Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Japan's defeat to the “Chinese Communist virus” must be almost confirmed at the stage of trying to manage the infectious disease countermeasures against the unprecedented coronavirus that infects the intense air with economic activities(この強烈に空気感染する前代未聞のコロナウィルスへの感染症対策を、経済活動とともになんとなくやり過ごそうとした段階で、我が国の「中共ウィルス」への敗北は確定したも同然)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、100年後、その世界の歴史に、大きな犠牲を強いたおバカ日本の真っ黒けっけの「2020東京オリンピック・パラリンピック」となっていようが、なっていまいが、正直、どうでもいい。
すべては、何もかもに煮え切らない、優柔不断で中途半端な我が平和ボケのお人好し日本の身から出たサビ。
ともあれ、今回、お抱えの御用ニセ感染症学者どもにまで非難されながら、少しでも私腹を肥やしたいと強引に開催するおバカ政府の愚の骨頂を明確に指摘してくれているのが、な、な、なんと我が国の唯一の同盟国なのに「チャイナゲート」だらけのUSAのマスメディア。
◇ワシントン・ポスト
「日本政府に対し、東京五輪を中止するように提案する」
「地方行脚で食料を食い尽くす王族」の「ぼったくり男爵」であるIOCトーマス・バッハ会長が、『中共ウィルス』禍で開催を強要しているだけだ。コヤにツは、開催国を食い物にする悪癖がある。コヤツが、大会開催を前進させている主要因は、金のためだ。IOCは収益を得るための施設建設やイベント開催を義務づけ収益のほとんどを自分たちのものにし、費用は全て開催国に押しつけている日本政府は五輪中止で損切りをすべきだ
◇ニューヨーク・タイムズ
『中共ウィルス』禍の五輪開催は、最悪のタイミングで一大感染イベントになる可能性がある」
◇サンフランシスコ・クロニクル
「世界で『中共ウィルス』の影響が長期化するなか、東京五輪は開催されるべきではない」
日本がすでに当初費用を大きく上回る250億ドル(約2兆7千億円)をつぎ込んだのに、膨大な『中共ウィルス』対策費用が今後かさむむうえ、国外からの観客を受け入れず、観光収入も見込めない。パンデミックの中で国際的な大イベントを開催するのは非合理。日本は少なくとも規模の縮小か延期に向けてIOCと交渉できる立場にある
どうだろう?
どこか覚醒剤のキャンペーンに似てきていると思わないか?
そう、「五輪開催 やめますか? それとも、人間 やめますか?
どちらにしても、リアリティなく、イイ人になりたがり屋の多い我が日本人、最終的には、「できちゃった婚」同様に、一生懸命努力してきたアスリートが可哀想だから仕方がないと応じてしまうのだろうが、それこそが、金のためにしか動かない「オリンピック・ムラ」のヤツらの狙いだということぐらいは、認識すべきなのでは?
ところで、今、ワクチン幻想に浮かれている我が日本人が注視すべきは、そんな白け切った「2020東京オリンピック・パラリンピック大会」のことよりも、世界で最もワクチン接種率が高くなっている国々で、「中共ウィルス」感染者が再び急増していること、そして、死者も大幅に増加している事実だと思うが…。
少なくとも1回は接種を受けた人の割合が最も高いのが、セーシェル72%、モルジブ57%、チリ56%、バーレーン55%、ウルグアイ51%など…。
それなのに、6月3日現在、ウルグアイでは、ここ数週間、人口10万人当たり死者数が最多、モルジブ、バーレーンは、5月に報告された10万人当たり死者数が、USA、インドを大幅に上回り、チリ、セーシェルは、世界で最も早いペースで感染者が増加。
もっとも、これらのワクチンは、なぜかWHOが支持しているものの有効性78.1%(実質50%前後?)と公表されている中国「シノファーム」製ワクチンだとか。
そのせいか、バーレーン、UAEなどでは、すでにそれを2回の接種を完了した人に十分に抗体ができていないと「ブースター」接種を、「ファイザー」製ワクチンで実行し始めているとか。
ちなみに、UAEでは、住民の半分以上が接種を終えているが、感染拡大が収まらず、連日の新規感染者が2000人超だとか。
にもかかわらず、UAEのワクチンツアーが世界中から人気だというから、世界はおバカがいっぱいということか。
残念ながら、それは我が国の内にいるおバカどもも同じ。
ワクチンツアーでUSAにまでわざわざに行って、我が国で未承認の「ジョンソン&ジョンソン」製ワクチンを打ってもらって歓んでいるおバカががいるというから、何をかいわんや。
東仙坊、せいぜい得体の知れない副反応や副作用に苦しむがいいと一言。
それにしても、本来、聡明であったはずの日本人のこのワクチンへの過大評価ぶりは、ほとんど異常。
「ワクチンの免疫効果は、接種完了後少なくとも6ヵ月は持続するとみられている(?)」と千葉大学医学部が、なぜか突然、ご丁寧にも抗体生成能力は、99.9%とブチ上げてくれているが、肝心なのはどのくらい本当に持続するのか?ということなのでは?
その点で、「ファイザー」&「ビオンテック」製でも、「モデルナ製」でも、接種開始からまだそれほど時間が経っていないのでは?
つまり、効果の持続期間は、全く明確になっていないのでは?
何を根拠に6ヵ月は持続すると言えるのか?
しかも、これだって、感染防止効果があるとは、一言も言っていないのでは?
実際、6月4日、兵庫県加西市で、ワクチン接種を2回受けた女性2人の感染が確認されたというのでは?
2人は、加西市立加西病院で調理補助をしていた30代と40代の医療従事者で、ワクチンは「ファイザー」製とか。
30代女性は、5月11日と6月1日に接種を受けたが、6月2日夜に発熱を訴え、PCR検査で感染が確認され、症状は軽いとも。
40代女性も、3月24日と4月14日に接種を受けていたが、その30代女性と昼食をとっていたため、PCR検査を受けた結果、無症状感染が判明したとも。
どうだろう?
感染防止にならないことだけは、間違いないのでは?

I don't think that even Japanese people who are peacefully blurred shouldn't overconfide in the first mRNA vaccine in human history like non-Japanese people who are not very intelligent(いくら平和ボケした日本人でも、知的レベルのあまり高くない日本人以外の人たちのように、人類史上初めてのmRNAワクチンを過信すべきではないと思うが)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード