているとか。
これに対し、USA司法省も、「医療制度を根幹から揺るがす許しがたい犯罪」と糾弾したとか。
さらに、同じような違法行為で、25億円の罰金判決を受けているとか。
実際、今回のワクチンだって、ほとんどドイツのベンチャー企業「ビオンテック」が開発したもの。
そ、そ、それなのに、5月4日、「中共ウィルス」ワクチン売上高が約260億ドル(約2.8兆円)になるというのだから、ハンパじゃない。
では、そのワクチンの効能は、本当にあるのか?
人類が初めて作った「mRNA」なのでは?
しかも、「治験を2年間続ける予定だったが、プラセボが割り当てられたグループが感染したら可哀想過ぎるうえ、人類を救うためにやむをえず省略せざるをえなかった」と言い訳し、効果を見届け期間がたった7~14日間と異常に短く、免疫抗体もまだ十分にできていない段階で、「治験を終了した」とほざいているのでは?
ちなみに、治験を予定より速めに終了するやり口は、薬品会社にとって都合よく見せる常套手段なのでは?
そう、不利なデータが暴露される前にストップしないとヤバいことになるという焦り。

Stopping clinical trials earlier than planned must be a common practice for profit-first drug companies(治験を予定より早く止めるというのは、儲け第一の薬品会社の常套手段)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード